印刷ページ

予約スケジュールの統合

SuperSaaSで作成したスケジュールは統合することが可能です。 例:

サービススケジュールはリソーススケジュールを利用可能

SuperSaaSの3つの異なるスケジュールタイプにおいて、サービスタイプのみが統合機能を利用可能であり、統合対象はリソーススケジュールに限られます。 (デメリットとしてこの機能には、繰り返しの予約やサービススケジュールで可変型の予約を作成できないというトレードオフがあります。)

1回の予約に複数のリソースが必要

多くの場合、サービスは1つ以上のリソースが利用可能であること要求します。 たとえば、マッサージでは、リソースとしてセラピストが必要、 また、会議室では会議室とプロジェクターを1台ずつなど。 異なるリソーススケジュールを横断して空き部分に予約が可能となります。 詳細はこちらtutorial

すべてのリソースを単一のリソーススケジュールへ、または別々のスケジュールに入れることもできます。

統合予約スケジュール 1回の予約に複数のリソースが必要

複数のリソースを単一のエンティティとして提

たとえば、面接担当者のリストから候補者に選択させるのではなく、利用可能な最初の候補者を割り当てたり、ランダムに割り当てたりすることができます。

複数リソースを持つスケジュールにサービススケジュールが接続されている場合は« Any of … »リソースが表示されます。 スケジュールを超えたリソースの統合は、orボタン サービススケジュールにおいて設定 > サービス複数リソースが利用可能な場合オプションがあります。:. ユーザーに選択を許可するか、ランダムにリソースを選択するか、またはスケジュールにリストされている順序で最初に利用可能なリソースを提供するかを選択できます。

一つのスケジュールへ統合 複数のリソースを単一のエンティティとして提示

単一のリソース、複数のエンティティとして表示

リソースの総数がオーバーブッキングされないようにしながら、異なる顧客に異なるスケジュールを提示したい場合もあるでしょう。例としては、複数の場所で作業し、各場所に合わせたスケジュールを提供したいコンサルタントが挙げられます。場所ごとに、価格、サービス、営業時間が異なる場合があります。

このケースでは、基準となるリソーススケジュールを作成してから、同じリソーススケジュールに接続する1つ以上のサービススケジュールを作成します。 あるスケジュールを意図したユーザーが別のスケジュールを使用しないようにするためには、こちらユーザーグループを参照

単一リソースを複数スケジュールに表示 単一リソースを複数スケジュールに表示

スケジュールを単一画面にまとめる

例として、平日とは異なるバッファータイムを週末に必要とする場合、または、金曜日にユーザーあたりの制限を変更して、より多くの人に同日の予約を促したい場合

この場合、2つまたはそれ以上のリソースタイプスケジュールを作成し、それらを"平日"と"週末"に分け、それぞれに異なる制約を適用します。その後、サービスタイプスケジュールを作成し、 "平日" 、 or "週末"に依存するサービスを定義します。スケジュールの相互作用の詳細については、次のセクションを参照してください。

スケジュールの統合 スケジュールを単一画面に表示

スケジュールの相互作用

リソースの利用可能状況に加えて多様な制約が設定可能:
  • 営業時間
  • 特別休業日
  • 予約受付開始期間
  • 期間ごとまたは合計で予定を制限する
  • Google Calendarとの同期

スケジュールAが9:00と10:00に利用可能で、スケジュールBが10:00と11:00に利用可能である場合、スケジュールA or スケジュールBの両方に依存するサービスは、10:00にのみ利用可能です。 サービスがスケジュールA or スケジュールBに依存している場合は、9:00、10:00、11:00に利用可能になります。

監視]画面の各スケジュールの[営業時間]タブの下部には、可用性情報の適用方法を決定するセクションと、管理者がスケジュールのすべての時間制限を無視できるようにするチェックボックスがあります。そこで制約を無効にしても、依存サービスでは無視されます。

スケジュールのその他すべての設定は、その特定のスケジュールで行われた予約にのみ適用されます。ユーザーが予約を行なったスケジュールの定義に基づいて、自動リマインダーメールが送信されます。 また、予約が行われたスケジュールの価格と決済設定のみが適用されます。