ドキュメンテーション
アクセスコントロール
印刷ページ

スケジュールへのアクセス設定

システムではスケジュールに誰がアクセス出来るのか?誰が予約を出来るのか?等柔軟にカスタマイズが可能です。

3つのタイプのユーザー

スケジュールにアクセスした時にシステムは3つのタイプのユーザーを区別します。
管理者、ユーザー、そしてsuperusers{サブ管理者}です。
全てのアカウントは1人の管理者のみ存在します。
管理者はスケジュールの変更他全ての権限をもっています。

ユーザーとは通常あなたのスケジュールのみ利用する顧客又は学生、生徒等でしょう。
予約前に会員登録を必須にする事やログインを必須又は不要等の設定も可能です。
一つのアカウント内で複数のスケジュールを作成した場合はユーザーは一度会員登録すればアカウント内の全てのスケジュールにアクセス出来ます。

管理者として全ての設定をコントロール出来る権限を持ちます。
例としてサブ管理者を複数追加して彼らに一定の権限を与えてスケジュールの変更等を行える様にする事も出来ます。

誰がサインアップしてユーザーになれるのか?

スケジュール上で誰が会員登録が可能なのかはアクセスコントロールページで設定可能です。
この設定は、あなたがユーザーにログインを求めたときのみ適用され、ログインを求めなかった場合は適用されません。
このページでは、登録プロセス、つまりは「新規登録時にユーザーがどんなステップで登録作業を進めるのか」も説明します。
また、ユーザー情報はアカウントに関連付けされ、一度アカウント登録したら、アカウント内で全てのスケジュールにアクセスできます。
もし異なるスケジュールで異なる会員登録プロセスを使用したい時
又は各スケジュール毎に会員を分けたい場合は別々のSuperSaaSアカウントを作成する必要があります。

ユーザーはスケジュール上で何が出来るのか?

スケジュール上で会員登録が必須かどうかはスケジュールの設定ページのアクセスタブより設定可能です。
ここでユーザーが予約の追加、変更、消去等の動作を行える定義を設定します。
管理者としていつでも全ての情報にアクセス可能です。