印刷ページ

ディスカウントとプロモーションの設定

ユーザーを特定した割引から、販促キャンペーンなどのクーポン的なものまで、割引やプロモーションが可能です。
ディスカウントプロモーションは、価格のルールを使用して、週末や季節割引のような広い範囲の時間ベースの割引などを設定できますし、さらに、ポイントシステムを利用して、割引価格でのスケジュール内ポイントや実通貨と併用できる通貨ポイントをパッケージとして提供できるなど、利用者の囲い込みなどが期待できます。

ユーザーに対しての割引

特定のユーザーに対して提供可能な割引は2種類の方法があります。
ポイントシステムを利用した直接的な値の操作による割引(ポイントの増額)と、オンライン決済システムを利用した継続的な割引(料金の減額)です。

ポイントを操作しての直接的な割引

ポイントシステムを利用していることが前提です。まだ設定していない場合はポイントシステムの利用設定をしてから以下の操作を願います。
  1. 管理画面の ユーザーマネジメント をクリックください。
  2. 対象となるユーザーの、編集アイコンをクリックください。
  3. ユーザーが所有するポイントの値を編集することで、(ポイントを増加させることよる)割引が行えます。
    ポイントの変更修正 例えば、対象ユーザーが現状で50ポイント所有しているとして、10ポイントの割引を行う場合、50+10の60ポイントに変更修正することになります。
    単純に数値を置き換えるため、実際の金銭の移動処理なく操作可能です。およそ手数料などの発生もないため返金などにも有用なシステムです。
  4. 編集したポイントの数値を十分に確認してユーザー更新をクリックして数値を確定ください。

オンライン決済システムを利用した継続的な割引

オンライン決済の設定を利用していることが前提です。まだ設定していない場合はオンライン決済の利用設定をしてから以下の操作を願います。
  1. 継続的な割引はSupervisorのフィールドに設定するため、Supervisorのフィールドを有効にします。
    管理画面の アクセスコントロール をクリックください。
  2. supervisorフィールドを利用したいですか?を 「該当なし」から非表示もしくは表示に設定を変更し、例えば会員割引など項目名を入力ください。
    表示とした場合、その内容が予約時にユーザーに表示されますが、ユーザーからの編集はできません。
    非表示の場合、適用はされますがユーザーには表示されません。 Supervisor field
  3. 内容を確認して問題なければ変更を保存をクリックください。
  4. 管理画面の ユーザーマネジメント をクリックください。
  5. 対象とするユーザーの 編集アイコンをクリックください。
  6. ユーザー情報に、先ほど設定したsupervisorフィールドの名称が項目として追加されていることが確認できます。 割引率の変更修正
  7. 割引率を-x%として入力して下さい。10%割引であれば-10%となります。
    この割引はオンライン決済のチェックアウト時に適用され、ユーザーがポイントを利用した予約の場合は適用されません。

割引クレジットの販売

ポイントシステムを利用していることが前提です。まだ設定していない場合はポイントシステムの利用設定をしてから以下の操作を願います。

ポイントシステムで利用できるアカウント内通貨を割引価格で販売することでディスカウントプロモーションが可能です。 たとえば、5000円分のポイントを4000円で販売するなど、割引価格での利用を提供することができます。
ポイントの販売はショップ機能で行えます。

ショップ機能でポイントを販売

  1. 管理画面の ショップ管理 をクリックください。
    ショップに何も商品が登録されていない場合、 ショップ管理 は表示されません。その場合は 支払い設定 にある、ポイント販売のリンクをクリックください。
  2. 新商品をクリックして、販売するポイント(商品)を設定します。
    たとえば、金額を 900 、ポイントを 1000 とした場合、アカウント内通貨となる1000ポイントを900円の価格で割引販売することができます。
    割引価格の商品
  3. 内容を確認して問題なければ商品作成をクリックして販売開始となります。

