このチュートリアルにはupdatedバージョンがあります。
Therapist

チュートリアル: セラピスト用の予約システムを作成

このチュートリアルではセラピストの予約システムを例に進んでいきます。実際の作成例のデモはこちらへ予約システムのデモ. 今回の手順を見ていただくことで様々なニーズにも対応させることができると思います。運転教習所やサロン、写真家等にも適しています。

このマニュアルの使用方法

SuperSaaSのスケジュールを設定する方法は通常"作成して試す"この繰り返しです:

  1. ウィザードを使用して基本的なスケジュールを設定します
  2. それが思った通りに機能しているか試してみてください
  3. 満足行く結果になっていなければ設定を変更してstep2に戻ってください
  4. 満足いったならばあなたのウェブサイトにスケジュールのリンクを張ってください

このマニュアルでは、この基本的なパターンに従っていきますが、テーマによっては当てはまらないこともあるでしょう。 下部にある'次のリンク'へアクセスすると、自分が作成したいテーマにあったチュートリアルを参考に進めていけるでしょう。チュートリアルインデックス.

まだアカウントをお持ちでない場合はSuperSaaSウェブサイト上でアカウントを作成しましょう。有効なe-mailアドレスがあれば無料で作成できます。ダッシュボードページに移動するにはログインページであなたのアカウントを入力してログインしてください。ダッシュボードページに表示される前にすでに別のスケジュールを作成している場合以外は、空白になっているはずです。

ウィザードを使用して基本的なスケジュールを設定します

まず初めにスケジュールの作成ウィザードを、右側のメニューの"新規スケジュール"をクリックして起動させます。いくつかの質問に答えておおまかなスケジュールの基本設定を決めます。最初の画面の質問で、"定員スケジュール"と"リソーススケジュール"の選択があります。"定員スケジュール"は一つの予約に複数の人間が予約できます。対して"リソーススケジュール"は1つの予約に対して一人の人間しか予約できません。この設定だけは後で変更ができませんので注意してください。

今回の例ではセラピスト一人で営業されている店を想定して作成していきますので同時間帯に一つの予約を受ける "リソース"タイプのスケジュールを例にして進めて行きます。 もし同時間帯に複数の予約を取りたい時やヨガクラスやセミナーでの予約等を作成する場合は"定員"タイプのスケジュールを選ぶべきです。 定員タイプの使用方法はこちらからご覧下さい ‘定員スケジュール’ tutorial 両方のタイプが合う場合もあります; どちらが合うかは実際に試してみてお選び下さい。

"次へ"をクリックしてstep 2 へ進み、アクセス権を設定します。 セラピスト予約の際にはサインアッププロセスがある"予約システム"が必要です。 "セルフサービス"に設定すると誰でも予約の追加や予約の削除が可能になってしまいます。 この設定は密接な関係にあるユーザー等に対しては適切です

Step 3 スケジュールに加えるアイテムは1つかもしくは複数かを尋ねます。 複数のアイテムがある場合はここでリストを作成します。(セラピストで言うならサービス名等)複数のアイテムがある場合はスケジュールの横にアイテムが表示されます。単純にスケジュールを分けたい場合は各リソースに対して別々のスケジュールを作成して下さい。 今回は一人のセラピストの設定なのでシングルリソースを選びます。(もしセラピストが複数のサービスを提供したい場合はここでリストに追加するのではなく他の方法がありますので後ほど説明します)

次のステップではスケジュールのタイトルを作成します。このタイトルはアカウント名やウェブアドレスとしても表示されます。シンプルにスケジュールでもいいですがより分かりやすくする為に“セラピスト”と名付けました。 後でスケジュール名を変更出来ますがそれに伴いアドレスも変化します。

最後のステップでは利用可能日についての設定をします。 (ウィザードでの選択により異なる場合があります) セッティングの基本ラインです; あとから開店時間や各日にちの営業時間の変更も出来ます。 当システムはわかりやすいユーザーインターフェースを提供しています。 もし予約時間を特定の時間のなかで設定したい場合、予約可能を示すチップを表示させることが出来ます。 顧客は、チップをクリックして予約することができます。 実際の使用例はこちらです。デモ デモでは、このようなセットアップを示しています。":00, :30"を入力して半時間ごとの表示にさせる事も可能です。 ただしできなくなる事もいくつかあります。 例えば異なる長さのセッションを提供する事や、ユーザーがカレンダー上の任意の場所をクリックして時間を選択する事等です。

“終了”ボタンを押すとすぐにスケジュールが作成されます ! さあトライしてみましょう。

Menu Box

基本的な機能を試してみましょう

スケジュールを使用する為に、右側にある青い'使用'ボタンをクリックしてください。 これはあなたが管理者としてログインしている場合にのみ表示されます。一般ユーザーは、同じスケジュールは表示されますがこの様なオプションは表示されません。 またダッシュボードのページからも'使用'ボタンをみつけることができます。画面の右上にあるダッシュボードのリンクをクリックすればいつでもダッシュボードに行けます。 素早くスケジュールを見るためにはブラウザーのブックマーク機能を使用するといいでしょう。

