ドキュメンテーション

ビデオ会議サービスに接続する

SuperSaaSは、Google Meet、Zoom、Jitsi Meet、Microsoft Teamsなどのビデオ会議サービスに接続するためのいくつかの方法を提供します。 システムは、GoogleMeetとZoomで会議を自動的に作成できます。 または、これらの会議サービスまたはその他の会議サービスに会議リンクを手動で追加することもできます。

会議のリンクは、クラスに登録するか、予定を作成するまで、ユーザーには表示されません。会議のリンクは、確認メールとリマインダーメールに自動的に追加されます。

Google Meetでビデオミーティングを作成する

SuperSaaSは、SuperSaaSスケジュールをGoogleカレンダーに公開するときに、GoogleMeetの会議を自動的に追加できます。

Google Meetの有効化:

  1. まず、Google Calendar Publishingを有効化
  2. 機能を有効化したいスケジュールの設定 > プロセス
  3. “予約にオンライン会議のリンクを追加しますか?”オプションへ
  4. “Google Meet callsを作成”を選択、そして保存

有効にすると、システムは新しい予定のビデオ会議をGoogleカレンダーに自動的に追加し、その後、SuperSaaSの予定に会議のリンクを挿入します。

Zoomでビデオミーティングを作成

SuperSaaSは、ユーザーがあなたとの予定をスケジュールすると、Zoom会議リンクを自動的に生成し、そのリンクをあなたのスケジュールの予定に追加できます。

Zoomが提供する無料の基本プランは。最大40分の会議に限定されています。 私たちのシステムは、Zoomプランで許可されているよりも長い会議をスケジュールすることを妨げません。 より長い会議を希望する場合は。彼らのプロプランへのアップグレードを検討する必要があります。

スケジュールをZoomに接続するには:

  1. Zoomと連携ページへ
  2. 接続したい各スケジュールのZoomへ接続ボタンへ
  3. Zoomに初めて接続する場合は、接続の許可を求められます。

接続されたスケジュールで予約が行われると、システムは自動的にズームで会議を作成します。このプロセスは、完了するまでに最大1分かかる場合があります。

Zoomミーティングの詳細が利用可能になるとすぐに、Superuserと予約したユーザーの両方のSuperSaaSインターフェイスにミーティングリンクが表示されます。

"定員制タイプ" のグループスケジュールの場合、会議リンクは、作成時にクラスの場所フィールドに保存されます。ユーザーがクラスにサインアップすると、ユーザーに表示されます。

Zoom連携では、会議ごとに新しい会議IDが作成されることを前提としています。 すべての会議で同じ会議IDを使用するオプションを有効にすると (Zoom設定で"会議のスケジュール時に個人会議ID (PMI) を使用する"と呼ばれます) その後、SuperSaaSで予定を更新しても、それに応じてZoomカレンダーは更新されません。
Zoomでは、1日あたり最大100の会議を作成できることに注意してください。事前に多数の会議を設定する場合は、それを複数日にわたって分散させることをお勧めします。

接続の解除:

  1. Zoomとの接続 ページへ
  2. 解除したい各スケジュールにて接続解除 ボタン

Zoomをすべてのスケジュールから解除すると、SuperSaaSからZoomのクレデンシャルが自動的に削除されます。

手動でのミーティングリンクの追加

SuperSaaSがまだサポートしていない別のサービスを使用する場合、または会議の作成を手動で処理する場合は、会議のリンクを手動で追加できます。

手動でのミーティングリンクの追加方法:

  1. 機能を有効化したいスケジュールの設定 > プロセス
  2. “予約にオンライン会議のリンクを追加しますか?”オプションへ
  3. “…フィールドへのリンクを手動で追加”を選択し、保存

会議のリンクは、クラスまたは予定に登録されているユーザーにのみ表示されます。