ドキュメンテーション
印刷ページ

オンライン決済を設定

SuperSaaSのお支払いは世界最大の決済業者のひとつPayPal経由で処理されます。
クレジットカードの代わりにPayPalを使用する事の利点はあなたと顧客のクレジットカードの詳細をPayPal以外の誰かに見られる心配がないことが挙げられます。
PayPalは、あなたの受け取る支払いから少しの手数料を請求します。
詳細はPayPalのサイトにてご確認下さい。 無料PayPalアカウントを作成

ペイパルの支払いプロバイダとしてStripe.comを使用することも可能です。 北ヨーロッパで追加の支払いゲートウェイは、その地域に固有の支払い方法がご利用いただけます。
詳細はサポートされている支払いプロバイダのリストに記載されています。
支払い方法の選択
  1. プロセスタブページ内の支払または承認が必須?, 欄で 予約完了前に支払が必須 を選択して 変更を保存 をクリックします。クリック後は概要ページへ移動します。
  2. プロセスタブを再度クリックして支払設定から支払と承認が必須?
  3. 一般設定でゲートウェイを設定し 自動 – PayPal and press 変更を保存をクリックしてください。
オンライン決済の設定

その他の設定はPayPalアカウントの設定を参照ください。

顧客が予約を入れると2重予約を防ぐ為にすぐにあなたのスケジュールに予約が反映されます。
しかし、支払いが受け取られるまでは保留中としてマークされます。
支払いが確認された後にあなたとクライアントに確認のメールが送信されます。
お支払いが何らかの理由で失敗した場合、保留中のご予約は15分後予定表から削除されます。
(支払いがその後された場合その予約は復元されます。)

あなたはPayPalでの支払いに税金を追加することができます。
それはスケジュール上ではなく、チェックアウト時に追加されます。

オンライン課金を試す

オンライン課金をテストするには2つの方法があります"支払いの設定"ページ下部にある"PayPalの設定"の"テストモード"にチェックを入れると
ゲートウェイのための"テストモード"の設定ができます。
特別なテスト("サンドボックス")ゲートウェイに任意の支払いをお送りします。
しかしあなたは本当はこの設定を使う必要はありません。
なぜならあなたは稼動中のシステム上で予約を行いシステムを何度も試してみる事ができるからです。
しかし、PayPalは、払い戻しの手数料を請求するでしょう。
(使用される通貨によって0.30$ 0.35ユーロ)
あなたがその責任を回避したい、もしくはより広範なテストを実行したい場合
テストゲートウェイの説明を参照してください。
この方法はシステムを稼動する前にあなたの顧客からの目線で表示内容を見れるとても良いアイデアです。
ユーザの視点からの正確な動作を確認するためにログアウトする必要があることに注意してください。

If you want to do more extensive testing, while avoiding the refund charges, you can switch the gateway to test mode in combination with a PayPal developer account.

システムをテスト

オンライン課金をユーザーに公開する前に必ず自身がユーザーとしてスケジュールの課金システムを試してみましょう。
決済ページが表示されない場合等は次の問題が考えられます。:

  • あなたが0.10ドル以下に価格を設定している場合(自動支払のために許容される最小量)
  • 管理者またはサブ管理者としてログインしていて更に次の superusersが予約した場合は全て承認… の項目が選択されてしまっている。
    設定 > プロセス
  • ポイントシステムを有効にしていたりあなたのユーザがログインされている場合。
    特に管理者は無制限のポイントをもっています。

次の今すぐ支払うボタンを押せば、PayPalのウェブサイトに移動でき、支払い処理を行えます。
PayPalは、自分自身に送金ができないのでご注意ください。
そのため、支払いを行うには、ご自身のPayPalアカウントに関連付けれていない別のクレジットカードを使用するか、ご自身のスケジュールと関連のない別のPayPalアカウントを使用する必要があります。
支払いを完了後は、スケジュールに戻ります。
PayPalから支払い受領の通知を受け取り次第、予約の状態が更新され、確認メールが送信されます。

返金を行う為には、まずPayPalアカウントにログインして下さい。
:注意 PayPalの仕様は常時変更しますので最新仕様はご自身でPayPal内でご確認下さい。
最近の行動の下にある概要というタブ上で、
行ったばかりの支払分を探しシステムテストを自分で行う為に、Order status/Actions 欄にあるIssue refund ボタンをクリックしてください。
この操作により別のページが開かれ、実際の返金操作が可能となります
(実際の返金確認を行わなければならないページにて、課金される返金手数料の情報も確認できます。).

PayPalアカウントの概要

PayPalを通じて返金を行うと、そのスケジュールは数分後に削除されます。
予約の詳細は、スーパーバイザページから確認することができます。
ゴミ箱を表示オプションを選択すると削除済みの項目が表示されます。
課金アイコン – R –が返金が行われたか等状態を表示します。
SuperSaaSのスケジュールから予約をキャンセルしても自動で返金はされませんが、
PayPal上で返金した場合自動でSuperSaaSの予約もキャンセルされますのでご注意下さい。