ドキュメンテーション
印刷ページ

一般設定

日付や時刻の表示形式、既定のタイムゾーンの変更はアカウント全体に対して適用することができます。
設定はアカウントの管理画面(ダッシュボード)右側、レイアウト設定から行います。

利用者(ユーザー)の呼称

利用者を何と呼びますか?で表示する利用者の呼称を指定することができます。
例えば、 生徒を選択した場合、全てのダイアログボックス、ヘルプページ、メール、そしてシステムのメッセージは、利用者を「生徒」と呼びます。
これはアカウント全体の設定になり、アカウント内にあるすべてのスケジュールに適応されます。

単語を指定する (その他:       )を選択する場合、入力された単語は単数形として認識されます。
SuperSaaSシステムは状況に合わせて、自動的に単語を複数形に変換します。
英語の複数形を主に対象としていますので、他の言語では誤変換される可能性があります。
例えば、「会員」と設定した場合、複数形で表示される場合、「会員s」となるでしょう。
この場合は、カンマで区切った単数形と複数形の両方を入力することで、自動変換せずに単語を指定することができます。
「会員」であれば、会員,会員ら、もしくは複数形も変えずに会員,会員などでいかがでしょうか。
単語を指定した場合、その用法に語弊がないか十分にご確認ください。

カンマで区切る単数形と複数形の指定は、他の同様の呼称を指定する箇所でも指定が可能である場合があります。
たとえば、定員用スケジュールの「スロット」の呼称設定などです。

地域設定

地域の設定はスケジュールに使用する日付と時刻の表示形式や週の最初とする曜日を指定することができます。
たとえば、週の始めを土曜日に設定すれば、カレンダーの一番の左の列は土曜日とすることが可能です。

タイムゾーン設定

まず最初に、アカウントのタイムゾーンが正しく設定されていることを確認してください。
管理者とログインしていないユーザーにはこのゾーンの時間が表示されます。

ユーザーの設定タイムゾーンを表示する を選択すると、各ユーザーはログイン時にユーザーのタイムゾーン設定が追加され、ページ右上の「ユーザー設定」からタイムゾーンを変更できます。
管理者はユーザーごとのタイムゾーンを、ユーザー管理画面上で設定することも可能です。

タイムゾーンの設定 タイムゾーンの選択

異なるタイムゾーンでの利用

たとえば、タイムゾーンの基本設定がアメリカ東部標準時間に設定されていて、日本のユーザーが自分のタイムゾーンである日本標準時間と設定したとします。
このような場合、スケジュールをクリックした際など両方の時間帯で表示されます。
時間の違いで日付が変わる場合など、日付が追加で表示されます。
この処理は、全ての確認メールとリマインダーでも行われ、文面に2つの時間が表示されます。

さらに、複数日数に渡る予約が夏時間から始まり、夏時間終了後に終わる場合など、複数のタイムゾーンにまたがる場合でも各時間帯の隣にタイムゾーン名が表示され、正しく処理が行われます。
システムは全てのユーザーの場所とタイムゾーンの時差、夏時間適用期間を計算することが可能です。

時間の二重表示 日付を含めた二重表示
カレンダー上の時間はベースとなるタイムゾーンが表示されます。
異なるタイムゾーン表示は管理者のタイムゾーンと異なるタイムゾーンを利用しているユーザーで利用されます。
およそ一般的なシステムはベースのタイムゾーンか、あるいはユーザーのタイムゾーンの単一の表示です。
2つの時間を表示し、整合性を持って計算することのできる機能はSuperSaaSの特徴の一つです。
他カレンダーとの同期も参考ください。
iCalやgoogleカレンダー、タイムゾーンの設定が参照できます。