ドキュメンテーション
印刷ページ

予約の制約を設定

どれだけの予約を作成出来るか等様々な項目についての制約を設定出来ます。

今後の最大予約受付数を制限する事も出来ます。

スケジュールの制約

設定 > リソース (又はサービススケジュールを利用中の場合は設定 > サービス ) スケジュールを利用する際の多様な制約を設定可能です。

各ユーザーの制限

スケジュールタイプではユーザーに対してどれだけの予約が週、月、又は今後にする事が出来るか等の設定が出来ます。
一定期間に受け付ける予約の数を制限したい場合等に有用です。

各ユーザーへの予約数の制限

各スロットの制限

更にユーザーに対して定員制スケジュールにおいて同一ユーザーが各スロットに予約出来る回数等を設定して特定のユーザーが予約枠を埋めてしまうといった行為も防ぐ事が可能です。
"量"のフィールド の数値を変更する事により定員数を簡単に変更出来ます。

各スロットの制限
設定 > プロセスページ内で"量"の部分はご自由に編集可能です。

デフォルトでは定員数がユーザーから閲覧可能ですが、満員か空きがあるかどうかだけ表示するといった事も可能です。

一人のユーザーが一クラスに複数回予約を行う事を許可または禁止する事も出来ます。
例として友人の分も代理として予約したい人がいる場合等

キャンセル待ち

定員制スケジュールではキャンセル待ち機能がありますので定員に達した後は自動的にキャンセル待ちリストへ移動し、キャンセルが出たら先着順で自動で正規リストへ移動します。

オーバーブッキング

キャンセルが出た場合には、ユーザーは自動的に順番待ちリストから昇格するか、あなたが手動で操作するかを選ぶことができます。

デフォルト設定では順番待ちリストに載ったユーザーは、emailで知らせを受けます。
emailで知らせを受けることになった場合、順番が来ると、ユーザーは確定の知らせをemailで受けます。
デフォルトの長さとは別に、最初のオプションでは最短または最長の長さを設定することができます。

ウェイティングリストの機能を有効にすると、追加の設定が表示されます。
この設定は、ウェイティングリスト上に載っている顧客は、予約時ではなく、空きが出て予約が完了した時点で支払をするようにできます。

時間の制限

スケジュールの種類によって、予約時間の長さや予約開始時間を管理するため、いくつかの制限を設けることができます。

予約時間の長さ

定員制スケジュールでは各スロットの長さや定員数も個別に自由に変更可能です。
デフォルトの長さを変更するには設定 > リソースページより行えます。

定員制スケジュールのデフォルトの長さ

予約時間の長さを決めるには、いくつかの方法から選ぶことができます。
リソーススケジュールの場合あなたのニーズにより、利用者が開始時間と終了時間を決める、決まった長さから選ぶ、商品やサービスにより「時間の長さ選択」と呼ばれるドロップダウンメニューより選ぶ、という選択肢があります。

予約の長さ

デフォルトの長さとは別に、最初のオプションでは最短または最長の長さを設定することができます。
更に、 Buffer time フィールドは、2つの連続した予約の間で、ある程度の時間をスケジュールする場合に使われます。
例えば、2つの予約の間に掃除をする時間が必要、というような場合です。

リソーススケジュールのデフォルトの時間

固定オプションを使えば、初期値の長さのフィールドが、ひとつひとつの予約の長さを特定するために使われます。
Buffer time フィールドを使えば、2つの連続した予約の間に、時間を特定することもできます。

3つ目のオプションを選ぶと、新しいテキストエリアが表示され、長さを選択するそれぞれのオプションが別々のラインとして入力されます。
このようなラインは、必要品やサービスなどの短い説明を含み、その後に時:分、もしくは、日:時:分のフォーマットで所要時間が表示されます。
オプションとして、価格を追加できます。(価格の提示を参照ください。)

レングスセレクターを選択
もし、全ての想定される組み合わせのリストを必要としない場合、
利用者が商品やサービスを選ぶことができるカスタムドロップダウンメニューを使うという手もあります。
これは、 プロセス タブで期間選択と一緒に使うことができます。
もし特定の商品やサービスには、特定の所要時間のみが可能である場合は、価格ルールを使い、あるオプションが選択された場合はある長さは不可能にすることができます。

開始時間制限

予約の長さとは別に、ある特定の開始時間からのみ、利用者が予約ができるという方法で、スケジュールを環境設定することもできます。
開始時間を明確に、例えば午前9時、9時半、10時などと指定するか、パターンと呼ばれる方法で設定するかのどちらかです。
*:00, *:20, *:40のパターンは、例えば、毎時と、毎時20分、40分に予約を開始できるようにするものです。

開始時間の制約

開始時間を指定したくない場合、予約はいつでも開始できます。
その場合、端数を丸めた時間になるように設定したほうが良いでしょう。
こうすることで、12時7分や12時23分など中途半端な時間を利用者が予約することを避けられ、他の予約のためにスケジュールを開けておくことができます。
時間端数を丸める機能を開始時間指定機能と一緒に使う場合、終了時間の端数が丸められます。

Round times to the nearest dayを選択すれば、利用者のインターフェイス上は時間と分を省略することができます。
この機能は、時間や分を指定する必要がない、複数の日に渡るイベント、例えば休暇用に別荘を貸す際などに便利です。
更にあなたの営業時間を指定したり、休暇や祝日を追加することで、使用者は制限された時間内のみ予約することができます。
これは管理> 営業日 / 特別日を通して設定できます。

プロセス制限

上で述べたようなスケジュール制限に加え、予約プロセス自体のタイミングを管理するための小さ目の制限もできます。

予約追加と変更

設定> プロセス 経由で、どのくらい前までに予約の変更や取り消しができるか、また予約を追加できるかを決めることができます。

いつ予約を行うことができますか?

もし利用者が1日前にのみ予約ができるようにした場合は、午後2時の予約には、前日の午後2時にならなければ予約ができない、ということにご注意ください。
その代わり、もし翌日の予約は全て可能にしたい場合、 Make entire day available at opening timeを選んでください。