印刷ページ

スケジュールへのアクセス設定

システムではスケジュールに誰がアクセス出来るのか?誰が予約を出来るのか?等柔軟にカスタマイズが可能です。

3つのタイプのユーザー

スケジュールにアクセスした時にシステムは3つのタイプのユーザーを区別します。
管理者、ユーザー、そしてsuperusers{サブ管理者}です。
全てのアカウントは1人の管理者のみ存在します。
管理者はスケジュールの変更他全ての権限をもっています。

ユーザーとは予約スケジュールを利用するクライアント、生徒などを指します。
予約前に会員登録、ログインを必須又は不要等の設定も可能です。
一つのアカウント内で複数のスケジュールを作成した場合、ユーザーは一度会員登録すればアカウント内の全てのスケジュールにアクセス出来ます。

管理者は全ての設定をコントロール出来る権限を持ちます。
例としてサブ管理者を複数追加し、一定の権限を与えてスケジュールの変更等を行える様にする事も出来ます。

誰が会員になれるのか?

スケジュール上で誰が会員登録が可能なのかはアクセスコントロールページで設定可能です。
この設定は、あなたがユーザーにログインを求めたときのみ適用され、ログインを求めなかった場合は適用されません。
このページでは、会員登録プロセス、つまりは「新規会員登録時にユーザーがどんなステップで登録作業を進めるのか」も説明します。
また、ユーザー情報はアカウントに関連付けされ、一度アカウント登録したら、アカウント内で全てのスケジュールにアクセスできます。
もしスケジュール毎に異なる会員登録プロセスを使用したい時は別々のSuperSaaSアカウントを作成する必要があります。
同一アカウント内に作成した各スケジュールに対するアクセス権限は、新機能であるユーザーグループ分け機能によって設定が可能となっています。

スケジュール利用者の権限設定

スケジュール上で会員登録が必須かどうかはスケジュールの設定ページのアクセスタブより設定可能です。
ここでユーザーが予約の追加、変更、消去等の動作を行える定義を設定します。
管理者としていつでも全ての情報にアクセス可能です。

ユーザーグループの設定

デフォルトでは、アカウント内のすべてのユーザーは、そのアカウント上のすべてのスケジュールにアクセスできます。
特定のユーザーのみが異なるスケジュールを参照できるようにするなど、より複雑な要件がある場合は、ユーザーをグループに割り当ててアクセスできます。
各スケジュールにグループを割り当てることもできます。
その結果、そのグループのユーザーだけがそのスケジュールを表示または変更できるようになります。
さらに、ユーザグループは、ユーザがスケジュールにアクセスする前に承認を待たなければならないワークフローを可能にします。