ドキュメンテーション
スタート時
印刷ページ

3つのスケジュールタイプ: どのタイプを使用するか?

まず最初にどのスケジュールタイプを使用するかを選択します。
各ビジネスにおいてスケジュールの予約のプロセスが異なる事があるでしょう。
SuperSaaSは3つのスケジュールタイプを提供します。
あなたのご希望に最も近いスケジュールタイプを選択して下さい。
3つのスケジュールの種類は定員制スケジュールリソーススケジュール、そして サービススケジュールとなっています。
どのスケジュールを選択してもご利用可能な場合が多いと思いますが、 自分の理想に近いタイプを選択した方が最も効果を体感出来るでしょう。

定員制スケジュールグループイベント等に

まず最初の質問です。
“ユーザーが同一のイベント 同時間帯にに予約可能か?”
もし答えが“yes”なら定員制タイプを選択して下さい。

同時間帯に複数の人間の予約が必要な例; 定員制スケジュールがベストです。

  • 生徒の予約が必要なクラス*英会話教室等
  • セミナー等の大勢の人間の予約が必要な場合

定員制スケジュールが向いていない場合リソースタイプ 又は サービスタイプを変わりに試してみて下さい。

  • コンサルタントとのアポイントメント(同時間帯に1人の人間のみ)
  • 複数のセラピストがいるサロン (ユーザーは各セラピストに対して予約が可能です。)
  • カーレンタル (1台に対して同時に予約は不可能)
定員制スケジュール例 定員制スケジュール”は複数人同時間帯に参加する予約に適しています

リソーススケジュールはほとんどのビジネスにご利用可能です。

“リソース”タイプと“サービス”タイプの区別は主要な予約のプロセスにあります。
リソーススケジュールの場合各リソースは(教師, ボート, 部屋等),同時間帯に1回のみ予約可能です。
スケジュールは利用可能なリソースを利用可能スポットに表示します。
一方サービススケジュールは最初にサービスを選択します。(レッスン,マッサージ, ヘアーカット等)
スケジュールはその後利用可能なサービスのリソースを表示します。

まず最初にリソースタイプのスケジュールを選択する事をお勧めします。
リソーススケジュールタイプはほとんどのビジネスに対して適応します。
リソーススケジュールタイプでは各リソーススペースに対して名前を付ける必要があります。
例としてセラピスト, 会議室, ボート, テニスコート, 等

リソーススケジュールの例 A resource schedule with three スケジュール上に3つのリソースが存在します。各スロットに1つの予約が可能

サービススケジュールは複数の独自の機能を持っています。

サービススケジュールの主要な機能として、他のスケジュール内のリソースの空き時間をチェックすることができます。
もし、あるサービスが複数のリソースの空きに依存している場合、サービススケジュールは、サービススロットを作成するために必要な、すべての依存するリソースが空きをチェックします。
しかし、リソーススケジュールが任意の期間の長さの予約や定期的に繰り返す予約の作成を許可していても、サービススケジュールはこうしたリソースをチェックすることはできません。

サービススケジュールが適している例

  • 一つの予約に対して複数のリソースが必要な場合。
    例: 予約の際に部屋とセラピストを同時に選択する必要がある場合。
  • 異なるサービスで異なるリソースが必要な場合。
    例: 特定の人間でしか行う事が出来ない施術等

複数のリソースを利用する場合、まずリソースを定義します。

リソーススケジュール例 サービススケジュールでは利用可能なサービスが画面左のリストに表示されます

まず自分に合ったスケジュールを見極める為に実際に使用してお試し頂くのが良いでしょう。
スケジュールのタイプ以外は後から変更可能です。
まずはデモでお試し下さい。デモ. 又異なるタイプのスケジュールのチュートリアルを参照可能です。

利用例スケジュールタイプ
生徒の予約が必要な語学教室定員制
セミナー等の大勢の人間の参加定員制
会議室の予約リソース
ユーザーが利用時間の長さを選択可能リソース
ホテルや宿泊施設等リソース
プロジェクターと会議室を同時に予約サービス
テニスコートと講師を同時に予約サービス

一歩進んだ活用法

SuperSaaSはどんな業種にもマッチする多様な柔軟性を備えています。
以下シチュエーション別に見ていきましょう。

制限付きの予約

リソーススケジュールはデフォルトでは営業時間内のどこにでも予約を受け付ける事が出来ます。
定員制スケジュールは管理者が作成した予約枠以外にはユーザーは予約をする事が出来ないので営業時間が一定では無い場合等、定員制スケジュールの方が柔軟にスケジュールを作成出来ます。

スタンドアロンサービススケジュール

他のリソースと一切関連のないスケジュールを定義することができます。
リソースの要件がない場合、予約は実質無制限に作成することができ、実際はほとんど役に立ちません。
このため、サービススケジュールは、重複する予約を禁止し、実質、単独のリソースだけを持ったリソーススケジュールのようにふるまうように設定できます。
これを使うと、単独のリソースを簡単にサービススケジュールとして使うことができます。
例えばサービススケジュールのカレンダーのフォーマットの方が用途に合う、などの場合にこの機能は役に立ちます。

複数リソースを単一のエンティティとして扱う

サービススケジュールは複数のリソースをまとめて一つのエンティティとして扱うことができます。
これは、20台の全く同じレンタル機器があり、お客様に全く同じ種類の20台の中から特定の機器を選択させる必要がない時などに役立ちます。
機器をランダムに貸し出したり、または、空いている順に貸し出すかを選択することができます。

単一のリソースを複数エンティティとして扱う場合

反対に、複数のサービススケジュールを、単一リソースからなる複数エンティティとして使うことができます。
この例は、あるスケジュールを、あるクラブの会員と非会員のユーザーに見せたい場合などが考えられます。
そして、会員は非会員ユーザーよりも安く、そしてより早い時期から予約ができるようにできます。
別のケースとして、異なる地区に複数のクライアントを持つコンサルタントの例を考えてみましょう。
このコンサルタントは、ダブルブッキングがない状態で、それぞれの地区に対してその地区のクライアントにぴったりスケジュールを用意することができます。

Next: 作成したスケジュールをテスト