ドキュメンテーション
印刷ページ

通知メッセージのカスタマイズ

予約時、ユーザー登録時などにユーザーへ送信する自動メッセージの内容をカスタマイズ出来ます。
メッセージはSMS、E-mailとしてユーザーに送信されます。
ほとんど全てのメッセージにはいわゆる'auto texts'というものが含まれており、
それらはメッセージが作成された際何らかのダイナミックな数値と自動的に置換する'magic words' のことを表します。

カスタムメッセージ

カスタマイズしたショップ機能のメッセージはアカウント全体に適用されますが、
各スケジュール毎にメッセージはカスタマイズ可能です。
設定 > レイアウトより, ログイン時やスケジュール上部に表示されます。
スケジュールをブロックしている場合にも表示可能です。

メッセージボックスの上部にあるフォーマットツールバーを用いて、あなたのメッセージのスタイルを変更することができます。
このツールバーは更に、あなたのメッセージにリンクや(ウェブベースの)画像を入れることができます。
注意すべきなのは、あなたのロゴを除き、このシステムに画像をアップロードできないということです。
画像はソースとして提供されたURLにより、オンラインでアクセス可能でなくてはいけません。

HTMLフォーマットも利用可能です。< > button in the toolbar.

<input onclick="window.open('//static.supersaas.net/img/demo_room.jpg', 'Popup', 'width=400,height=300')" type="button" value="Pop-up" />

Google Analyticsトラッキングコードをスケジュールに追加する事も可能です。

autotextを使用したダイナミックメッセージ

あなたのメッセージをダイナミックにするには、いわゆる「自動テキスト」を利用することができます。
自動テキストは「魔法の言葉」であり、メッセージが作成されると、自動的にダイナミックな値に置き換わります。
これにより、ユーザを名前で呼んだり、メッセージを言語依存にすることができます。
オートテキストの文言は単純に$を先につけた単語です。例)$name

システムメッセージ以外では、自動文字列解説はメールのメッセージにも使用可能です。
但し、特定の文字列解説の使用はシステムあるいはメールメッセージにのみのいずれかに限定されます。
下記表をご参照頂き、どの自動文字列が使用可能かご確認下さい。
下記表では自動文字列解説がウェブサイト上に表示されるメッセージ使用可能かを調べることができます。
表示メッセージ用のAuto text strings
The word……以下の文字へと変換されます。
$loginログインしているユーザー名を表示
$nameもし利用可能な場合ログインしているユーザーのフルネームを表示
$credit現在ログインしているユーザーのポイント数を表示
$shopショップへのリンクを作成: "予約の前に$shopでポイントを購入して下さい。"
$agendaユーザーとしてログインしたときのみ動作し、アカウント内のすべてのスケジュール全体の予定を表示するページへのリンクを作成します。
$auto通常デフォルトテキストはあなた自身が作成したものと置換されますが、 $autoがそれを再度挿入します。予約の権限が誰かに与えられているか否かにより変更するスケジュール上部のデフォルトテキストには便利です。
$su現行ユーザーようのスーパーバイザーフィールドを、もしある場合は書き出しましょう。その特定の人がログインした際にそのメッセージを表示する為にこれを使用することができます。
$id現行オブジェクトIDを書き出しましょう。送信されたフォームのチェックアウト画面と"Thank you"画面でのみ対応可能です。これを使用して顧客に固有の参照番号を付与することが可能です。
$totalディスカウントを含めた総額、または預かり金額を書き出します。チェックアウト画面でのみ使用できます。
$if condition {message}条件が真(true)である場合は、 中括弧- {で始まり}で終わる括弧のことですで囲まれたメッセージが表示されます。使用可能な条件については下の一覧を参照してください。メッセージは複数行記述することができ、別の自動テキストを含めることもできますが、別の$if条件をメッセージ内で使用することはできません。
特定の条件が満たされた場合にのみメッセージを表示するには、$if という表記が使用可能です。
$ifと一緒に使用することができる条件
ConditionApplies if…
$if user {message}メッセージはユーザーがログインする時に表示されます。
$if out {message}メッセージはユーザーがログインしていない時に表示されます。
$if shared {message}メッセージはユーザーが共有パスワードによりログインした時に表示されます。
$if admin {message}メッセージは管理者もしくはsuperuserでログインした時に表示されます。
$if XX {message}メッセージは現在選択されている言語が ISO language code of XXの場合に表示されます。
$if paid {message}メッセージはユーザーが支払いに成功した時に表示されます。"チェックアウト"画面のメッセージに使用出来ます。
$if mobile {message}メッセージはサイトがモバイルバージョンの時にのみ表示されます。
$if desktop {message}メッセージはサイトがデスクトップ版の時のみ表示されます。
$if calendar {message}メッセージはカレンダーが日、週、月の時に表示されます。
$if view {message}メッセージは特定の見え方により表示されます。 表示はfree, agenda, day, week or month

