印刷ページ

マニュアルでの課金設定又は請求書発行

予約に際して支払いを求める場合、オンラインでの支払い処理を用いずに、システムを介しないマニュアルでの処理を行いたい場合もあると思われます。
予約システムでは単に代金を提示するにとどめ、窓口での現金受け取りなど任意の支払い方法の提示や、直接来店時にてクレジットカード決済を実施するなど多様な方法があります。

予約時のオンライン決済と異なり、当然ながらマニュアルでの決済についてシステムは実際の支払いの実施について自動的に認証することはできませんので、請求に関しては各種利用されている請求書発行プロバイダーにて支払い状況を確認する必要があります。 実際に代金の受領を確認した後は、システムが提供する各予約に対する"承認"ボタンを利用することにより、各予約の管理が効率的に行えます。

SuperSaaSは特定の支払処理に関知しません。
マニュアルでの支払いによる実際の金銭の受け渡しなどは、それぞれの運用上で行ってください。又SuperSaaSは外部の請求書発行システム利用に関する一切含め、マニュアルでの課金設定のいかなるサポートも提供致しませんので、必ず一定以上の技術及び知識を要する方が自己責任において活用下さい。
予約は承認待ちの状態で登録されます。
支払いなど予約受理可能な状態になった時点で、マニュアルでの予約承認を行い、予約を確定する必要があります。
予約の承認方法などは、予約とユーザー管理を参照ください。

SuperSaaSのシステム上にて支払いを追跡したくない場合は, プロセスタブページ内にて、 支払い又は承認は不要を選択します。 もし代わりに、請求書を使用したり、支払いをマニュアルで追跡したりする場合は、続行する前に支払いを完了を選択してください。 注意点として、この文脈の"支払いを完了" の意味として"請求書の送信"などを意味する場合があり、必ずしも支払いが行われることを意味するわけではありません。

請求書発行

請求書発行を使用できるようにするには、連携可能な請求書発行プロバイダーのアカウントを持っている必要があります。 現時点ではStripe及びMoneybirdが利用可能です。 SuperSaaSで請求を設定する前に、各サイトでアカウントを作成する必要があります。

請求書発行のプロセス

請求書を設定し、ユーザーが予約を作成すると、チェックアウト画面に"請求書を作成"ボタンが表示されます。ユーザーがこのボタンをクリックすると、請求書は送信するまで保存されます。 請求書プロバイダーは、請求書が支払われたかどうかを追跡できます。SuperSaaS内では、請求書が送信されているかどうかのみを確認できます。

支払い設定画面にて、予約後 (又は予約前) に請求書を送信する時間を指定します。 予約を再スケジュールすると、請求書も再スケジュールされます (まだ送信されていない場合)。 請求書が送信される前に予約を削除すると、請求書は送信されなくなります。 支払い設定画面には、送信を待機しているすべての請求書リストへのリンクが含まれていますので、手動で請求書を削除するか、すぐに送信することができます。 請求書の送信が待機中の予約はスケジュール上でIマークで表示されます。

たとえば、−200の負の日数を入力すると、請求書の送信日は過去になり、請求書がすぐに送信されます。逆に、非常に高い正の数を入力すると、請求書は遠い将来の日付で送信されます。これを活用すると、請求書の送信を手動プロセスにすることが可能となり、スケジュールされた請求書画面に移動して送信する必要があります。

請求書はバッチで生成されるため、請求書が表示されるまでに時間がかかる場合があることに注意してください。スケジュールまたは各スケジュールの管理画面で予約を確認すると、請求書が送信されたかどうかが、インジケーター+Iそして"送信済み請求書"というテキストで表示されます。

請求の設定

選択した支払いおよび、または承認オプションを選択
  1. プロセスタブ内、支払い又は承認を必要としますか?セクションにて、 続行する前に支払いを完了を選択、そして画面下、変更を保存をクリック。保存後、設定画面の概要タブへ移動します。
  2. プロセスタブを再度選択し、支払い又は承認を必要としますか?セクションの右側に支払い設定リンクへ
請求書発行の設定
  1. ‘一般設定’ページ内にて、Gateway mode: 自動請求書発行 …を選択
  2. ページの一番下までスクロールして"請求書の設定" という見出しを表示し、選択したプロバイダーに必要な情報を入力します。
  3. プロバイダーがMoneybirdの場合は、"Moneybirdへ接続"をクリックするだけです。Stripeの場合は、Stripeアカウント内の"API keys" セクションへ
    • 新規"Restricted key"を作成し、 "請求書"リソースタイプに"書き込み"権限を付与します。
    • 新規"Restricted key"をコピー
    • Now toggle theswitch on the left, and repeat those steps to get a "Restricted" test key. 次に、左側の "テストデータの表示" スイッチを切り替え、これらの手順を繰り返して"Restricted"テストキーを取得します。 テストキーは実際に請求書を送信せずに請求書をシミュレートするために使用されますが、ライブキーは実際に請求書を顧客に送信します。
    • 支払い設定ページでキーを追加し、変更を保存
Stripe API Keys

