ドキュメンテーション
印刷ページ

範囲と割合の調整について

スケジュールは異なる表示形式を提供しています。
週毎、月毎、や利用可能な予約枠のリスト表示等。
あなたは柔軟に表示形式を編集出来ます。

ビュー

デフォルトではデスクトップのユーザーは5つのビューが使用可能です。
月、週、日、項目そして利用可能時間です。
これらはスケジュールの明るい青のタブに表示されます。
これらがスケジュール上で必要なければ関係するチェックボックスのチェックを外し隠すことも可能です。
デフォルトのビューも選べます。スケジュールを開いた時に表示されるものです。

Available views

月間表示のミニカレンダーは非表示に出来ます。月間表示のミニカレンダーを非表示

URLの最後に、?view=month (または dayweekなど) を加えることにより配置を特定することができます。
(Preselect a date or viewも参照)
貴方のユーザーに対して見えないように自身で設定している範囲にアクセスする際便利です。

項目ビューのようにリスト化出来るものはどのアポイントの詳細を表示するか指定することが出来ます。
実際にアクティブになっているフィールドだけがリスト化されます。
どのフィールドがアクティブか処理タブで確認出来ます。

Fields to include in list views

携帯ユーザーはスクリーンサイズが小さいため、異なるビューとなります。
月毎、週毎、日毎の範囲を見ることはできませんが、代わりに時間枠や予約の一覧が組み合わせられている小さい1ヵ月カレンダーを見ることができます(スケジュールの種類による)。
次の様にURLをwww.supersaas.comからm.supersaas.comに変更するだけで簡単にモバイルバージョンへと変更出来ます。

縦の長さ

あなたのスケジュールの縦の長さ (高さ)は、スケジュールで表示される期間の長さと、1時間の中に表示されるマス目数とその高さに関連した縦の比率によって決められます。
どちらの要素も、スケジュール環境設定ページにあるレイアウトタブから決めることができます。

Vertical size

表示時間

設定 > レイアウト上でカレンダーの表示時間を編集可能です。
これらは実際の営業時間とは異なる場合があります。
もし深夜等の営業時間外に予約を許可する場合に、及びそのイレギュラーな予約を通常のカレンダーに表示したくない場合等に有用です。

混乱をまねくような表示を避けるため、月ごとの表示の縦の部分は、表示時間外の予約の場合、表示されません。
その代わり、1日ごとのマス目の上部にテキストが表示され、表示されていない予約があることがわかるようになっています。

縦のスケール

縦の長さを決めることで、1日の長さを決められるようになっています。
1週間と1日ごとの表示方法では、1日は時間ごとに分けられており、
30分ごとの間隔で更に1時間を分ける初期設定になっています。
特に短い予約がたくさんある場合、縦の長さを長くすることで、
スケジュールをすっきりと見せることができます。
予約が1日に1つか2つある場合は、小さい縦のメモリのほうが見やすいです。

週と日ごとの表示では、小分け分割の数を変えることにより、高さを増やすことができます。
例えば、20分間隔(3時間毎)、15分間隔 (4時間毎) 、10分間隔 (6時間ごと)などです。
カレンダーが小分けに分割されている方法でのみ、あなた空きのスロットを独立して挿入することができるのでお気を付けください。
1時間を30分の小分け分割にしているスケジュールには、15分間の空きのスロットを4つ挿入することができ、その逆も同じです。
各スロットにどのくらいの情報を入れたいかによって、どのように見栄えを良くするかは変わってきます。
リソーススケジュールはデフォルトで設定され、空きのスロットを挿入できませんが、
環境設定ページのリソースタブ上にある開始時間制限ボックスを使うことで、挿入することができます。