このチュートリアルにはupdatedバージョンがあります。
Print

チュートリアル:予約システムに課金システムを追加

説明は以下をご覧下さい:

SuperSaaSではクレジットを使ったオンラインでの決済システムを使用することもできます。これはチュートリアルの 高度な支払いオプション で詳しく説明されています。 また電子クーポンコードの機能も使用できます。こちらは クーポンで詳しい説明をご覧下さい。

Paypal(世界で最も大きい支払い業者の1つである)による決済か自身による決済かを選ぶコトができます。 もしあなたが自身による決済を選んだ場合は支払いを受け取った後に、サイト上でそれぞれの予約を承認する必要があります。 一方、PayPalでの決済の場合は支払いが受理されたときに自動で承認されます。 PayPalアカウントは無料で作ることができます。 そして、支払いを行う際、あなたの顧客は、PayPalアカウントを持っている必要はありません。 あなたの顧客は通常の支払いの様にクレジットカードを使って支払うことができます。

基本の予約システムの設置

この参考例では会議の主催者様のための予約システムを作成します。 あなたも同じように他の予約システムをセットアップする場合に、このチュートリアルを活用し作成する事でに大いに参考になることと思います。

スケジュールをまだ設定されていない場合には、"新規スケジュール"ウィザードで作成することができ、あなたを手助けしてくれるいくつかのチュートリアルを使用できます。 この参考例では会議の出席者を多く登録する必要がありますので"定員"タイプのスケジュールを使用します。 この例での手順は、"リソース"タイプのスケジュールとは若干異なります。

まず今回の目的に合うようにデフォルトの設定に変更を加える必要があります。 最初に価格の追加をする必要があります。"設定"ページに行って頂き"リソース" タブを開きます。そして、ページ下部の"価格"項目の"価格のフィールドを“新規スロット”ダイアログに追加"にチェックを入れて新しいスロットを作成するときに使用する任意の金額を入力してください。

次の例は、スロット名を変更します。"スポット名" の項目を"スロット"から"会議"を選択します。 すべてのエラーメッセージやメールでも選択した用語を使うようになります。他にも"レイアウトの設定"ページで"ユーザー"という単語を"参加者"に変更することができます。

New conference dialog

予約画面の作成

次に、画面上部右側の"使用"ボタンをクリックすると会議用のスロットを作成するスケジュールに移動し予約することができます。 一週間の表示は、今回の場合少し細か過ぎると思われるので"月"タブを開き月間のカレンダー表示にします。先程の"設定"画面の"レイアウト"タブでは、あなたの顧客に表示するレイアウトを変更することができます。

Month view

"新規会議"を作る為にカレンダー上の空いているスポットをクリックし詳細を記入し、価格を入力してください。入力した価格が最低でも$ 0.10であることを確認してください。 そうでなければ後で自動決済システムは動作しません。あなたが、"リソース"タイプのスケジュールを使用している場合この手順を実行する必要はありません。

Payment flowchart

自動支払いシステムの設置

支払いのステップを含むようにワークフローのカスタマイズをする為には"設定"画面の"プロセス"タブに移動します。 "支払いや承認を必須としますか?"の項目の"続行する前に支払いを完了してください"にチェックをつけ設定を保存します。 次に支払いの種類を定義する為に"お支払い設定"のページに行きます。 "支払いや承認を必須としますか?"の右側のリンクか、ダッシュボードの画面の右側下部のメニューからページに行けます。 ここでは、ページ上部のゲートウェイモードを'自動 窶骭 PayPal'に切り替えてページを保存します。 "手動"オプションは、支払いを自分で処理する際に使用します。その他の設定は、PayPalのサイト上で行います。

PayPal sign up

PayPalによる自動支払いシステムを設置

SuperSaaSのお支払いは世界最大の決済業者のひとつです。PayPal経由で処理されます クレジットカードの代わりにPayPalを使用して扱うことの利点はあなたと顧客のクレジットカードの詳細をPaypal以外の誰かに見られる心配がない事や あなたの顧客が使用するための設定が自由である事が挙げられます。PayPalは、あなたの受け取る支払いから少しの手数料を請求します。詳細はPaypalのサイトにてご確認下さい。 設定するためのいくつかの簡単な手順を挙げます

顧客が予約を入れるとすぐにあなたのスケジュールに入れられますが支払いが受け取られるまでは保留中としてマークされます。 SuperSaaSはあなたの顧客が当社のサイトとの接続の状況を信頼しません。 あなたの顧客のブラウザの処理が完了していない状態やコンピュータがクラッシュしている等で支払いが完了していない場合は予約を待つことはしません。 SuperSaaSのサーバはPayPalへの別の形で接続されています(暗号化されて)。受領した金額と通貨は、当社の記録と一致していることがチェックされてから予約の確認がされます。 支払いが確認された後にあなたとクライアントに確認のメールが送信されます。 お支払いが何らかの理由で失敗した場合、保留中のご予約は15分後予定表から削除されます。 (支払いがその後された場合その予約は復元されます。)

