印刷ページ

通知メッセージのカスタマイズ

アカウント登録時や予約プロセスで通知可能な電子メールおよびSMSメッセージはカスタマイズが可能です。リマインダーとフォローアップメッセージも同様にカスタマイズできます。
メッセージにはオートテキストを用いることが可能で、メッセージ生成時に動的な置き換えを行ったり、機能的な処理を行うことができます。

画面表示のメッセージカスタマイズは、通知メッセージのカスタマイズと仕様が僅かに異なります。画面上の表示メッセージのカスタマイズに関してはこちらを参照ください。

予約プロセスの通知メールやリマインダーメッセージ

スケジュールの設定 > プロセスでユーザーへの通知設定ができます。
メッセージのカスタマイズをしていない状態の予約確認の通知メールは、デフォルトとして次のようなメッセージとなっています。

ユーザーの名前

このメッセージはあなたの予約*が作成された確認メッセージです。

新規予約*の詳細:

  …予約の詳細…

こちらからスケジュールへアクセス可能です。:
https://www.supersaas.com/schedule/アカウント名/スケジュール名?day=…

この通知メッセージは自動生成及び自動送信のため、返信されても管理者は確認が出来ませんのでご注意下さい。
* "予約"の呼称はスケジュールの設定 > プロセスで任意の単語に変更することも可能です。

予約確認通知やリマインダーなどのメッセージ内容は設定 > レイアウトでカスタマイズできます。 アカウント作成時の確認通知メッセージのカスタマイズはレイアウト設定で行えます。
メッセージのカスタマイズには、次のオートテキストを用いることができます。

オートテキストを用いた通知メッセージカスタマイズ

オートテキストはメッセージ内のテキストを動的に置き換えたり、メッセージ生成時の制御指示が可能になります。 たとえば、対象となるユーザーの名前を挿入したり、言語を判定して日本語の時のみメッセージを追加するなどができます。
オートテキストは$から始まる既定語です。 例 $name
以下の表は、通知メッセージで使用可能なオートテキストの一覧です。

通知メッセージ用オートテキスト
オートテキスト概要
$name対象ユーザーの名前に置き換わります。
$dear敬称付きの対象ユーザーの名前に置き換わります。
$login対象ユーザーのログイン名に置き換わります。
$subjectこのオートテキストと同じ行をメッセージ内容ではなくメールの件名とします。この行にも一部のオートテキストを含むことが可能です。
$url対象予約のスケジュールURLに置き換わります。
$modurl対象予約の編集画面へのURLに置き換わります。(予約者本人宛てに送られることを前提としたログインせずに編集が可能な専用のURLとなります)
$action通知のトリガーとなるアクションに置き換わります。
例: "$actionされました" → "削除されました"
$details予約の詳細に置き換わります。
$replaceデフォルトメッセージを出力しません。通知内容はカスタマイズしたメッセージのみとなります。
$nourlデフォルトメッセージ内容からURL箇所を削除します。
$id対象のID(管理番号)に置き換わります。
$slot_id対象のスロットのID)に置き換わります。
$form_id対象のフォームIDに置き換わります。
$start
$finish
$created
対象予約の開始日時、終了日時、作成日時に置き換わります。
$start_time
$finish_time
対象予約の開始時間、終了時間に置き換わります。
$previous_start対象予約の更新前の開始時間に置き換わります。
$lengthH:MM、もしくはDD:HH:MM形式で、対象予約の長さに置き換わります。
$ical対象予約情報のical形式ファイルを添付します。
$form対象フォーム内容のHTML形式ファイルを添付します。
$price対象の価格に置き換わります。(リピート予約時は、最初の予約の価格になります)
$resources対象サービスに含まれるリソースの名前に置き換わります。
$field_1
$field_2
スケジュールで定義されたカスタムフィールドの値に置き換わります。
$field_1a
$field_2a
ユーザー設定で定義されたカスタムフィールドの値に置き換わります。
$if "条件" {メッセージ}後述の指定条件を満たしている場合(true)のみ、メッセージが出力されます。
$else {メッセージ}$ifに続けて用いることで、指定条件が満たされなかった場合(false)のみメッセージを出力します。
$title
$location
$quantity
$description
それぞれ対象のタイトル、場所、予約量に置き換わります。
$descriptionはスケジュールタイプにより説明やサービス名、リソース名などに置き換わります。

基本的に通知メッセージのカスタマイズ内容は、デフォルトメッセージに追加されます。ただし、$replaceをメッセージ内に用いている場合は、デフォルトメッセージを上書きで置き換えます。
ログインしていない時の$login、フォームが関係しない場合の$form、リソーススケジュールなのに$slot_idなど、オートテキストの対象となる情報がない場合はそのオートテキストは無視されて出力されません。

