チュートリアル
チュートリアルメニューへ
リソーススケジュール

ゲストハウスや民泊を想定した宿泊予約カレンダーを作成

宿泊予約カレンダーを作成する場合は主に日単位で予約してもらう事を想定します。また複数部屋がある場合や朝食その他のオプションもユーザーが任意選択してもらいたいニーズもあるでしょう。

予約カレンダーの作成

このデモでは各部屋一人の予約を想定している為リソーススケジュールで作成していますが、ドミトリーなどの1部屋を数人で利用する場合は"定員制スケジュール" tutorialが適していますので是非ご参照下さい。

このチュートリアルでは以下の設定をしています。:

  • スケジュールをシンプルな宿泊予約システムとして利用
  • 予約後にカスタマイズした確認メールとリマインダーを送信
  • 予約時にオンライン決済
  • 季節などのシーズンによる料金の変化

こちらで稼働中のデモを体験可能です。

6つの簡単ステップで設定して行きましょう。

"作成しながら試す"事がSuperSaaSスケジュールを作成する最も効率的な手段です。 :

新規作成ウィザードを利用して基礎のスケジュールを作成

開始前に

スケジュール作成にはアカウント登録が必要ですので有効なEmailアドレスと共にまずはアカウントを作成して下さい。

適切なスケジュールタイプを選択

管理画面内の新規スケジュールボタンをクリックして3つのスケジュールタイプから選択します。

3つのスケジュールは完全に別スタイルですので使用中のスケジュールを別のスケジュールタイプへ変更する事は出来ませんのでご注意下さい。

今回はリソースタイプを選択して次にアクセスレベルを設定していきます。

スケジュールへのアクセス

このセクションでは誰がスケジュールへアクセス出来、又変更が出来るか等について設定していきます。

一つ又は複数のリソース

宿泊施設では多くの場合複数の部屋があると思いますのでユーザーが予約時に任意の部屋を選択可能です。

スケジュール名の作成

決定したスケジュール名はURLとなります。日本語でも作成可能ですがその場合はURLが不必要に長くなる事をご注意下さい。

利用可能日の設定

営業日時を設定してユーザーが予約可能なスケジュールを作成します。

スケジュールの試作品が完成しました。実際に試してみましょう!

スケジュールを実際に試用してみましょう!

管理画面内の使用ボタンを押してスケジュールへ移動します。

通常ユーザーも同様のスケジュールが閲覧可能です。

スケジュールをブックマークしておくと便利でしょう。
空白のスケジュール

スケジュールは当然最初は空白です。

まずベーシック機能を試してみましょう。

予約の作成

カレンダー上の任意の場所をクリックすると"新規予約"ダイアログ画面が表示されますのでドラッグして操作しやすい場所へ移動可能です。

予約を作成

予約時の入力項目はカスタムフォームを使用する事により ユーザーから予約時に入力してもらう情報の編集 を任意にカスタマイズ可能です。

予約後に変更したい場合は‘更新’ と ‘消去’ が可能です。 ‘閉じる’アイコンでダイアログを閉じる事が可能です。

予約スケジュール

調整

ベーシックな骨組みを作成したら次にあなたのニーズに沿う様にスケジュールを調整しましょう。 ‘設定’ボタンよりスケジュールの各種設定が可能です。

管理タブ

リソースタブ

リソースタブでは必要に応じてリソースを追加、削除等が可能です。

設定

各種リソースの設定

各ユーザーの予約制限

“各ユーザーの予約制限数”の設定によりユーザーに対して予約時の回数などの制限を加える事が可能です。

予約時間

次の3オプションは予約時間の決定についてです。:

  1. ユーザーの選択により予約時間が決定
  2. 全ての予約は固定時間
  3. ユーザーはドロップダウンリストから任意の予約時間を選択

ゲストは宿泊施設の滞在時間を選択します。

価格

ゲストは予約時に決済を完了する事が可能です。詳細はこちらスケジュールに課金設定を追加ページをご覧下さい。

価格欄にて任意の価格を設定します。

価格

例として6月は$50価格が上昇とする場合は次の様に設定します。: “6/1 から 6/30”の期間に予約された場合は$50アップ。

時間の制約

日単位での予約設定も可能です。

通常ホテル等の宿泊施設ではチェックイン、チェックアウトの時間設定が必要でしょう。

制約を設けない場合はどの時間帯でも予約が可能となります。次の様なイレギュラーな時間でも予約が出来てしまいます。例 2:07 pm to 2:23 pm. 予約開始時間の制約を設ける事によりイレギュラー時間の予約を防ぐ事が可能です。例 12:00pm and 2:00pm.

制約

ベーシックスケジュールの作成

リソースタブに加えて、スケジュールへのアクセス、プロセス、レイアウトのオプションがあります。 詳細な情報はサポートドキュメントから確認できます。

予約のプロセスを定義

プロセスタブではオプションメニューのタオルセットなどを追加する設定が可能です。 また予約時の確認メールやリマインダー通知を設定することもできます。

オプションメニューの提供

プロセスタブページ内のテキストフィールドよりドロップダウンメニューを作成し、予約のプロセス中に予約者に複数のオプションを提示できます。ドロップダウンメニューは、顧客が追加料金で利用できるオプションのサービスまたは追加機能を提供する場合に特に適しています。基本的なドロップダウンメニューの作成の設定方法の概要を説明します。

確認

予約後の確認メールの送信や、予約日時が近くなった時に送信する自動リマインダーメールの設定は予約プロセスの設定にてご確認頂けます。

ユーザー目線でスケジュールをチェック

クライアント、予約者の観点から予約スケジュールをテストし、期待どおりに動作することを確認します。 管理者としてスケジュールへアクセスした場合とユーザーとしてアクセスした場合では表示、予約プロセスが異なるため、必ずユーザーの観点から作成したスケジュールをテストする必要があります。

各スケジュールは独自のURLがあり、"概要"タブで各スケジュールのURLを確認可能です。 スケジュール名などを変更した場合は予約スケジュールのURLも変更されるため十分注意して下さい。

スケジュールのテスト

登録プロセスをテスト

テストで問題が無かったら公開までもうすぐです!

顧客がスケジュールへアクセスするには主要な2つの方法があります。:

  1. 自身のサイトへスケジュールへのリンクを張り付ける。
  2. SuperSaaSスケジュールをiframeを用いてサイト内に埋め込む。

スケジュールの統合ページにて詳細をご覧下さい。

デバイス

SuperSaaSスケジュールは様々な形式で表示可能です。 例としてiframeを使用してWebサイトに統合、モバイルデバイスで使用他

外観の変更

スケジュール上部の表示蘭にて画像を追加したり、より詳細なサービスの説明を提供したり他、任意の情報を入力可能です。スケジュールの外観または配色を変更する場合は、レイアウトタブにて書式設定オプションがあります。また、リソースセレクターをスケジュールに追加し、表示形式を選択することもできます。 スケジュールの表示方法はレイアウト設定ページにて参照可能です。

予約システムの多様な活用方法

上記で紹介した設定の他にも多様な機能を活用して独自のワークフローを設計できます。