ユーザーグループに対しての割引

ユーザーグループ設定を利用していることが前提です。

特定のユーザーグループのメンバーに対して割引を提供する方法が2つあります。

一つ目は、価格のルールを用いた割引です。
価格のルールの条件にグループを指定して、そのメンバーの価格を下げる割引設定が可能です。

もう一つは、グループによるアクセスやプロセスを制限した、グループ専用のスケジュールを作成することです。 グループ専用として独自に価格設定を行うことが可能です。
特定のグループ以外からの予約をも受け付ける場合は、サービススケジュールを用いるなど、二重予約が発生しない工夫が必要です。

予約時間に対しての割引

価格のルール設定で、週末割引や季節割引など時間を基準とした幅広い動的な価格設定が可能です。

予約時間に対する割引設定の例

設定例

基本価格は1000円ですが、予約が土曜日の場合と予約開始時刻まで24時間未満の予約の場合は10%割引とした設定です。
予約開始時間が土曜日であり、かつ、開始まで24時間未満の直前予約であれば、両方の条件が適応されて20%の割引となります。

プロモーションクーポンによる割引

プロモーション手段として、クーポン券(割引券)を提供することが可能です。
予約時にクーポンコードの入力を促し、割引を行うことができます。

プロモーションクーポンの設定

  1. スケジュールの設定 > プロセスで、プロモーションクーポンの入力用に予約時のフィールドを追加する必要があります。
  2. どんな情報をユーザーが予約時に入力しますか?の追加のテキストフィールドの一つ目のカスタマイズをクリックください。
    カスタマイズ カスタムフィールドは二つありますが、クーポンの入力に用いることができるフィールドは一つ目のみです。
  3. カスタムフィールドをクーポンの入力用に設定します。
    • カスタムフィールド名には、クーポンコードのように、ユーザーにクーポン入力を促せるわかりやすい名前を設定ください。
    • 表示設定はクーポン入力が必須でなければ任意を選択することが妥当です。
    • このフィールドはクーポンコードを含んでいます。にチェックを入れてください。
    • 要素の種類は テキストフィールドが適当です。
    • 内容を確認して変更を保存ください
    Edit custom field
  4. スケジュールの設定 > 概要価格にあるプロモーションのセットアップをクリックください。
  5. 新しいプロモーションをクリックしてプロモーションクーポンを作成できます。
  1. コードにクーポンコードを入力します。全角文字や特殊記号、スペースを用いず半角英数字でのご利用を推奨します。また、大文字小文字は区別されません。
  2. クーポンには使用条件をオプションとして設定できます。
    説明は管理用でユーザーには表示されません。利用制限用の「マジックワード」は、この説明に入力して用います。
新しいプロモーション
クーポンに名称を条件とした制限を加える

プロモーションの説明フィールドにマジックワード $limit xxx を入力することで、特定のスケジュール、リソース、クラスまたはサービスに適用されるようにすることが可能です。
「xxx」は、スケジュールの種類に応じて、リソース名、サービス名、スロットのタイトルとなります。
リソーススケジュールに用いることができる予約時のプルダウンオプションで選択された[]の内容を指定することも可能です。

名称の指定時にはスペースをアンダースコアに置き換えてください。
たとえば「Intro course」の場合は、$limit Intro_courseとします(一致では大文字と小文字が区別されます)。
また、$limit は複数指定することも可能です。複数指定した場合は論理積(AND)として処理されます。

クーポンにスケジュール上の予約数を条件に加える

$limit に数値を指定することで、スケジュールに対しての予約数を条件にすることが可能です。
たとえば、$limit=2とすると、スケジュールに対して2つの予約が存在している場合のみ有効となります。
$limit>1 $limit<5 と範囲数式とすることで、そのスケジュール上の予約が2つ以上、かつ、5つ未満である場合に有効とする設定も可能です。
クーポンに対するオプション設定と異なり、$limit の判定は対象となるスケジュール内の予約数にのみ適用されますのでご注意ください。

  1. 有効期間/終了時刻は、クーポンの利用可能な期間を設定できます。
    この設定は日付だけでなく時刻指定も可能です。
    この設定はクーポンが使用できる期間の制限で、対象となる予約の開始時間の制限ではありません。
    クーポンの適用できる予約の開始時間に対する制限は使用条件予約の利用期間には限りがありますで設定できます。

