印刷ページ

スケジュールデザインのカスタマイズ

スケジュールの視覚的な外観と全体的なユーザーインターフェイスは個別に構成できます。
別のカラーテーマを選択してスケジュールのカラーパレットを変更したり、さまざまなカレンダー要素ごとに独自の色を選択したりできます。
アカウントレベルにおいても、ユーザーインターフェイスと似たような設定が可能ですが、自社ログの追加などヘッダーとフッターのデザインは、アカウントレベルでのみ設定が可能です。

スケジュールデザイン設定

  1. カレンダーカラーの変更
  2. スケジュールエントリーカラーの変更
  3. リソースインジケーターカラーの調整
  4. リソースまたはサービスの所有権を表示
  5. 空きのセルカラーの設定

外観デザイン設定

  1. ベースフォントサイズの設定
  2. 管理画面のシステムカラースキームの変更
  3. ヘッダーとフッターを自社設定へ
  4. ファビコンの設定

スケジュールデザイン設定

設定 > レイアウト > レイアウトカラーからカレンダーのデザイン変更が可能です。利用可能なオプションは使用しているカレンダーのタイプにより多少異なります。

レイアウトカラー

カレンダーカラー

カレンダーの色は、いくつかある色テーマの中から1つ選ぶことで変更できます。
カラーテーマは、視覚的及び読みやすさに重点を置き最適化されています。
他の方法としては、カレンダーの一つ、もしくは複数の要素それぞれの色を手動で変更することもできます。
要素の詳細の右側にある色見本をクリックすると、色選択画面がポップアップで表示され、
色を選択したり、6ケタの16進数RGB色コードを入力することができます。
右側にあるカレンダースナップショットに、すぐに変更が反映されます。
しかし、適切に保存されるまで実際のスケジュールにはこの変更は反映されません。

スケジュールエントリーカラー

リソーススケジュールでは予約のカラーがどのリソースに属しているかを表示します。
また‘オーナーシップインジケーター’は自身の予約を色により確認できます。
もし予約を固定の長さと固定のサイズにした場合予約可能な場所が‘透明なセル’で表示され予約表示をより見やすくします。
スケジュールエントリカラー、定員制スケジュールのスロットまたはリソーススケジュールの予約は、カレンダーのカラーテーマとは別に設定されます。 スケジュールに複数のリソースまたはサービスがある場合、各リソースまたはサービスの予約には、対応する独自の色を設定可能です。
スロットのカラーとは別に、パターンオーバーレイを使用して、どのスロットが定員に達しているかを示すこともできます。

リソースインジケーター

スケジュールに複数のリソースがある場合、スケジュールの上にcolor keyを表示することを選択できます。
このいわゆるリソースセレクターは、スケジュールをフィルターにかける際に用いられ、特定のリソースだけの予約を表示します。
このcolor keyの代わりに、ドロップダウンメニューを選んだり、セレクターの非表示も可能です。
これに加え、color keyをカレンダーの上部に表示することもできます。

Drop down resource selector
Resource color codes

オーナーシップカラー

リソースとサービスのスケジュールでは、現在ログインしているすべてのユーザーの予約が明確なパターンでオーバーレイされます。
これにより、利用者は、他の予約の中から素早く自分の予約を見つけることができます。
定員制スケジュールでは、ティックマークなどのオーナーシップインジケータが代わりに使用され、使用するパターンまたはインジケーターを構成できます。

空のセルの色

開始時間が固定され、長さが事前に決定されているリソーススケジュールでは、空のスロットが明示的に表示されます。
このような空のスロットの色を選ぶことも可能ですし、空のスロットを非表示にすることもできます。

システムデザイン設定

レイアウト設定上で、ユーザーインターフェイス全体のデザインを変更することができます。
これには、フォントサイズ、インターフェイスに関わる様々な要素、そしてヘッダーとフッターのデザイン(と動き)などが含まれます。
これらの設定はアカウント全体のもので、アカウント内にあるすべてのスケジュールに影響します。
もしこのようにはしたくない場合は、代わりに、複数のアカウントを作成することも考慮する必要があります。

Layout Settings

ベースフォントサイズ

デフォルト設定は、視認性と読みやすさのために最適化されています。
ベースフォントサイズを自分で変更することもでき、その場合、フォントサイズを自由に変えられますが、ブラウザーによって必ずしも正確なピクセルサイズにはなりません。
システムは、乱雑に見えるのを避けるために、特定の要素は固定サイズに保たれます。

カラー

テキスト、リンク、見出し、表、その他のさまざまなUI要素に使用される色を変更できます。
スケジュールをiframe経由で独自のWebサイトに統合し、配色を揃えたい場合に役立ちます。
色付きの長方形の1つをクリックすると、カラーピッカーがポップアップし、色を選択したり、6桁の16進数のRGBカラーコードを入力したりできます。
ヘッダーのリセットリンクをクリックすると、いつでもデフォルトの色に戻すことができます。

ヘッダーとフッター

初期設定では、スケジュールはSuperSaaSシステムのヘッダーとフッターが表示されます。
これらを非表示にすることを選択したり、自社ロゴを代わりに使うこともできます。
このためには、自分のロゴを. jpg, .gif又は .png 形式で、最大サイズは70 KBでアップロードします。
上から12ピクセル、画面幅の15%の左端に配置され、透明で保存されます。
ロゴをクリックしたときに、他のウェブサイトに遷移するようにウェブアドレスを登録することもできます。
スケジュールからログアウトした際にも、このアドレス先に移動します。
他の方法としては、ロゴ、フッターや階層リンクバーなどを一緒に非表示にすることもできます。
特にフレーム内での統合ウェブサイトにフレームとして統合時に有用なため、マニュアルページを参照して下さい。

Logo new style
Logo with footer
Custom logo

ファビコン

ファビコンはサイトのアイコンです。
一般的なブラウザとそのブックマークメニューや履歴メニューに表示されます。
ファビコンは独自のものを提供することができます。

SuperSaaS favicon

SuperSaaSファビコンの代わりに、独自のファビコンを表示するには、レイアウト設定に移動し、レイアウトセクションの詳細設定リンクをクリックします。
このページの下部には、ファビコンのURLを指定することができます。

正式にはファビコンは.gifまたは.jpg形式ではなく、特定の.ico形式にする必要がありますが、多くのブラウザでは、正しいファイルタイプがなくても機能します。
.icoファイルを作成するには、アイコンエディターにて、.gifを.ico形式に変換又は無料のインターネットサービスの1つを使用します。
ファビコンの詳細に関してはウィキペディアの記事を参照ください。