印刷ページ

カスタムフォームの追加

スタンダードフィールド以外に、ユーザーから予約時により多くの情報を入力してもらいたい場合や、会員登録プロセスにおいて多様な入力事項の記入を要求したい場合はフォーム機能が非常に便利です。
予約時、会員登録時のプロセスに追加する事も、又独立型のお問い合わせフォームやアンケートフォームとしても使用可能です。

フォームの作成

新規フォームウィザードを使用して簡単にフォームを作成可能です。 フォームに追加するフィールドは多様な項目の設定が可能であり、レイアウトも自在に変更可能です。

新規フォームウィザードを使用

新規フォームを作成するにはダッシュボード右側のサイドメニューの新規フォームをクリック
します。 まず初めに“統合” フォームと“独立型”フォームをからタイプを選びますが、後で簡単に変更出来ますので、どちらのタイプが適しているのか分からない場合は“統合”フォームを選択して下さい。
もし既にフォームを作成している場合はコピーして同様のフォームを再度作成する手間が省けます。

フィールドの追加

次の画面ではフォームをデザインします。
フィールドのタイプを“テキストフィールドもしくは ラジオボタン等から選択します。
フィールド名は変更可能ですし、オプションとしてフィールドへ入力する内容の説明等も入力できます。
入力項目やオプション等はフィールドタイプによって異なります。
文章などを入れたくない場合は空白でも作成できます。

新規フォームを追加

フィールドを作成する際に 必須事項のチェックボックスが多く見られますが、こちらにチェックを入れるとユーザーはその項目に対して空白での投稿ができなくなるため、必須情報の収集時に使えます。
次にユニークチェックボックスです。
例としてユーザー名等、他と重複する事がない唯一の情報を入力してもらう時に使います。
サポート欄にはフォームの入力内容のサポートを表示し、ユーザーに対して入力内容の説明などを追記可能です。

フィールドには複数のオプションリストを含む場合もあります。
ラジオボタンドロップダウンメニューで設定したオプションを各行での使用例を挙げてみましょう。 例えば部屋のタイプを選んでもらう項目を作りたいとします。
和室6人部屋 [ルーム101]と入れます。
この場合ユーザーが入力する画面では和室6人部屋 [ルーム101]のみが表示されますが、ダウンロードしたフォームのデータには[]の内容である[ルーム101]が表示されます。

特別なケースとして、もし(空のカッコ)[]をオプションに追加した場合、データベースには何も保管されません。
必須オプションと組み合わせて、選択不可なオプションを作ることが出来ます。
具体的にはドロップダウンメニュー一つ選択して下さい。 (一つ選択して下さい。 [ ])の最初のオプションに選択不可を追加します。
その他の利用法としては、必須オプションをチェックボックスに追加して
独自の利用規約文をHTMLコメントボックスに追加し、ユーザーに利用規約への同意チェックを促す事も一活用方法の一つです。

各フィールドはノーマル (デフォルト)、非表示、もしくは閲覧のみに設定可能です。
もしフィールドを非表示にするとsuperusersと管理者のみに閲覧可能です。
ユーザーに表示する必要のない内部のコメントを追加する時などに有用です。
フィールドを閲覧のみにすれば誰でも閲覧可能ですが、superusersと管理者のみが変更可能になりますので、閲覧は可能ですが変更が出来ない会員番号等に有用です。

フィールドを追加をクリックしてフィールドを保存すると、フォームに表示され、別のフィールドを作成できます。
変更は変更を保存ボタンを押すまで適用されません。又フォーム自体の送信ボタンをクリックしてページを保存することもできます。

レイアウトのカスタマイズ

  フォーム作成時にフィールド上をクリックし、フィールドの編集から簡単にフォームを編集できます。
ドラッグ、ドロップによりフォームの順番も簡単に変更可能です。
もしフィールドを消去した場合は既に投稿されたフィールドの情報も含めて消去されます。変更は、ページの保存後にのみ確定されます。

フォームのレイアウトはカスタマイズすることができます。
デフォルトではテキストが入力箇所の上に表示されていますが、
2カラムにして左右での表示や幅のサイズの変更、左右の幅の割合も変更する事ができます。

デフォルトでは自動オプションによりフォームの横幅がブラウザーに最適な様に表示されます。
通常最大サイズで表示されますがS, M, Lボタンはブラウザーに600, 750, 900 ピクセルでワイドを指定します。
もし2カラムレイアウトを使用している場合で20/80, 30/70 40/60等の比率や自動を選んだ場合は
ピクセル数ではなくブラウザーに基づいてサイズが決まります。
更にテキストの長さや高さを指示して設定することも可能です。