    使用条件でクーポンの使用制限を設定できます。
    使用回数制限としては、無制限、1度、またはx回から選択できます。
    この「1度」と「x回に1回を指定」は同じ制限ではありません。「1度」は繰り返し予定のような複数の予約でも「1度」である限り全て有効となります。「x回で指定した1回」の場合は繰り返し予約であっても複数に定期用されず、最初の予定にのみ適用されます。

    各ユーザー1度のみ利用可は、ユーザー単位で1度のみ利用可能に制限できます。
    最初の予約のみご利用可能ですは 、ユーザー登録後の最初の予約時にのみ利用可能に制限できます。
    Superuserもしくは管理者のみ使用できますは、管理者権限がない場合は利用できない制限です。

    前述しましたが、予約の利用期間には限りがありますは、クーポンの対象となる予約の制限設定です。
    利用可能な対象予約の期間を日時で指定できます。
    また、利用可能な予約の曜日をチェックボックスで指定することも可能です。

    割引で割合か固定値で割引を指定できます。
    実質無料となる100%も、クーポンの使用事実のみの0%も指定可能です。

  2. プロモーションの作成 をクリックすることでクーポンが有効になり、新しいプロモーションとして追加表示されます。
    有効期限切れや、使用回数制限切れなど無効なプロモーションクーポンコードは灰色で表示されます。

複数のクーポンコードを一度に登録する

同一のクーポンコードでの回数制限ではなく、単発のクーポンコードを複数発行する場合などは、以下の方法で同一の内容のクーポンを複数のクーポンコードで発行することができます。

  1. プロモーション設定のコードにあるリストを入力をクリックください。
    入力欄が拡大され、複数行の入力が可能になりますので、クーポンコードを複数行で箇条書きで指定することができます。
  2. プロモーションの作成 をクリックすることで、コードで指定された複数のクーポンコードが一度に生成されます。
複数のクーポンコードを同時発行
登録されているプロモーションの数によりますが、新しいプロモーションボタンの横にある 一括消去… が利用できます。
この一括消去ointments機能は、全てのコードを消去 使用したコードの消去期限切れのコードを消去から選択した条件で一括したプロモーションの削除が可能です。

発行したクーポンのテスト

プロモーションで設定したクーポンが期待どおりに機能するかどうかを確認することをお勧めします。
テスト時にはSuperuserもしくは管理者のみ使用できますの制限以外は、ユーザーとしてログインした状態で動作を確認してください。

クーポンが固定金額である場合、クーポン金額が決済額を上回っていても余剰は無視され決済が完了します。余剰分が返金、あるいは残留することはありません。
また、この場合はクーポンのみで決済が完結しているため、本来の決済画面やチェックアウト画面へ遷移は発生しません。

繰り返し予約など、一度に複数の予約に対してクーポンを有効にしたくない場合は、使用条件を「1回」と指定するなど制限を設定ください。

プロモーションリストの使用欄に、そのクーポンが何回使用されたかが表示されます。
使用回数に制限のあるプロモーションの場合は、使用された回数/使用可能な回数の表示となります。
ユーザー情報に設定された割引がある場合、クーポンの割引が優先されて処理されます。

クーポンが適用された予約が削除されたり、管理者権限で予約からクーポン適用項目が削除されるなど、クーポンコードの使用がキャンセルされた場合は、そのクーポンは未使用状態に戻ります。使用済みのまま破棄されることはありません。
ただし、過去の予約で使用されたクーポンが自動削除された場合はその対象外となります。

自動削除された場合は問題ありませんが、人為的に過去の予約を削除する場合はクーポンが未使用に戻る点に注意が必要です。
プロモーションクーポン利用時は、ユーザーによる過去の予約削除が行えないように設定することが推奨されます。
スケジュールのプロセス設定にあるユーザーはどのぐらい前に予約の追加や予約の変更が可能ですか?XXX 以内に変更や消去は出来ませんで適切な設定を行い、設定を0としないように注意ください。