ドキュメンテーション
アクセスコントロール
印刷ページ

ユーザーはスケジュール上で何が出来るのか?

利用者があなたのスケジュール上で何ができるかを決めるには、 設定 > アクセスページへ 誰があなたのスケジュールを参照でき、誰が予約の追加や更新などの変更ができるかをここで決めることができます。
また、どの利用者が他の人の予約を見ることができるかも特定することができます。
更に、通常利用者のアクセル権の環境設定のため、アクセスタブでは、スケジュールに特化した特別な利用者を決めることができ、他のことにもアクセスできるアクセス権を与えることができます。

スケジュールの閲覧と利用

この画面の初期設定は、「新しいスケジュール」の設定ウィザード内で選んだ選択肢によって決められます。
最も一般的なオプションでは、スケジュールは全ての人が閲覧できますが、予約を作成したり変更するにはログインする必要があります。
しかし、登録した利用者のみがあなたのスケジュールを閲覧し利用することができるようにしたい場合は、 スケジュールの閲覧にはログインが必須 にを選択する必要があります。

アクセス設定

"共用パスワード" 又は "IPフィルタリング"オプションはアクセスコントロールページ内で行えます。

他の人が全くサインインせず変更できるよう設定することもできます。
これにより予約手順を単純化できますが、予約履歴や利用者が自分の予約を変更できる機能など、重要な機能がいくつか無効になります。
更には、偽の予約であなたのスケジュールが一杯になってしまうような、スケジュール上での悪意ある行為を止めることができません。
しかし、このようなことが起きたときは、いつでも登録を有効にすることができます。

もし登録無しで誰でも変更が可能にする場合は e-mailアドレスをログイン名として使用する under のチェックを外します。

予約詳細情報を閲覧する

あなたのスケジュールをどのように使うかにもよりますが、利用者からある程度の予約情報を隠したほうが良い場合もあります。
商業用に利用する場合は特に、顧客のプライバシーを守るために必要です。
社内利用等で誰が予約したか把握したい場合等は情報をオープンにする事も出来ます。

予約詳細の表示

表示する情報の範囲等を柔軟にカスタマイズ可能です。(利用可能なオプションはスケジュールのタイプにより僅かに異なります。)
予約時にemailアドレスを入力項目に加えている場合は次の e-mailアドレスを見えにくくするの設定が行えます。

Superusersのアクセス権

ユーザーマネジメント上でsuperusersの権利を与えられたユーザーはアカウント内の全てのスケジュールにアクセス出来ます。
アクセスタブより特定のスケジュールにのみsuperusersの権限を与える事も可能です。

Superuserのアクセス設定

全ての予約の詳細を閲覧を見る為にsuperusersはアクセス権を得る事が出来ます。
例としてsuperusersにスケジュールの営業時間の変更をする権利を与える等。