ドキュメンテーション

Joomla!サイトとSuperSaaSの統合

このページでは、SuperSaaSスケジュールをJoomlaベースのWebサイトに統合して、ユーザーがWebサイトとSuperSaaSスケジュールの両方にアクセスするために一度サインインするだけで済むようにする方法について説明します。もし、まだSuperSaaSのアカウントが無いようでしたら無料版を作成して下さい。

自身のサイトでログイン機能を提供していない場合は通常のスケジュールの統合を参照下さい。
Joomlaサイトにログインしている場合のみモジュールは動作します。

SuperSaaSスケジュールにJoomlaのログイン名を使う

SuperSaaS Joomlaモジュールは、ユーザーを自動的にJoomlaのユーザー名でSuperSaaSスケジュールにログインする事が可能な"今すぐ予約する"ボタンを表示します。
Joomlaのユーザー登録システムを使用しない場合は、代わりにスケジュールをサイトに統合する方法の、一般的な手順に従ってください。

モジュールによって作成されたボタンは、Joomlaユーザーデータベース情報をSuperSaaSへ、
そしてSuperSaaSデータベース内にユーザーを作成、または必要があればアップデートして案内します。
これはユーザーを予約システムに対してユーザーが二回ログインすることを避けるためにあります。

Joomlaの設定

  1. プラグインをインストール:Joomla管理画面内のExtensions>Extension Managerからインストールします。
    • Joomla 3.2+ はウェブからインストール又はSuperSaaSで検索オプションを選択
    • Joomla 3.1 はウェブからインストールオプションを選択し、次を入力https://static.supersaas.net/plugins/plg_supersaas_joomla_12.zip
    モジュールを変更したい場合、GitHubのリポジトリからダウンロードすることができます。
  2. プラグインを設定します。
    Extensions>Plugin Manager から状態を「有効」化することができます。
    プラグインを設定するに進みます。
    「パブリック」は、右側の「アクセス」設定で選択されていることを確認してください。
    • SuperSaaSアカウント名 *. あなたのアカウント名、emailアドレスではありません。
    • SuperSaaS API key *. SuperSaaSアカウントのAPIキーは、アカウント情報ページの下部にあります。
    • カスタムドメイン名カスタムドメイン名をスケジュールに対して作成した場合は入力する必要があります。
    • スケジュール名もしくはURL. スケジュール名もしくはURLを入力可能です。
      複数スケジュールを使用している場合は以下をご参照下さい。
    (* – 必須項目)
Joomla! SuperSaaS Booking Plugin

Joomla! Extensionをインストール

Joomla! 3.2+以降、Webからインストールオプションを使用すると、SuperSaaSプラグインを簡単に実装できます。
  • "Install from Web"
  • "SuperSaaS"を検索
  • SuperSaaS予約プラグインを開く
  • "Install"
  • ポイント2を参照

Joomlaとの統合用にSuperSaaSのアカウント設定を変更

あなたのJoomlaユーザーデータベースがリードしています。
つまり、Joomlaサイトのユーザー情報の変更はSuperSaaSに伝達しますが、その逆はありません。したがって、ユーザーが混乱しやすいため、SuperSaaSのユーザー情報をユーザーに変更させないことをお勧めします。
たとえば、ユーザーがSuperSaaSで自分のパスワードを変更することを許可された場合、ユーザーはおそらく自分のJoomlaパスワードがまだ同じであることに気付かないでしょう。このような矛盾を回避するために、SuperSaaSアカウントに次の変更を加えます。

  • アクセスコントロール ページにて、 (ログインと登録はサイトで管理)"を選択
  • アクセスコントロール ページにて、 ユーザー自身による情報の更新を防ぐ"にチェック
  • レイアウト設定 ページにて、Your URL欄をユーザーがログイン出来るあなたのサイトを入力

二番目に、Joomlaのデータベース・フィールドがあなたのSuperSaaSユーザーのデータベースのデータベースフィールドと一致することを確認する必要があります。
次の変更は"(アクセス・コントロール)"ページで行なってください。

  • ログイン時の名前としてEメールアドレスを使用の選択を外します。
  • 表示されるE-mail addressを、Optional (or Required)に切り替え
  • すべてのフィールドを"(尋ねない)" に変更
    "ここでログインを処理しないが選択されている場合、Passwordフィールドもオフにできます。)
SuperSaaS Access Control

SuperSaaS設定

"アクセスコントロール"ページで設定が可能です。

ボタンをページに追加

 ボタンを表示するすべてのページにショートコード[supersaas]を配置します。
ショートコードは、設定画面の値を上書きするために、ラベルと画像の後にオプションのパラメータをとることができます。
これは、次のように、異なるスケジュールに複数のボタンを追加する場合に役立ちます。

[supersaas after="schedule1" label="Book on Schedule 1"]
[supersaas after="schedule2" label="Book on Schedule 2" image="https://example.com/book_now.gif"]
Entering multiple Booking Buttons in a Joomla! article
Rendering of an article with multiple buttons

実際の動作をテスト

これで、サイトのボタンを試すことができます。
管理者権限のない通常のユーザーとしてテストする必要があります。
管理者は、メインのSuperSaaSログインページからログアウトし、通常のユーザーとして動作を試してみてください。 SuperSaaSでSuperuserを定義する場合は、ユーザーマネジメントページでの役割を変更する前に、ボタンを使用して少なくとも1回はログインしていることを確認してください。

トラブルシューティング

  • ボタンは、Joomlaサイトにログインしているユーザーにのみ表示されることに注意してください。
  • もしエラーメッセージ"Emailが有効ではありません。"が表示される場合は前項のセッティングマニュアルを読み、SuperSaaSアカウントで正しい設定を行ったことを確認してください。
  • ログイン名は予約語です、のエラーが表示された場合、ユーザー名はSuperSaaSの予約語です。 別のユーザー名でログインしてみてください。
  • もしボタンがユーザーをリダイレクトしても実際にログインできないようでしたら、あるいは"スケジュール名もしくはURL"欄内のURLを用いた場合は、そのURLドメインがカスタムドメインネーム欄に入力されているかご確認ください。