ドキュメンテーション
印刷ページ

予約情報の収集

必要な予約情報をスタンダードフィールドとカスタマイズフィールドを使用して収集する事が出来ます。

スタンダードフィールド

スタンダードフィールドは簡単にユーザーのコンタクト情報を得ることが出来ます。
各フィールドには必須、任意等の条件を個別に設定出来ます。
アスタリスクマーク(*) は必須条件です。

スタンダードフィールド

会員登録時に更なる情報をユーザーから収集したい場合はアクセスコントロール)で設定出来ます。

登録フィールド

e-mailアドレスがユーザーのログイン名として設定されている場合,又予約時にログインが必須の場合はe-mailフィールドは自動で関連付けされておりますので再度ユーザーが予約時に入力する必要がありません。

フィールドのカスタマイズ

標準フィールド及び2つの登録関連の追加テキストフィールドに加えて、カスタマイズ可能なフィールドが更に2つあります。
これらは更にテキストに特化した情報を収集する為に使用可能ですが、あなた自身のユーザーが異なるアドオンを予約用に選択可能にするために使用することもできます。
予約価格はフィールドの内容に依存させて作成することも可能です。

カスタムフィールド

例えば下記例のように、カスタマイズが可能なフィールドは仕出しの昼食の数量を表すのに使用されますが、
これは終日開催されるワークショップ用の会議室を予約する際にも必要です。

カスタムフィールド例

プロモーションを実装するためにカスタマイズ可能なフィールドを使用できます。 (詳細はこちら プロモーションの設定) 合わせて参照ください (予約の設定価格の提示). これらのケースはカスタム情報を収集するために利用できません。

標準およびカスタマイズ可能なフィールドの組み合わせで情報を収集する必要がある場合は、フォームを添付することができます。
フォームは、登録のプロセスに結合することができます。
カスタムフォームの追加を参照してください

Supervisorフィールド

Supervisor項目は、アクセスコントロールの元で設定ができ、利用者は変更できない会員番号などのお店の利用者特有の情報などに使われます。
管理者もしくはスーパーユーザーのみが更新できます。
使い方にもよりますが、この情報を表示しないようにしたり、利用者に表示したりできます。
後者の場合、登録と予約履歴の一部として表示され、予約自体にも表示されます。

Supervisorフィールド

各ユーザーのSupervisorフィールドの編集はユーザーマネジメントページで行えます。

スーパーバイザーテキストフィールドに収まりきらない更なる情報を追加なされたい場合は、カスタムフォームを追加し、これを及びスーパーユーザーのみが閲覧できるように詳細設定することが出来ます。
更に特定のユーザーに対する割引設定はこちら割引設定をご参照下さい。