印刷ページ

作成した予約スケジュールを自身のウェブサイトやブログなどに統合表示

各スケジュールには固有のURLがあるため、通常の予約スケジュールの公開方法としてはスケジュールへのURLリンクを既存サイトやブログなどに貼り付けて公開する方法が最も簡単で主流の方法です。
その他のスケジュール公開方法として自身のサイト内やブログ内にスケジュールを統合表示したいケースも多くあります。
frameを利用することにより簡単にスケジュールをサイト内に埋め込み可能です。
各外部サイトへの埋め込み方法は埋め込み先環境により異なりますので、このページで提供している以外の個別事例に関するサポートは一切提供しておりません。
以下のコードで、ウェブサイトのフレーム内に希望のスケジュールを表示させる事ができます。

スケジュールの選択:
<iframe src="https://www.supersaas.com/schedule/demo/Therapist" width="600" height="800"> </iframe>
log inする事によって、アカウント内のスケジュールがこのページで選択可能になります。
iframe based integration
インラインフレームにあなたのスケジュールをロード時に日付、ビューの事前表示URLパラメータを使用することができます。 単に適切なパラメータであなたのスケジュールへのリンクを拡張します。

フレーム内にぴったり合うように、もっとコンパクトなサイズのスケジュールを表示したい場合は、携帯バージョンを代わりにお使いください。
あなたのスケジュールのウェブアドレス内のドメインネームをm.supersaas.comに置き換えることで、ウェブサイトの携帯バージョンにアクセスできます。

<iframe width="300" src="https://www.supersaas.com/schedule/demo/Therapist">
</iframe>
iframe based integration, using mobile version of schedule

もしiframeを使っていて、予約後あなたのサイトに戻るようにスケジュールの環境設定をしている場合、iframeから「出る」ことができるように、経路を追加する必要があります。
あなたのウェブサイトのランディングページは、戻ってきた際にあなたのウェブサイトのフレーム内に表示されます。
この場合、ランディングページがフレーム内に収まるようにデザインしていない限り、崩れて見えます。
貴方のユーザーが戻る際到着するページの<body>タグ内部のジャバスクリプトの一部を追加することがインラインフレームを逸脱する1つの方法です。

<script>
  if (window != top) top.location.href = location.href
</script>