ドキュメンテーション
印刷ページ

ポイントシステムの設定

SuperSaaSには、システム内で利用できる通貨としてポイントシステムがあります。
ユーザーは事前にポイントを購入することができ、そのポイントを使用して予約が可能になります。

ポイントの実価格は自由に設定できるため、10回分の利用ポイントを実価格9回分で販売するなどポイント利用によるサービスを付加価値とすることができます。
返金処理に利用も便利で、クレジットサービスなどを介した現金の移動より簡単な管理が可能となります。
ポイントのみでの運用もできますし、ポイントをスケジュール上で使用できる通貨として、実通貨と併用使用することもできます。

ポイントシステムの利用方法

  1. スケジュールの管理画面から設定 > プロセスにある支払いや承認を必須としますか? 続行する前に支払いを完了して下さい。を選択し変更を保存ください。
  2. 同じ画面上の支払いや承認を必須としますか?横にある課金設定か、もしくはアカウント管理画面(ダッシュボード)右側、支払い設定から、ポイントシステムの設定を行います。
ポイントシステムの設定
  1. それぞれのユーザーのポイント数; ポジティブポイントは次回の購入時に適用されます。
    この設定は、ポイントを通貨と併用して利用する場合の選択です。
    ユーザーは実通貨と同様にポイント(通貨)の利用でき、ポイントの購入や使用を行うことができます。

    すべての取引はポイントで行われます。; ユーザーは予約する前にポイントを入手する必要があります。
    こちらは実通貨を利用せず、ポイントシステムのみを利用する場合の選択です。
    ユーザーは予約に際し、事前のポイントを購入する必要があります。 また、 上記と同様です。ただし通貨の代わりに"ポイント"が表示されます。が選択された場合、ポイントの通貨シンボルが「ポイント」と表記されるようになります。

    ポイントシステムが適用されると、ユーザーの情報に所有するポイントの項目が追加され、ユーザーがログインした画面の上部に所有ポイントが表示されます。

    ショップページのトップに表示するメッセージでは、ポイントを販売するショップページに共通して表示する案内や注意文を設定することが可能です。

  2. 設定に問題がなければ変更を保存をクリックして内容を確定ください。
ポイントシステムは、予約がキャンセルされた場合、自動的にポイントが全額返金されます。
そのため、ユーザーによるキャンセルにはキャンセル期間の制限を確認ください。
「ユーザーがどれぐらい前に予約の追加や変更が出来ますか?」に「0」、すなわち無制限としている場合、すでに完了した予約でさえキャンセルが可能となり、すでに終えた予約であってもキャンセル扱いとなりポイントが返還されてしまいます。

ユーザー登録時の初期ポイントの設定

  1. アカウントの管理画面(ダッシュボード)右側のアクセスコントロールをクリックください。
  2. 新規ユーザーはポイントをスタート時に受け取りますか?に設定箇所があります。 開始時のポイントを設定
  3. ユーザー登録時に初期ポイントを付与する数値を入力ください。
  4. もし、毎月の月初にポイントをリセットする場合、既存のユーザーのポイント数を毎月最初の日にリセットにチェックを入れてください。
  5. 内容に問題がなければ変更を保存をクリックして設定を確定ください。

ユーザーのポイントを個別に設定

  1. アカウントの管理画面(ダッシュボード)右側のユーザーマネジメントをクリックください。
  2. 変更したい対象となるユーザーのEdit icon 編集アイコンをクリック。
  3. 任意のポイント(無制限の都する場合は「−(マイナス記号)」)を設定することが可能です。 ユーザーポイント数の設定
  4. ユーザー更新ボタンせ設定が確定されます。

ポイント販売のウェブショップ設定

ポイントの販売にショップを設定します。
ウェブショップではオンライン決済を求めますので、オンライン決済システムの利用が必要です。
SuperSaaSでは、デフォルトのオンライン決済システムとしてPayPalを使用しています。
オンライン決済システムに関しては、PayPalアカウントの設定支払いプロバイダの設定を参照ください。

  1. ウェブショップは、アカウントの管理画面(ダッシュボード)の右側、ショップ管理から設定を行います。
  1. 新商品クリックし、ポイント販売用にポイント数とその価格設定や、有効期限、商品説明など各種設定を行ってください。
    ウェブショップで商品の販売
  2. 商品作成ボタンで、ウェブショップが開設されます。
ポイントの項目にマイナス記号を入力することで、ショップを介して無制限のポイント利用権利を販売することも可能です。
ウェブショップはオンライン決済のみ利用可能です。
ポイントシステムでの決済は行えません。

期限切れのクレジットの調整

ショップで購入されたクレジットを削除する必要がある場合は、期限切れと設定することで無効にすることが可能です。
期限が切れたクレジットは無効となり、ユーザーの所有ポイントから消失します。

期限を設定していない販売済みのポイントを期限切れとして無効にすることも可能です。
ショップの管理にある購入の履歴に、無効化が可能な購入履歴に期限切れアイコン が表示されています。
このアイコンをクリックすると、その購入で得られたポイントは直ちに失効し、「期限切れ」アイコンは「元に戻す」アイコンに変わります。

ウェブショップでの購入テスト

テストモードを用いてポイント購入のプロセスをテストすることができます。

アカウントの管理画面(ダッシュボード)の支払い設定をクリックください。
Paypal設定テストモードがありますので、チェックを入れてください。
購入時に青いテストボタンが表示されますので、そのボタンで支払いなくテストとして購入が可能です。

ウェブショップの掲載

ウェブショップへのリンクは$auto$shopを用いて掲載することが可能です。 たとえば、スケジュールの上部に表示する場合は、スケジュールの設定 > レイアウトにあるメッセージはスケジュールの上にホワイトスペースで表示されます。にコードを記入することで、表示されるときに自動的に文章やリンクを生成掲載することができます。

ショップへのリンクは必ずしもシステム内から行う必要はありません。
システムの利用画面上ではリンクを表示せず、口頭やホームページなどで直接ショップページのURLをユーザーに伝えるの運用も可能です。

ウェブショップでは、ポイント販売以外に物販も可能です。
ポイントフィールドを0にセットすることで支払いのみを受け付けることが可能です。
この場合、無制限な販売でない限り、必要に応じた在庫数や一度に購入できる制限を設定しておいた方が良いかもしれません。