あなたはPayPalでの支払いに税金を追加することができます。それはチェックアウト時に追加されます。 他にも個々の顧客に割引をする場合は"管理"画面の"ユーザー管理"画面で"-10%"などの割合の設定ができます。 割引は、合計金額で計算されチェックアウト時にのみ適用されます。(クレジットの支払いでは無い場合) あなたの"管理"画面の"アクセスコントロール"画面で有効にすることができます。 そして"ユーザー管理"画面上で個々のユーザのための設定の変更ができます。

自動支払いシステムを試す

"支払いの設定"ページ下部にある"PayPalの設定"の"テストモード"にチェックを入れるとゲートウェイのための"テストモード"の設定ができます。 特別なテスト("サンドボックス")ゲートウェイに任意の支払いをお送りします。しかしあなたは本当はこの設定を使う必要はありません。 なぜならあなたは稼動中のシステム上で予約を行いシステムを何度も試してみる事ができるからです。 しかし、PayPalは、払い戻しの手数料を請求するでしょう。(使用される通貨によって0.30$ 0.35ユーロ) あなたがその責任を回避したい、もしくはより広範なテストを実行したい場合この後のテストのゲートウェイの説明を参照してください。 この方法はシステムを稼動する前にあなたの顧客からの目線で表示内容を見れるとても良いアイデアです。 ユーザの視点からの正確な動作を確認するためにログアウトする必要があることに注意してください。

チェックアウトスクリーン

システムを試してみるために、ユーザーのログインを作成し会議の予約を行います。 もし、予約の過程で支払いページのチェックが表示されない場合いくつかの問題点が考えられます。:

複数のアイテムを購入した場合それは、支払いページで計算して表示されます。しかし、アプリケーションが1つのシステムだけの量を許可している場合は計算が表示されません。 ご予約は、支払いの都度、確認のメールが送信されます。なお、PayPalはあなたが自分自身にお金を送る事を許可しないので、 別のクレジットカードか別のPayPalアカウントを用意する必要があります。 あなたはPayPalアカウントにログインすることができ、チャージを払い戻す事ができます。(2010年8月以来、PayPalの払い戻し手数料があるので注意が必要です)

この金額を払い戻しをした際、数分以内にPayPalを介して予約を削除する必要があります。あなたは"管理"画面に行きスロットの"詳細"の虫眼鏡をクリックことによって ご予約に何が起こったのかを確認する事ができます。そして、削除済みアイテムを表示する"ゴミ箱の表示'オプションでその流れは確認できます。 "Payment indicator"はご予約の削除が返金の為なのかもしくはその他の理由なのかを説明します。 なお、あなたやあなたの顧客がSuperSaaS上で予約をキャンセルされた場合自動的に返金はされません。 しかし、PayPal経由で返金をされた場合、その予約は自動的にSuperSaaSサイト上で取り消されます。

より広範なテストを行う必要がある場合や払い戻し手数料を払いたくない場合テストのゲートウェイを使用することができます。 それにはまずPayPalの developer accountを作成する必要があります。 その後、"development sandbox"内で、受信側と送信側のために偽のPayPalアカウントを作成します。 受信者は、管理者のe-mailとして使用しているメールアドレスが必要です。 あなたが誤って本当のPayPalアカウントでログインしない様にサンドボックスで使用するパスワードとは別のパスワードを選択することをお勧めします。 別のウィンドウで、"developer sandbox"にログインしたままであることを確認し, ゲートウェイモードを'テスト'に切り替えて、SuperSaaSのシステムを試してみてください。 PayPalのサイト上のすべてのアクションは無効になります。e-mailは送信されず、何も支払いは行われません。 対してSuperSaaS上のすべてのアクションは"real(本物)"として扱われます。ご予約の確認メールが送信されます。

Manual approve dialog

支払いの数値を無効にします

あなたは手動での承認プロセスを無効にしたい時があるでしょう。 あなたは、管理者としてログインされていて"承認"や"返還"ボタンが表示されている時、予約の詳細で手動でステータスを編集することができます。 例えば、無料で予約を提供したい場合や別の形で支払いがすまされている場合等に支払いが済み承認したものにマークしたいとします。

支払状況を手動で変更する必要はありません。もしあなたがPayPalを通じての予約の払い戻しをした場合自動的に払い戻しをされ数分後にゴミ箱に移動されます。 もし顧客が自分のパソコンを閉じて自動支払いを放棄した場合は予約は自動で5-10分後にキャンセルされます。 もし支払いが自動タイムアウト後に来た場合、それは自動的にゴミ箱から戻されます。 これは少ないケースですが、この間に別のクライアントが予約をして定員が埋まってしまった場合。 もしそうなった場合はキャンセルされた顧客が予約待ちリストに置かれるか"設定"画面の"リソース"タブにオーバーブッキングと表示されます。