スケジュールのレイアウトにある"予約の確認用メールに表示されるメッセージです"の対象は、予約時の確認だけでなく、新規・更新・削除など予約に関するすべての確認メールです。
特定の条件を前提とした確認文章としてカスタマイズする場合は、条件$ifを用いてください。

$if$elseにより出力されるメッセージ内でも、$if$elseを除いたオートテキストを用いることが可能です。
たとえば、新規予約の場合にはメッセージの件名を「(予約日時)の予約を受け付けました」としたい場合は以下のように指定することができます。

$if "created" {$subject $startの予約を受け付けました}

$ifに用いることのできる条件には、created(作成済み)、 changed(変更)、 deleted(削除済み)、 approved(承認済み)、refunded(返金済み)、 placed_on_the_waiting_list(キャンセル待ちリストに追加)、 changed_on_the_waiting_list(キャンセル待ちリスト上で変更)、 removed_from_the_waiting_list(キャンセル待ちリスト上で削除)、 placed (キャンセル待ちから正規リストへ移動)が指定できます。

更に言語判定用にENESなどの言語コード条件とすることも可能です。
例えば、通常は「ありがとうございます」と出力し、英語出力の場合は「Thank you」と出力したい場合などは次のように指定できます。

$if "EN" {Thank you} $else {ありがとうございます}
$modurlを用いると、次の例のように予約の修正を行うためのURLをメールに記載することが可能です。
(ログインを必要としない編集画面への直接リンクとなるため、本人宛であることが前提です)
予約の変更は下のURL から行えます:
$modurl

オートテキスト関してSuperSaaS公式ブログのblog about customizing emails(英語)もご参考ください。

メールはプレーンテキストで送信されるため、メール通知にHTMLコードを追加することはできません。

送信元アドレスの設定

デフォルトでは通知メッセージのfrom:フィールド(送信元情報)はnoreply@supersaas.comとなっています。from:フィールドを変更して管理者のメールアドレスとすることも可能です。変更はレイアウト設定の"どのe-mailアドレスを外部向けに使用しますか"で設定できます。

送信元にnoreply@supersaas.comを用いず、from:フィールドを管理者のメールアドレスにすることが可能です。
ただし、あくまで通知を送信するのはSuperSaaSのメールサーバーであり、管理者のメールアドレスのメールサーバーではありません。差出人メールアドレスと送信サーバーアドレスが異なるため、Resent-From: SuperSaaSとなり、クライアントによっては差出人本人からのメールではないとしてスパムとして扱われる可能性があります。

noreply@supersaas.comと管理者のメールアドレスの両方を送信元と設定した場合、from:フィールドがnoreply@supersaas.comとなり、Reply-to:フィールドが管理者のメールアドレスとなります。これにより、送信元こそSuperSaaSとなりますが、返信先情報を管理者のメールアドレスとすることができます。送信元もメールサーバーも同じSuperSaaSのアドレスとなりますのでスパム判定の回避となることが期待できます。

余談となりますが、カスタムドメイン設定でアカウントにリンクしていない限り、メールメッセージ内のリンクドメインはsupersaas.comのまま記載されます。

スパムフィルターの対策としてSPF recordを設定する方法もあります。もしドメインのSPFレコードを変更できる場合は、SuperSaaSドメインをSPFレコードに追加して認証を加えることで、from:フィールドをそのメールサーバーのメールアドレスとしてもスパムフィルターを回避できるかもしれません。 include:spf.supersaas.com
もしfrom:フィールドに任意のアドレスを設定したい場合などは、独自のメールサーバーの利用を検討ください。十分な知識と技術を必要としますが、独自のメールサーバーを用いることで自由度や利便性の拡充が可能になります。
外部メールサーバーを用いる設定のサポートはSuperSaaSのサービス外です。設定は自己責任で願います。

SMSメッセージのカスタマイズ

SMS GatewayでSMSリマインダーメッセージの設定が可能です。他の通知メッセージのカスタマイズと同様にオートテキストを用いたカスタマイズができます。
これはSMSリマインダーメッセージのカスタマイズで、新規や更新のSMSメッセージ通知のカスタマイズではありません。

デフォルトのリマインダーメッセージは次のようになっています。
Reminder: <appointment title> on <date and time>
たとえば、下のように"appointment title"は予定のタイトル情報、"date and time"は予定の日時情報に置き換わります。
Reminder: 予約タイトル on 10/10/2019 18:00

SMSゲートウェイの活用詳細は、確認通知とリマインダーを参照ください。