ダイナミックメッセージの一般的な使用により、言語に依存したメッセージを異なる対象者に宛てて対応させることが可能です。
$if XX {message}に含まれる条件の記述はENやDE、ESといった2文字の言語コードが使用されています。
それらは次のように用います。

$if EN {Good morning $login}
$if DE {Guten Morgen $login}

$if は訪問者がサインインしたかどうかにより異なるメッセージ表示をする為に使用することもできます。

$if out {もしアカウントをお持ちでなければ作成して下さい}
$if user {Welcome back $login!}

ただし(条件付)自動文字解説表記はHTMLモードでも使用可能です。
これにより、例を挙げると、条件付で貴方のチェックアウトページに追跡コードを付与することが可能です。

$if paid {お支払い有難うございます。, $name <script>…</script>}

e-mail通知のカスタマイズ

設定 > プロセスからemail通知の各種設定が行えます。:

ユーザー名,

この自動メッセージは*予約

新規予約の詳細*:

  …予約の詳細…

こちらからスケジュールへアクセス出来ます。:
http://www.supersaas.com/schedule/アカウント名/schedule_name?day=x&month=x&view=agenda&year=x

このメッセージは自動返信メッセージですので返信はしない様にして下さい。
* "予約"は設定 > プロセスから編集可能です。

autotextと組み合わせて通常のメッセージの編集も可能です。(autotextの説明は上記をご覧下さい。)
予約確認やリマインダーメッセージの編集は設定 > レイアウトから行えます。

さらに、メールは、プレーンのテキストにより送付されるので、HTMLコードを追加できない旨にもご注意ください。

eメールのメッセージ本文で利用可能な自動テキスト
The word……次の文字列に変換されます
$nameeメールを送信する相手の名前(存在する場合のみ)
$dear$nameが取得できた場合のみ、"Dear $name,"を出力します
$login作成者のログイン名(管理者の場合やログインしていない場合は空白)
$subjectこの行全体がメールの件名に使用されます。その他のマジックワードが含まれている場合あり。
$urlスケジュール内の関連する場所へ受信者を導くウェブアドレスのこと。
$modurlログインせずに、この予約の変更を可能にするトークンが含まれているリンク
$actionこのメールの引き金となるアクションについて書かれている。例: "Your booking was $action" → "貴方の予約内容を作成しました。"
$details予約詳細一覧のこと。下記$replaceコマンドにより削除ができたら便利。
$replace指定のテキストとシステムによるテキストを差し替えます。
$nourlシステムの事前生成されたテキストからURLだけを削除します
$idオブジェクトIDのこと。スーパーバイザーインターフェースにて素早く調べることができるのでこれは便利。
$slot_idこのオブジェクトが(利用容量計画のみ)どこに属するのかをあらわすスロットIDのこと。
$form_idフォームがこのオブジェクトに添付されているかどうかを示すフォームID。
$start
$finish
$created
この予約の開始時刻、終了時刻及び作成日のこと。時間の身を表示する場合は
Use $start_time もしくは $finish_time
$previous_start予定が更新された場合でも更新前の開始時刻を取得します
$lengthH:MM もしくは DD:HH:MMとして表示される予約期間のこと。
$icaliCalendarファイルとして通知が予約に添付されます。
$formこのオブジェクトにフォームが接続されている場合、HTMLファイルとして添付される。
$price予約価格のこと。繰り返し予約をする場合、これは最初の予約分の価格を表す。
$passwordサインアップの確認メールではこれがユーザーのパスワードを表示します。
$resources接続されたリソース名(サービススケジュールのみ)
$field_1
$field_2
定義されていた場合、ここには1つ目あるいは2つ目のカスタムフィールドの数値がここに表示されます。
$if "action"現行のアクションにactionが合致する場合にのみ、残りの文章がプリントされます。この条件を複数行に渡り適用する場合は丸みのあるカッコ内にそれらを含めること。可能性のあるアクション一覧は下記参照。
$title
$location
$quantity
$description
予約のタイトル、場所、記述及び数量(利用容量計画のみ)。複数の情報源を持つスケジュールの場合は$descriptionにリソース名が含まれます。