マニュアルでの支払い

支払いを受領したいが、オンライン予約のプロセスにおいて統合された決済オプションを使用したくない場合、SuperSaaSはマニュアルで支払いを処理するための2つのオプションを提供します。どのオプションを選択するかは、クレジットカードを受け入れるかどうかによって異なります。

クレジットカードを選択しない最初のオプションは最も簡単です。チェックアウト時に、クライアントに支払い手順が提示され、支払いを受け取ったら、システムにて手動で予約を承認します。このオプションは、小切手や銀行振込をリクエストする場合に特に便利です。これは、ヨーロッパの多くの国でクレジットカードによる支払いよりも一般的な2つの支払い方法です。

2番目のオプションでは、クライアントからクレジットカード情報を収集できます。セキュリティ上の理由から、クレジットカード情報を電子メールで送信することはできません。そのため、クレジットカード情報はあなたのSuperSaaSサイトのアカウントに保存されます。

クレジットカード会社は、カードの裏面にあるセキュリティ番号である、いわゆるCVCコードを保存することを許可していないことに注意してください。 このコードは、カードが即座に処理された場合にのみキャプチャできます。CVC番号は取得されないため、あなたのクレジットカードプロセッサがCVC番号のないカードを処理できる場合にのみ、カードを処理できます。

決済方法の提供

決済方法の選択
  1. プロセスタブ内、支払いまたは承認が必要ですか?セクションにて、 続行する前に支払いを完了を選択し、画面下変更を保存をクリック
  2. プロセスタブを再度選択し、支払い又は承認を必要としますか?セクションの右側の支払い設定リンクへ
マニュアル決済の設定
  1. ‘一般設定’にて、Gateway mode: マニュアル – 銀行振り込みを選択し、変更を保存。管理画面ダッシュボードへ戻ります。
  2. レイアウトタブを選択
  1. ページの下部近くに、チェックアウト画面に表示するメッセージフィールドがありますので、マニュアルでの支払い手順を入力可能です。
チェックアウト画面メッセージを変更する

安全なクレジットカード情報の収集

  1. プロセスタブ内、支払いまたは承認が必要ですか?セクションにて、 続行する前に支払いを完了を選択。 トランザクションごとにメールを受信する場合は、 予約の新規または変更を他の人に通知しますか?にて適切なオプションを選択し、1つ以上のメールアドレスを入力します。
  2. 画面下変更を保存をクリック
  3. プロセスタブを再度選択し、支払い又は承認を必要としますか?セクションの右側の支払い設定リンクへ
クレジットカードキャプチャー設定
  1. ‘一般設定’にてGateway mode: マニュアル – クレジットカードを選択
  2. 画面の下部に、新しいセクション、クレジットカードの設定が表示されます。 受け入れるクレジットカードを選択します。 すべてのカードのチェックを外すと、システムはクライアントにクレジットカードの種類を尋ねません。 カードタイプを指定する利点は、SuperSaaSが数字の長さ、開始桁、およびチェックサムの基本的なチェックを実行することにより、入力ミスを回避できます。
  3. 変更を保存しダッシュボード画面へ
  4. レイアウトタブへ移動
  5. ページの下部近くに、チェックアウト画面に表示するメッセージフィールドがありますので、チェックアウト時に表示される追加の支払い条件または指示、掲載したい注意文や連絡を設定することも可能です。
価格を0と設定することで、価格情報は表示されません。
承認のみを目的としてクレジットカード情報を収集する場合になどに活用できます。
カスタムドメインは、支払画面とセキュアサーバの組み合わせで表示されませんので注意してください。
ブラウザは、適切な証明書を持つサーバーとの安全な接続を設定します。
セキュアサーバーに接続すると、システムが自動的にカスタムドメインからセキュアサーバーのドメインに変更します。支払いセクションを離れると、システムはカスタムドメインの使用に戻ります。

クレジットカードプロセスのテスト

ログアウトして、クライアントへの表示とまったく同じようにスケジュールが表示されることを確認し、スケジュールのWebアドレスに移動します。予約時に、クレジットカードの詳細を尋ねられるはずです。 入力されたクレジットカード番号は、クレジットカードの種類で指定されたカードであるかどうか簡易的にチェックされます。
有効なクレジットカード番号を入力するか、または、テストなど仮のクレジットカード番号で挙動のテストを行いたい場合、テスト用の認証カード番号として「4111 1111 1111 1111」のカード番号が使用できます。
番号チェックをスルーして、挙動を確認することができます。
顧客には、Pのマークが付いた予約が表示されます。 カーソルをその上に置くと、 '支払い認証は保留中' になります。Pアイコンをクリックすると、これらの詳細に戻ることができます。

ログアウトして、管理者として再度ログインします。 作成した予約の横に、以前と同じPアイコンが表示されます。 クリックして支払い画面に移動すると、承認ボタンが利用可能になっていることがわかります。 予約や支払いを承認したくない場合は、'予約の削除'をクリックするだけです。 後で気が変わった場合は、 管理画面に移動し、概要タブで、チェックするスロットの横にあるスパイグラスアイコンをクリックします。 下にスクロールし、ゴミ箱を表示をクリックし、このスロットで削除されたすべての予約のリストを取得します。 予約の編集アイコンをクリックし、保留中として復元するか、承認します。