ドキュメンテーション
印刷ページ

ディスカウントとプロモーションの設定

ユーザーを特定した割引から、販促キャンペーンなどのクーポン的なものまで、割引やプロモーションが可能です。
ディスカウントプロモーションは、価格のルールを使用して、週末や季節割引のような広い範囲の時間ベースの割引などを設定できますし、さらに、ポイントシステムを利用して、割引価格でのスケジュール内ポイントや実通貨と併用できる通貨ポイントをパッケージとして提供できるなど、利用者の囲い込みなどが期待できます。

ユーザーに対しての割引

特定のユーザーに対して提供可能な割引は2種類の方法があります。
ポイントシステムを利用した特典付与による1回限りの割引と、オンライン決済システムを利用した継続的な割引です。

ポイントシステムを利用した1回限りの割引

  1. ポイントシステムを利用していることが前提です。まだ設定していない場合はポイントシステムの利用設定をしてから以下の操作を願います。
  2. アカウントの管理画面(ダッシュボード)右側、ユーザーマネジメントをクリックください。
  3. 対象となるユーザーの、Edit icon編集アイコンをクリック。
  4. 所有ポイントを編集することで、割引(ポイントを増加させるこによるボーナスの付与)を行います。
    ポイントの変更修正 例えば、対象ユーザーが現状で50ポイント所有しているとして、10ポイントの割引を行う場合、50+10の60ポイントに変更修正することになります。
    単純に数値を置き換えるため、実際の金銭の移動処理なく操作可能です。およそ手数料などの発生もないため返金などにも有用なシステムです。
  5. 編集したポイントの数値を十分に確認してユーザー更新をクリックして数値を確定ください。

オンライン決済システムを利用した継続的な割引

  1. 継続的な割引を実装するためには、オンライン決済の設定が必要です。設定が行われていない場合は、オンライン決済の利用設定を行ってから以下の操作を願います。
  2. 継続的な割引はSupervisorのフィールドに設定するため、Supervisorのフィールドを有効にします。
    アカウントの管理画面(ダッシュボード)右側、アクセスコントロールをクリックください。
  3. supervisorフィールドを利用したいですか?を 「該当なし」から非表示もしくは表示に設定を変更し、例えば会員割引など項目名を入力ください。 表示とした場合、その内容が予約時にユーザーに表示されますが、ユーザーからの編集はできません。 非表示の場合、適用はされますがユーザーには表示されません。 Supervisor field
  4. 内容を確認して問題なければ変更を保存をクリック。
  5. アカウントの管理画面(ダッシュボード)右側、ユーザーマネジメントへ移動ください。
  6. 対象とするユーザーのEdit icon 編集アイコンをクリック。
  7. ユーザー情報に、先ほど設定したsupervisorフィールドの名称が項目として追加されていることが確認できます。 割引率の変更修正
  8. 割引率を-x%として入力して下さい。10%割引であれば-10%となります。
    この割引はオンライン決済のチェックアウト時に適用され、ユーザーがポイントを利用した予約の場合は適用されません。

価格のルールによる割引を設定

価格を下げる「アクション」に対して「条件」を設定することが可能です。 設定の詳細は、価格の表示を参照ください。
たとえば、特別プロモーションとして、一定の期間の予約に対してディスカウント設定を行うなどが可能です。

価格のルール

プロモーションクーポン

プロモーション手段として、クーポン券(割引券)を提供するすることも可能です。
予約時にクーポンコードの入力を促し、特典として付与する仕組みです。

プロモーションクーポンの設定

  1. プロモーションクーポンを入力を促すために、予約時のフィールドを追加する必要があります。
    スケジュールの設定 > プロセスにあるどんな情報をユーザーが予約時に入力しますか?の追加のテキストフィールドのカスタマイズをクリックください。
    カスタマイズ
    • カスタムフィールド名には、クーポンコードのように、ユーザーにクーポン入力を促せるわかりやすい名前を設定ください。
    • 表示設定はクーポン入力が必須でなければを任意を選択することが妥当です。
    • このフィールドはクーポンコードを含んでいます。にチェックを入れてください。
    • 要素の種類は テキストフィールドが適当です。
    • 内容を確認して変更を保存ください
    Edit custom field
  2. 設定 > 概要に移動し、リソース概要の価格にあるプロモーションのセットアップをクリックください。
  3. 新しいプロモーションをクリックしてプロモーションクーポンを作成します。
  4. コードに、クーポンコードを入力します。全角文字や特殊記号、スペースを用いず半角英数字でのご利用を推奨します。また、大文字小文字は区別されません。
    以下全てオプションです。指定なしでも利用できます。 ちなみに説明フィールドは管理用です。ユーザーには表示されません。
    使用期間、使用回数など必要な設定を入力願います。
    日付欄は左の入力欄から右の入力欄の間を示す期間の入力です。日付だけでなく、10:00のように時間情報を追加入力することも可能ですので、午前中特典やハッピーアワー専用のクーポンも作成可能です。
    また、無料クーポンを発行したい場合などの100%のディスカウントや、逆に割引を0%とする物品の無料配布やプレゼントの配布等にも活用できます。
    新しいプロモーション
  5. プロモーション作成ボタンで、プロモーションが登録されます。
    クーポンは登録された時から有効となります。

プロモーションの説明フィールドにソースコード$limit xxxを入力することで、特定のスケジュール、リソース、クラスまたはサービスに適用されるようにすることが可能です。
「xxx」は、スケジュールの種類に応じて、リソース名、サービス名、スロットのタイトルとなります。
リソースのスケジュールの場合、予約時の選択オプションを特定特定してプロモーション設定することも可能です。
$limit Intro_courseを利用した場合、複数のマッチングによる対象の判定も可能です。 (マッチングは大文字と小文字が区別されます)

同じ条件クーポンを複数登録する場合、クーポンコードをリスト入力できます。
入力されたコードリストは、それぞれの個別のクーポンとして一括で登録されます。
クーポンは1度のみ利用可能に設定している場合でも、スケジュールの「繰り返し予約」が可能であれば何度も適用されてしまうことに注意してください。
繰り返し時のクーポン割引は、そのすべての価格の合計に「一度のみ利用」として適用されます。
また「無制限」クーポンを発行する際なども利用想定を超えないよう、繰り返し予約を制限するなど調整を行ってください。
また、ユーザーによるキャンセルが自由な設定の場合、過去の予約をキャンセルすることで、クーポンの利用回数が回復してしまうことがあります。
ユーザーによる予約の削除やキャンセルの制限設定を再確認ください。