ドキュメンテーション
印刷ページ

手動での課金設定

予約に際して支払いを求める場合、オンラインでの支払い処理を用いずに、システムを介しない手動での処理を行いたい場合もあると思われます。
この場合などに、任意の支払い方法の提示や、安全にクレジットカード情報を収集する方法があります。

SuperSaaSは特定の支払処理に関知しません。
手動での支払いによる実際の金銭の受け渡しなどは、それぞれの運用上で行ってください。

手動での支払いの案内方法

スケジュールの管理画面から設定 > プロセスにある支払いや承認を必須としますか? 続行する前に支払いを完了して下さい。が選択されており、予約には支払いが必要である設定となっていることを確認ください。
支払いや承認を必須としますか?
その支払いや承認を必須としますか?の横にある課金設定から手動による支払い案内を設定します。
課金設定
予約は承認待ちの状態で登録されます。
支払いなど予約受理可能な状態になった時点で、手動での予約承認を行い、予約を確定する必要があります。
予約の承認方法などは、予約とユーザー管理を参照ください。

銀行振込など支払い方法を案内

  1. 一般設定Gateway mode マニュアル – 銀行送金もしくは小切手 支払い方法のみを表示します。支払いを処理してからサイトで予約の承認をして下さい。として 変更を保存ください
  2. 続いて、対象スケジュールの管理画面から設定 > レイアウトへ移動ください。
  3. チェックアウト時に表示されるスクリーンにお支払いの案内を入力します。
    予約時に入力内容が表示され、お支払いの案内を伝えることが可能となります。 チェックアウト画面のメッセージの編集

安全なクレジットカード情報の収集

  1. 一般設定Gateway mode マニュアル – Credit Card クレジットカード情報を安全に収集します。クレジットカードでのお支払い後サイトで予約の承認をして下さい。
  2. 同じページのクレジットカードの設定で、対象とするクレジットカードサービスの選択ができます。
    Credit card capture setup
  3. 内容を確認して変更を保存ください。
  4. 対象スケジュールの管理画面から設定 > レイアウトチェックアウト時に表示されるスクリーンで、クレジットカード番号の入力画面に合わせて掲載したい注意文や連絡を設定することも可能です。
価格を0と設定することで、価格情報は表示されません。
承認のみを目的としてクレジットカード情報を収集する場合になどに活用できます。
入力されたクレジットカード番号は、クレジットカードの種類で指定されたカードであるかどうか簡易的にチェックされます。
もし、テストなど仮のクレジットカード番号で挙動のテストを行いたい場合、テスト用の認証カード番号として「4111 1111 1111 1111」のカード番号を使用ください。
番号チェックをスルーして、挙動を確認することができます。
カスタムドメインは、支払画面とセキュアサーバの組み合わせで表示されませんので注意してください。
ブラウザは、適切な証明書を持つサーバーとの安全な接続を設定します。
セキュアサーバーに接続すると、システムが自動的にカスタムドメインからセキュアサーバーのドメインに変更します。