フォームエディター

画面のレイアウトセッティングページからフォームの色やテキストの色などが変更可能です。
HTMLフィールドは背景の色等の変更が可能です。HTMLフィールドに画像等を含みたい場合は画像をアップロードする必要があります。
(こちらも参照ください スケジュールの表示形式を変更)。

フォームを保存した後は青いボタンの使用ボタンでフォームを試す事が可能です。
もしフォームを変更したい場合は設定ボタンとデザインタブで変更可能です。

サポートテキストとHTMLコメントフィールドには、選択した言語に応じて異なる表示を適用する"オートテキスト"を含めることができます。
例: $if FR {Bonjour} $else {Hello}
テキストフィールド内にplaceholder="example" 又は pattern="[0-9]*"を含む場合は、それらがHTML属性としてテキストフィールドに追加されます。 有効な電話番号または生年月日の入力などにも活用可能でしょう。

フォームを予約時又は会員登録プロセスとして使用する場合

スケジュールと統合するフォームはユーザーの会員登録時、又は予約時のプロセスに追加可能です。 各予約の際にフォームを使って多くの情報を収集したい場合は予約プロセスにフォームを追加し、他にはユーザーの会員登録時に一度だけフォームを使用する場合です。
もし予約の際にログイン等を求めない場合は通常のスケジュールのフォームを使用します。 各スケジュールの設定>プロセスにてフォームを予約プロセスに追加可能です。 管理者には"スキップ"ボタンが表示されるため、フォーム入力を省略して予約作成が可能です。

予約フォームの添付

フォームへの記入を各ユーザーの会員登録時にのみ入力を要求する場合はアクセスコントロール

登録フォームとして追加

フォームを添付するオプションは、少なくとも1つカスタムフォームを作成した後でなければ表示されません。
フォームを添付すると、管理者とユーザーのどちらがフォームに入力するのか、またフォームの表示許可の選択が可能です。

予約又は会員登録が適切に完了した場合は、データベースに保存される為、添付のフォーム入力が完了する前にブラウザーを閉じると、その予約は保存されません。

新しく作成された予約またはアカウントの確認を送信する場合、メールテキスト内にマジックワード$formを含めることで確認メッセージにフォームを添付できます。(詳細はこちらメッセージのカスタマイズ)へ

こちらデイリーチップスにてユーザーが送信したフォーム情報へのアクセス方法の閲覧が可能です。

独立型フォームとして使用

独立型フォームはスケジュール統合型フォームと形式は全く同じのため、統合型フォームとしての使用ももちろん出来ます。
例としてウェブサイトのコンタクトフォームやアンケート、フィードバックフォームとしての使用が考えられます。

作成済みのフォームはその後用途に応じて統合型フォームから独立型フォーム、又はその逆へ設定 > 概要変換ボタンで変更できます 。

独立型のフォームは独自のURLが付与されるため、ユーザーにURLを通知しフォーム記入ページへ直接アクセスを促す事も可能です。
また、スケジュールに独自ドメインを適用した場合と同様に、フォームに対してもドメイン名を含む事が可能です。
更にプロセスタブよりフォームの送信プロセス、そしてメッセージタブよりプロセス上で表示されるメッセージもカスタマイズ可能です。 統合型のフォームの場合にはこの設定に効果はなく、フォームが統合されているスケジュールの設定画面にて設定を変更できます。

プロセスタブ

プロセスタブはユーザーがフォームへ記入するプロセスを表示します。
フローチャートは随時あなたの選択により変更します。
最初のセクションでは誰がフォームにアクセス出来、誰がフォームを利用できるのかを設定します。
例としてフォーム送信数が設定した制限数に達したらフォームを停止、又は特定の日が到来した後カスタムメッセージを表示する等が可能です。
設定はメッセージタブにて実施し、フォームの送信が完了した場合は“有難うございました”等、カスタムメッセージを表示したり、自動送信される確認メールの内容をカスタマイズ可能です。

作成したフォームにアクセスするURLをウェブサイトに設置、又はフォームをインラインフレーム内に統合)する事も可能です。
ユーザーがフォームの投稿が完了した場合は、「有難うございました」等のメッセージが表示されるページへリダイレクト指定も可能です。

非表示フィールドを使用する場合、フォームは管理者とユーザーでは異なった表示がされます。
その為、フォームの公開前には管理者は一旦ログアウトし、一般ユーザーと同様の設定にてフォームの表示形式を確認する必要があります。