通常、あなたがカスタマイズしたテキストはシステムが作成したメールに追記されますが、もしメッセージの文中のどこかに$replaceを使用した場合、貴方のテキストはシステムのメッセージ全体を入れ替えることになります。

予約確認のテキストを調節するフィールドは、newの予約の確認ではなく可能な全メールの確認を管理します。
特殊の確認のためにテキストをカスタマイズする場合、以下の説明のように、条件付の$ifを使用しなければなりません。

コマンドも連鎖します。
新規の予約が作成される際に、次のコードの一部のみがタイトルに代替、さもなければ、デフォルトのラインを残すことになります。

$if "created" {$subject You have a new appointment on $start}

$ifステートメントの後に使用することができるキーワードは次のとおりです。
created(作成)、changed(変更)、deleted(削除)、approved(承認)、refunded(返金)、placed_on_the_waiting_list(待機リストに追加)、changed_on_the_waiting_list(待機リスト上で変更)、removed_from_the_waiting_list(待機リストから削除)、placed (placedは、待機リストから正規の予約になったことを意味します)
また、ENやESなどの言語識別子を使うと、カレンダーで特定の言語を選択した場合にのみメッセージが表示されます。

また、自動テキストを使って、予約の編集画面に直接移動できるリンクを作成して、ユーザーにeメール通知で送信することができます。
オンラインで予約を変更する場合はこちら
$modurl

$modurlで、訪問者が変更またはログインを必要とせずに予定を削除することを可能にするトークンが含まれているリンクを生成します。
ログインせずに予定を作成することを可能にする場合に特に便利です。

"From" アドレス

レイアウト設定からは、'差出人:'のアドレスをお客様自身のeメールアドレスに変更することができます。
スパム防止のため、インターネット上の技術規約に従いResent-From: saasというヘッダがeメールに追加されますが、
このヘッダは受信者には通常見えません。
お客様自身がカスタムドメインを設定してアカウントと関連付けた場合を除き、
eメールメッセージに含められるリンクにはsaasという文字列が追加されます。

ご注意いただきたいのは、メールのプロバイダーは、送信者と受領者が同一の場合受領しません。
問題発生を避けるために、発信元のアドレスか、確認に使うアドレスのどちらかに、他のドメインのアドレスを使うと良いでしょう。
Fromアドレスから第三者がによる不正利用を回避するために、独自のメールサーバーを経由してメールを送信することができます。 メールヘッダからSuperSaaSであることを隠したい場合にも役立ちます。

SMSのカスタマイズ

SMS GatewayページからSMSリマインダーの初期値に、テキストを追加することもできます。

リマインダーの初期値
Reminder: <appointment title> on <date and time>

最初に挿入されたフィールドは、予約の題名に表示され、2個目のフィールドは予約の日程と時間が表示されます。
例えば、ヨガ教室のリマインダーは、このようになります。

Reminder: Yoga (Briana) on 10/10/2016 18:00

SMS通知の詳細情報は認証と通知をご参照下さい。