手動の支払いを設定する

手動で支払いを処理する二つの方法があります。一つ目はクレジットカードを使用せずとても簡単です。 あなたの予約スケジュールの予約画面の'承認' ボタンを押した後に支払方法を表示して顧客に支払いをしてもらう方法です。 これは、小切手または銀行振込でのお支払い時に便利です。(多くのヨーロッパ諸国ではクレジットカードの支払いよりも一般的です) 支払方法をチェックアウト時に表示するには、"設定"画面に移動し'レイアウト'タブの ページの下部近くにある'チェックアウトスクリーンに表示されるメッセージ'の箇所に入力します。 ここでは、次のような命令を例として記入してみます"私のアドレスに"私の会社を"○○宛てに振り出された小切手を送ってください" 暗号化せずにインターネットで送られてしまいますのでここにクレジットカード情報の詳細や個人情報などは記入しないようにしてください。 クレジットカードを使った支払い方法がお望みの方は"マニュアルクレジットカード"オプションを利用してください。

クレジットカード情報

"マニュアルクレジットカード" オプションではあなたの顧客のクレジットカードの情報を安全に知るために使用します。 顧客が新しい予約を作成する際にチェックアウトの画面でセキュアサーバー上で安全にクレジットカード情報を入力することができます。 なお、クレジットカード会社はカードのCVCコードを格納するための1つをお店に許可していません。 この画面ではカスタマイズできる点がいくつかあります まずあなたは、"設定"画面の"レイアウト"タブで追加の支払条件や方法を指示することができます。 第2にあなたが受け入れるクレジットカードの種類を選ぶことができます。これは、"お支払い"画面で行うことができます。 また、これらの質問を飛ばしてすべてのカードタイプ選択することもできます。第3に、価格設定情報を無くさないために価格の設定をします カードの種類を指定することの利点はSuperSaaSが記入ミスや数の測定など基本的なチェックが行えることです。 あなたが行うことができない事の一つは決済画面上にカスタムドメイン名を表示する事です。 なぜならブラウザは、安全に適切な証明書を持つサーバーと通信し接続を設定するからです クライアントは、セキュアなサーバに入る時にソフトウェアは自動的にドメインを変更します そしてできるだけ早く支払い画面を去りカスタムドメインに戻されます。

あなたの顧客が、チェックアウト画面上でクレジットカード情報をどのように入力したのでしょうか? セキュリティ上の理由からそれは、メールでクレジットカード情報を送信することはできません。 だから、あなたはその為にサイトに来て取得する必要があります。このプロセスを容易にするには次のように指定することができます。 あなたは、e-mailを受信したい場合"設定"画面の"プロセス"タブで各項目にチェックボックスを入れる必要があります。 このメールは安全なサーバーへの直接のリンクが含まれているのであなたのアカウント名とパスワードでログインする必要があります。 また、この画面上で毎日のデータを受け取ることができます。 このデータは一度に複数人に送ることができます。 クレジットカードの情報を持った予約を表示するには、そのステータスのアイコンの下にあるリンクから表示することができます。 管理者とsuperusersだけはログイン時にこの情報を確認できます。 詳細を表示するにはあなたは'公開する'をクリックする必要があります。この暗号化されたサーバーには、安全にクレジットカード情報を送信することができます。

クレジットカードの支払いプロセスを試す

あなたの顧客が見るのと同じように正確にスケジュールを見るにはログアウトしてあなたのスケジュールのアドレスに移動します。 あなたは予約の際に、あなたのクレジットカードの詳細について確認してください。任意の有効なクレジットカード番号を入力することができます または「4111 1111 1111 1111」の様な偽のビザカードの番号を入力してみて下さい。 あなたはカーソルを移動したときに"Payment authorization pending(保留中の支払いの承認を)"表示する"P"がついている予約を確認できるでしょう。 ユーザーは、'P'のアイコンをクリックして、これらのを表示できるようになります。 管理者としてログアウトして戻って下さい。 あなたは、前と同じ"P"アイコンが表示されます。 しかし、今は予約の詳細を確認した時に"承認"ボタンが使用可能なはずです。 あなたは、承認したくない場合は、単に"削除"ボタンをクリックして削除できます。 もしあなたの考えが変わった場合は、"管理"画面上のゴミ箱に行きます。 (あなたが確認するスロットの横の虫眼鏡のアイコンをクリックします。) それを元に戻すことも可能ですし、その後保留や承認をすることができます。


次のチャプター: 高度な支払設定 | チュートリアルインデックスへ戻る