Payment Gateways

SuperSaaSは予約時の課金やポイントの購入等に利用する為にいくつかのpayment gatewaysをサポートしています。
基本的な支払い方法の説明payment tutorialにある様にシステムはPayPalをデフォルトのpayment gatewayとして設定されています。
あなたはマジックワードを利用して他のgatewaysを追加したりデフォルトのgatewayと入れ替える事も可能です。$gateway'支払い設定'ページ 内で"ショップのトップに表示されるメッセージ"を編集可能です。
こちらのページは中上級者向けの説明です。サポートは一切出来かねますのでご注意下さい。

デフォルトのPayPal gatewayをオフ

PayPal gatewayがデフォルトです。 もし違うgatewayを使用する場合はデフォルトのPayPal gatewayをオフにしたいでしょう。 次のコードで可能です。

$gateway{nopaypal}

デフォルトでは管理者のメールアドレスはPayPalアカウントと同一だと認識されています。
システムに対して別のメールアドレスをPayPalアカウントに指定するには以下のコード

$gateway{paypal email@example.com}

マルチプル$gatewayコマンドを利用して複数のgatewaysを適用可能です。
1つ以上のpayment gatewayが存在する場合はユーザーが選択可能です。

Stripe gatewayを使用

詳細などは詳しい内容はStripeのサポートページを確認ください。

Stripeは、各国で登録された100以上の通貨や企業での支払いをサポートしています。
Stripeは、あなたが「支払い設定」画面の設定通貨で顧客の通貨チャージを行います。

すでにストライプアカウントをお持ちの場合は、お使いのStripeのDashboardから「アカウント設定」を開きます。
「APIキー」セクションで、4つのキーを見つけてください。ライブキーはあなたの顧客をチャージするために使用されているために、テストキーは実際の送金せずに支払いをシミュレートするために使用されています。

SuperSaaSでは、次のコードを使えば、簡単にStripeを使用して起動することもできます。

$gateway{stripe sk_test_1234 pk_test_1234 sk_live_1234 pk_live_1234}

あなたのAPIキーを使用して上記の例では、APIキーを交換し、ストライプ、チェックアウト画面上の支払いオプションとして表示されるようになります。

Stripe API Keys

支払いの設定セクションのセットアップ画面上で、「テストモード」に切り替えることによりStripeをテストすることができます。 「テストモード」中でも、すべての現在設定されている支払いプロバイダを切り替えまに注意してください。 最初に成功したテストの支払いを行った後、「テストモード」でのストライプのダッシュボードで確認できます。 支払いが「支払い」セクションに記載されている場合は、「テストモード」をオフに切り替え、「ライブモード」にストライプを使用して起動することができます。

ePay gatewayを使用

ePay は多様な支払い方法をサポートしているDanish payment providerです。 Dankortも含んでいます。
もしePayアカウントを持っているなら ePay gatewayを利用可能です。

$gateway{epay 123456}

ePayより入手したmerchant IDを"123456"と入れ替えます。 更にePayの管理者としてあなたのスケジュールのドメインを追加する必要があります。
ドメインが登録されていない場合はエラーメッセージが表示されます。 セッティング例はこちらです。

"Settings" → "Payment system" → "Domains created for relay-script".

SSLを適用する場合はドメイン名は常に"supersaas.com"になります。
更に予約完了後にリダイレクトする設定をしている場合はそのページのドメインを追加する必要もあります。
1つ以上のドメインを追加する場合はePayサポートに問い合わせする必要があります。
ePayで登録されたドメインのサブドメインを受け付けています。
複数のドメインをePayで登録する方法とは別にスケジュールにサブドメインを作成予約完了したユーザーを送るページについての紹介です。

MD5シークレットキーを適用

secret keyと共にMD5 hash checkをあなたのアカウント上で適用する事をお勧めします。
MD5 hash checkを使用するには次のsyntaxを使用します。

$gateway{epay 123456 secret}

"secret"部分を選択したワードと入れ替えます。ePay管理画面と完全に一致したワードを入力します。

"Settings" → "Payment system" → "Settings for the payment system" → "MD5 key"

secret keysが一致していない場合は予約がゴミ箱へと移動されます。
"Fraud check failed", 支払いが完了した場合でも同様です。

ePayに対するショップ機能の制限

クレジットショップを利用している場合は支払い方法の設定ページにて"Unique orderID" を "Not using Unique orderID"へ変更する必要があるでしょう。
そうでなければ各製品を一度しか販売出来ません。なぜなら製品のIDがオーダーIDと同一だからです。
予約に対して支払いを行う場合order IDは固有の予約番号となります。

ePayセッティング

もし同じePayアカウントを複数の目的に使用したい場合は異なる"window"を作成したいでしょう。ロゴの様な自身のカスタマイズを行いたい場合。
このsyntaxを用いてシステムに異なるwindowを通知する事が可能です。

$gateway{epay 123456 secret 2}, where 2 is the window ID.

instant captureの追加は次の様に行います。
"1" as a fourth parameter

$gateway{epay 123456 secret 1 1}

MD5はwindow IDとして適用可能にする必要があります。window IDはinstant captureを適用可能である必要があります。
window IDについて良く分からない場合は単純に1を使用可能です。

mollie iDeal gatewayを使用する

Logo iDeal, Mister Cash and Bitcoin Mollie はDutch payment providerであり、iDeal payment systemやベルギーのMister Cash systemを利用して支払いを回収する事が可能です。 また、ビットコインとドイツで人気のSofort Banking systemをサポートしています。
あなたはモリーアカウントをお持ちの場合は、次のコードを使用して、ゲートウェイを有効にすることができます

$gateway {mollie test_abc123xyz live_abc123xyz}

「Webサイト・プロファイル」ページでモリーアカウント内にあるAPIキーと例のキーを置き換えます。モリーボタンがインラインフレームの内に動作しません。
iframe内のSuperSaaSを実行したい場合、ボタンがブラウザフレームから「エスケープ」することができるように表示されるページに、JavaScriptを追加する必要があります。
JavaScriptがソースコードボタンを経由して、以下に示すコードを入力することができます (< >)。
このボタンはスケジュールの「レイアウト」タブの「お支払いの設定」ページにあります。

<script> if (window != top) top.location.href = location.href </script>