ドキュメンテーション
印刷ページ

カスタムドメインをスケジュールに使用する

このチュートリアルでは、スケジュールに適用されるカスタムWebアドレス(URL)を作成する方法を説明します。
カスタムWebアドレスを作成すると、ユーザーはwww.your-company-schedule.comようなリンクを使用してスケジュールにアクセスできます。
配信されるメールでもこのドメインが用いられるため、スケジュールの提供元が所有するドメインを用いることで発信者の信頼性向上が期待できます。

カスタムドメインDNSを設定するには、DNS に関する知識が必要になりますのでご注意ください。
DNSエントリを誤って変更すると、URLが示すサイトが不明となるだけではなく、電子メールまでもが不達となる可能性があります。
その際に発生した問題についてはサポートすることができません。
このチュートリアルで説明されている手順の多くは、SuperSaaSの管理範囲外です。
ここにある手順は情報としてのみの提供であり、発生する問題のトラブルシューティングは開発者としての技術力が必要です。

supersaas.comを指すカスタムドメインを作成する手順は比較的簡単です。
複雑な要因は、すべてのドメインレジストラが異なるソフトウェアを使用しているため、段階的な説明が難しいことです。
2番目の問題は、現在、情報を入力するページにはSSLの暗号化接続(https)が強く推奨されており、最新のブラウザでは接続が安全でないときに警告メッセージが表示されることです。
したがって、httpsでアクセスできるようにドメインを設定することをお勧めします。
カスタムドメインにSSL暗号化を追加することは、いわゆる「プロキシ」の使用を必要とするため、少し難しくなります。
このチュートリアルでは、カスタムドメインがSSL暗号化されるように、Cloudflareをプロキシとして追加する方法について説明します。

Step 1: 既存もしくは新しいドメインを移行する

DNSの移行は、それに伴うリスクが高いため、ISP(インターネットサービスプロバイダ)によっては、変更が許可されていません。
既存のドメインのDNSをCloudflareに移行することで、比較的簡単にyour-company-schedule.comのような(サブ)ドメインを用いることができます。

新しいドメインは購入することができます。
プロバイダがDNSの変更を許可しない場合や、DNSの変更に慣れていない場合は、新しいドメインを購入する手段をお勧めします。
SuperSaaSはドメインを販売していませんが、世界中の様々な販売元があり、年間契約料として数百円程度から販売されています。

Step 2: Cloudflareアカウントを作成する

Cloudflareアカウントは無料で作成できます。
有効なドメインを用意して、CloudflareのCloudflare setup process tutorialを一読ください。

Step 3: (sub)ドメインをSuperSaaSへ指定する

ドメインをCloudflareに登録すると、Cloudflareアカウント内の「My Dashboard」でスケジュールを示すサブドメインを作成することができます。
Cloudflareにレコードを追加する
DNSコントロールパネルの詳細なDNS設定で、DNSに「CNAME」レコードを追加します。
新しいCNAMEを追加する際には、エイリアスと宛先ドメインを入力する必要があります。
エイリアスはサイトのサブドメインになる部分ですので、「schedule」や「booking」など自由に設定可能です。
ドメイン yourcompany.com のエイリアスにscheduleとした場合、アクセスするドメインはschedule.yourcompany.com となります。
ドメインの宛先ドメインはwww.supersaas.comとしてください。 Point CNAME to supersaas.com

宛先は、スケジュールのURL/schedule/…ではありません。 www.supersaas.comです。
SuperSaaSがシステム的に、(次のステップで)ドメインをアカウントにリンクすることで、アカウントのURLを把握します。

DNS変更は即時的反映ではありません。徐々に拡散浸透するため、インターネット全体で有効になるまでに最大24時間かかることがあります。
そのため、新しいドメインをブラウザで確認するためには、設定の反映が広がるまで待つ必要があります。
設定に成功している場合、新しいドメインにアクセスするとSuperSaaSホームページが表示されます(今はまだSuperSaaSアカウントのページではありません)。
アカウントにカスタムドメインを既に入力している場合(次の手順を参照)、ドメインがアカウントにリンクされている必要があることを示す画面が表示されます。
前提として必要な設定のため、設定と動作を十分に確認の上、次の手順を続行してください。

Step 4: ドメインをアカウントにリンクする

ドメインにアカウントをリンクすることで、スケジュールURLのwww.supersaas.comの部分をカスタムドメインに置き換えたアクセスを可能にします。
ドメインとアカウントのリンクには、2つのメリットがあります。
SuperSaaSアカウントのページ/schedule/…にカスタムドメインでアクセスできることと、SuperSaaSを介してユーザーに配信されるすべてのメールでカスタムドメインが用いられることです。

ドメインをSuperSaaSアカウントにリンクする参考手順:

  1. 管理画面のレイアウト設定にある高度な設定をクリックします。
  2. 高度な設定画面のこちらに(sub)domainを入力して下さい に、作成した(サブ)ドメイン名を入力します。
  3. このドメインと(アカウント名)のアカウントへのリンクを確認 にチェックを入れて、変更を保存します。
    システムが設定が正しいかどうかバリデーションチェックを行います。
    (バリデーションチェックにより、誤設定や成りすましがないことが確認されます)

設定変更に問題ない場合、これでアカウント内のすべてのスケジュールが、設定されたカスタムドメインとなります。
それぞれのスケジュールでカスタムドメインを用いたURLが利用できることを確認ください。
管理画面のアクセスコントロールにある(ドメイン)へアクセスした時にどうなりますか?で設定している、単にカスタムドメインにアクセスした場合の初期表示も合わせて確認してください。

複数のサブドメインを同じアカウントに向けることも可能です。
myschedule.comと設定することで、そのすべてのサブドメインを含むxxx.myschedule.comと、オリジナルドメインのmyschedule.comが対象となります
schedule1.example.com schedule2.example.comなどサブドメインを指定する場合は、そのサブドメイン全体を指定ください。

トップレベルドメインは、訪問者のデフォルト言語です。
たとえば、 .de で終わるドメインはドイツ語圏のアクセスとして扱います。
.com .org などの言語圏を特定できないものはすべて、レイアウト設定のデフォルトな設定が適用されます。
言語を指定して表示するには、?lang=xx をURLに付与します。
xxはISO国コードです。frはフランス語、enは英語となります。

Step 5: Cloudflare上でSSLを介する設定を行う

これはSuperSaaSの設定ではありません。Cloudflareでの挙動設定です。
CloudflareでカスタムドメインへのSSLアクセスを可能にする設定を行います。
ダッシュボードの「Crypto」ページにある「Always use HTTPS」を選択することで、HTTPのアクセスを、HTTPSとして自動的にリダイレクトされ、SSL通信を実装できます。
もちろん、SuperSaaSのアクセスコントロール機能でも同様の設定がありますが、カスタムドメインを用いる場合は、理論的なプロセスとして必要でない限りチェックを外してください。
(SuperSaaSのSSLリダイレクト機能はSuperSaaSドメインのSSLであるため、カスタムドメインを設定した上にこの機能を利用することは、論理的にも整合性を失うため機能が崩壊する可能性があります)