Empty schedule 初めてアプリケーションに入力する時、空のスケジュールが表示されているでしょう。 あなたはここに表示されている多くの内容の設定をすることができます。 例えば、今の時点でスケジュールは一度に一日か一月の表示がされていますが、それらも変更可能です。まず初めに、システムの基本的な機能を試してみましょう。

さあ作成してみましょう。スケジュール上をクリックすると"新規予約"ダイアログボックスが出現します。ボックスの位置はドラッグアンドドロップで変更可能です。 新規予約ダイアログ 時間フィールドにはカレンダーから日付を選んだり時間を直接入力可能です。 初期設定では名前と電話番号しか尋ねませんがこの項目の編集については後ほど説明します。

"新規予約"をクリックするとチップがスケジュール上に表示されます。 チップをクリックすると"更新"や"消去"ボタンが出現しいつでも編集可能です。 "閉じる"ボタンでチップを閉じます。

セッティングの変更

あなたは現在基本的な機能のアポイントメント予約システムを使用しています。ウィザードでは非常に多くのスケジュールに関する設定を行う事が出来ます。 ‘設定’ボタンをクリックすると様々なオプションや要約が表示されます。 このページではスケジュールの一時的なブロックや全体の削除も可能です。 ここでは、設定画面に戻って、"リソース"タブの詳細の説明をします。他のタブについては他の章で詳しく解説します。

リソースタブ

リソースタイプスケジュールの‘リソース’タブ

リソースタブにはリソースに関する設定ができます。 リソースタブの見え方は"リソース"タイプと"定員"タイプのスケジュールの選択により異なります。 最初の項目ではリソースの追加や消去が可能です。 例えば、同じスケジュールに表示する別のセラピストを追加することができます リソースを削除する場合、そのリソースに予約された物も消えてしまいますので注意してください。

あなたは"エントリー名"で"予約"という表示を適切な言葉に変更可能です。 例としてセラピストの場合は"コース" や"メニュー"等が適切でしょう。 選択した言葉はエラーメッセージ、 確認用e-mail、help等で表示されます。 私達は"ユーザー"を"クライアント"へ変更してあります。 しかし、この設定は、ダッシュボード画面での"レイアウトの設定"ページで変更します。 その言葉は単数形で入力してください、自動で適切な複数形に変換されます。(英語での表記の場合に限ります)

"各ユーザーの上限" 項目で通常のクライアントが出来る最大予約数を設定出来ます。 制限数に達するとユーザーは変更もしくは予約の消去しか出来なくなります", 更に同日で何回の予約が可能かも設定可能です。

次のオプションは予約の時間の長さの設定をします。 それには3つのオプションがあります:

  1. 顧客にどのぐらいの長さを予約できるか決定させる:このケースでは最大値と最小値の設定が可能です。
  2. 予約時間の長さを固定する:デフォルトの値により設定出来ます。
  3. 顧客がオプションリストから選択可能 それぞれのオプションの説明がhelpテキストとして表示可能です。

その下の"価格"の項目は各予約に対して課金する事が可能です。 実際にサイト上で支払いの設定をするか、もしくはオフラインで支払いを行うかは "プロセス" タブで設定可能です。 予約時間の長さによる価格設定や固定性の価格設定、季節や曜日等による限定的な値段設定等いくつもの設定が可能です。 "繰り返し予約"を可能にしている場合固定の価格が予約数に対して計算されます。 セットアップの詳細はこちらへ支払いのチュートリアル.

もしバッファータイム(二つの予約の間に設ける空き時間)を0以上に設定した場合常に予約間にスペースが出来ますので掃除の時間等に利用できます。 バッファータイムは開店時間や閉店時間には適用されません。 "開始時間の制限" フィールドは顧客の予約開始時間として設定出来ます。 先程説明した様に開店時間と予約時間を固定するとクライアントがクリック可能な ‘チップ’が表示されます。 この場合"デフォルトの長さ" がチップの長さになります。 次の章では特権を与えられたsuperusersと管理者が開店時間の制限を無視して予約を可能にする方法について説明します。

予約開始の時間を特に設定しない限りどこでも予約可能になります。 顧客が2:07pm から 2:23pm 等の不規則な時間予約を設定すると予約時間に穴ができてしまいますので もし開始時間と端数を切り捨てる時間を設定すると終了時刻がきっちり収まります。

"切り上げ単位"を"日"に設定した場合はユーザーインターフェースが日毎に変化します。 複数日に行われるイベント等1日単位で予約が必要なスケジュールに適しています。


次のチャプター: スケジュールへのアクセスコントロールページ | チュートリアルインデックスへ戻る