ドキュメンテーション
印刷ページ

手動の支払いを設定する

システムは銀行振込または小切手による支払いをサポートしています。
直接支払いを取る場合でも、デポジットの一種としてクレジットカードの詳細を収集するか、事前に請求書を準備できるようにすることができます。
(SuperSaaSは特定の支払処理に関知致しません)

予約時に支払いを行いたくない状況もあります。
例えば、美容室の予約をし、お店で支払う時やジムのメンバーは、追加費用なしでスピニングのクラスを予約することがあるかもしれません。
このようなクラスは会費でカバーされているのです。
しかしながら前払いを必要としない場合でも、まだ予約を確定する前に個々の予約を承認したいかもしれません。
システムは、これらのオプションの両方をサポートすることができます。

プロセスタブにおいて、もし予約の承認がもう必要なければ、支払または承認が必須?の下にある、 承認や支払は不要を選択してください。
その代わり、もし予約の承認と確定の前に予約内容を確認したい場合は、確定の前に管理者の承認が必要を選択してください。
手動承認についての詳細は、Managing appointmentsを参照してください。

マニュアルでの支払

もし、先に支払いを受け取りたいが、統合オンライン支払システムを利用したくない場合は、システムは手動で支払い処理を行うために2つのオプションを提供します。
どちらのオプションを選択するかは、クレジットカードを受け取るかどうかによります。

一つ目はクレジットカードを使用せずとても簡単です。
あなたの予約スケジュールの予約画面の'承認' ボタンを押した後に支払方法を表示して顧客に支払いをしてもらう方法です。
これは、小切手または銀行振込でのお支払い時に便利です。
(多くのヨーロッパ諸国ではクレジットカードの支払いよりも一般的です)
支払方法をチェックアウト時に表示するには、"設定"画面に移動し'レイアウト'タブの
ページの下部近くにある'チェックアウトスクリーンに表示されるメッセージ'の箇所に入力します。
ここでは、次のような命令を例として記入してみます
"私のアドレスに"私の会社を"○○宛てに振り出された小切手を送ってください"
暗号化せずにインターネットで送られてしまいますので
ここにクレジットカード情報の詳細や個人情報などは記入しないようにしてください。
クレジットカードを使った支払い方法がお望みの方は"マニュアルクレジットカード"オプションを利用してください。

"マニュアルクレジットカード" オプションでは、あなたの顧客のクレジットカードの情報を安全に知るために使用します。
顧客が新しい予約を作成する際にチェックアウトの画面でセキュアサーバー上で安全にクレジットカード情報を入力することができます。
なお、クレジットカード会社はカードのCVCコードを格納するための1つをお店に許可していません。
この画面ではカスタマイズできる点がいくつかあります。
まずあなたは、"設定"画面の"レイアウト"タブで追加の支払条件や方法を指示することができます。

第2に、あなたが受け入れるクレジットカードの種類を選ぶことができます。
これは、"お支払い"画面で行うことができます。
また、これらの質問を飛ばしてすべてのカードタイプ選択することもできます。

クレジットカード会社は、カード裏面にあるセキュリティー番号であるCVCコードを保管することを禁止しています。
このコードはカードがすぐに処理される場合のみ獲得されます。
CVC番号が獲得されないため、あなたが使っているクレジットカード処理機がCVC番号がなくても処理できる場合のみ、可能となります。

決済についての説明

Select payment and/or approval option of choice
  1. Proccessタブ欄支払完了又は承認が必須? 予約を続ける前に支払いが必須を選択して
    画面下部にある変更を保存 を押します。
    そうすると構成画面のOverviewタブに戻ります。
  2. プロセスタブを再び選択し、支払完了又は承認が必須?区切りヘッダーの右側にある支払設定リンクをクリックします。
Manual payment setup
  1. ‘一般設定’ページにてgatewayモードを選択: マニュアル ・銀行振り込み を選択 変更を保存
  2. 該当のスケジュールの設定画面に戻り、レイアウトタブを選択します。
  1. ページ下部でチェックアウト画面に表示されるメッセージ欄で編集が可能です。
チェックアウト画面のメッセージの編集

クレジットカード情報の収集

  1. プロセスページ内支払または承認が必須?を選択予約完了前に支払が必要
    その他の方法で予約を完了する場合は誰かが予約の変更をした場合通知しますか?を選択
  2. 変更を保存ここから、あなたのダッシュボードに戻ります。
  3. 再度、プロセスページで必要な支払いや承認を確認するため支払いの設定をクリック。
Credit card capture setup
  1. 「一般設定」のゲートウェイモードで マニュアル – Credit Cardを選択。
  2. 画面の下部に、新しいセクション「クレジットカードの設定」が表示され、受け入れるクレジットカードを選択することができます。 もしカードをオフにした場合、システムはクレジットカードの種類の入力をユーザーに要求しません。
    カードの種類を指定することの利点は、入力された内容をカードの種類と照らし合わせ、システムによる初歩的なチェックが行えることです。
  3. 変更を保存でダッシュボードに戻ります。
  4. スケジュールのレイアウト設定画面に移動します。
  5. ページの下部にチェックアウト画面で表示するフィールドメッセージ欄が追加されています。 チェックアウト時に表示されるテキストとして、追加の支払い条件や指示連絡を入力することができます。
価格を0と設定することで、価格情報は表示されません。
承認のみを目的としてクレジットカード情報を収集する場合に便利かもしれません。
カスタムドメインは、支払画面とセキュアサーバの組み合わせで表示されませんので注意してください。
ブラウザは、適切な証明書を持つサーバーとの安全な接続を設定します。
セキュアサーバーに接続すると、システムが自動的にドメインを変更します。
支払いセクションを出ると、システムは、カスタムドメインを使用するように切り替えます。

クレジットカード情報の取得テスト

管理者としてロスインしている場合は、一度ログアウトしてユーザーとしてログインしなおしてください。 実際に予約を入れてクレジットカード情報入力画面から任意の有効なクレジットカード番号を入力するか、偽のビザカード番号「4111 1111 1111 1111」を入力してテストください。 支払いの保留中であるPアイコンがついた予約となります。

ログアウトし、管理者としてログインし直します。 作成された予約には同じく、Pのアイコンが表示されているはずです。 クリックして表示される詳細情報の中に承認ボタンがあります。 あなたが予約および、支払いを承認したくない場合は、単に削除予約をクリックすることもできます。 削除された予約は画面から消えますが、サービス画面に移動し、スロットの横のスパイグラスのアイコンから表示される詳細画面のスロットのゴミ箱をクリックすることで、削除された予約の一覧を見ることができます。 削除された予約のEdit iconから元に戻すことも可能です。