このチュートリアルにはupdatedバージョンがあります。
Golfer

チュートリアル:チケット、イベント予約システムの作成

このチュートリアルではゴルフトーナメントを例にして進めていきます。 シンプルな参加登録機能としても使えますし、自動キャンセル待ちリストや参加予約時に課金を求める事も可能です。 実際の作成例はこちらへ登録システムへのデモ.

ます初めにスケジュールの作成ウィザードを、右側のメニューの"新規スケジュール"をクリックして起動させます。 いくつかの質問に答えておおまかなスケジュールの基本設定を決めます。 最初の画面の質問で、"定員スケジュール"と"リソーススケジュール"の選択があります。 "定員スケジュール"は一つの予約に複数の人間が予約できます。対して"リソーススケジュール"は1つの予約に 対して一人の人間しか予約できません。 この設定だけは後で変更ができませんので注意してください。

例としてシングルイベントの予約システムを作成して行きましょう。もしイベントをカレンダーから選択したい場合もしくは複数のイベントを分けて運営したい場合はこちらへ‘定員スケジュール’ tutorial

このマニュアルの使用方法

SuperSaaSのスケジュールを設定する方法は通常"作成して試す"この繰り返しです:

  1. ウィザードを使用して基本的なスケジュールを設定します
  2. それが思った通りに機能しているか試してみてください
  3. 満足行く結果になっていなければ設定を変更してstep2に戻ってください
  4. 満足いったならばあなたのウェブサイトにスケジュールのリンクを張ってください

このマニュアルでは、この基本的なパターンに従っていきますが、テーマによっては当てはまらないこともあるでしょう。 下部にある'次のリンク'へアクセスすると、自分が作成したいテーマにあったチュートリアルを参考に進めていけるでしょう。チュートリアルインデックス.

まだアカウントをお持ちでない場合はSuperSaaSウェブサイト上でアカウントを作成しましょう。有効なe-mailアドレスがあれば無料で作成できます。ダッシュボードページに移動するにはログインページであなたのアカウントを入力してログインしてください。ダッシュボードページに表示される前にすでに別のスケジュールを作成している場合以外は、空白になっているはずです。

ウィザードを使用して基本的なスケジュールを設定します

まず初めにスケジュールの作成ウィザードを、右側のメニューの"新規スケジュール"をクリックして起動させます。いくつかの質問に答えておおまかなスケジュールの基本設定を決めます。最初の画面の質問で、"定員スケジュール"と"リソーススケジュール"の選択があります。"定員スケジュール"は一つの予約に複数の人間が予約できます。対して"リソーススケジュール"は1つの予約に対して一人の人間しか予約できません。この設定だけは後で変更ができませんので注意してください。

今回の例では、複数の人が私たちのイベントに出席する事を想定していますので"定員"タイプのスケジュールを使用します。 もし各スロットに一人の予約者のみを受付けたい場合はこちらへ ‘リソーススケジュール’ tutorial.

‘次へ’をクリックして step 2へ移動します。 スケジュールにタイトルを付けましょう。 ‘次へ’をクリックしstep 2に進み スケジュールの名前を決めます。シンプルに“schedule”でも構いませんがURLとアカウント名に使用される物になりますのでもう少し分かりやすい方が適切でしょう。例としてここでは“ゴルフトーナメント”と名づけます。‘次のステップへ’をクリック.

step 3ではイベントに参加できる人数を設定します。ここでは定員を少なくして簡単にキャンセル待ちへ移動出来る様に設定しています。また自動的にキャンセル待ちへ移動するオプションにチェックします。 設定は'無制限'も可能です。 今回の設定では時間を4時間に設定してあります。 下の方のオプションに "これはシングルイベントに対してだけのサインアップシートです"にチェックします。 “終了”ボタンをクリックして今すぐ空のスケジュールを見てみましょう。

Menu Box

基本機能を試す

スケジュールを試すには青い‘使用’ボタンをクリックします。画面右上にあります。 管理者としてログインした場合のみ表示されます。 通常のユーザーも同じスケジュールが閲覧出来ますがオプションは少し変わります。 また画面右上のダッシュボードボタンでいつでもダッシュボード画面に戻る事が可能です。 他の選択肢としてブラウザーにブックマークしておくのも良いでしょう。

空のスケジュール 最初に作成した時はスケジュールは空になっています。 設定項目には多様な機能を備えていますが、まずは基本的な機能から試してみましょう。

あなたは現在基本的な機能のアポイントメント予約システムを使用しています。 まず最初に空のスロットを作成してみましょう。スロットにはどの人間によって作成されたかの情報を含む事が出来ます。 予約を作成したい場所をクリックすると'新規スロットの作成'ダイアログが表示されます。 ダイアログボックスが不便な場所に表示された時はドラッグアンドドロップで好きな場所へ移動してください。 新規スロットダイアログ 新規スロットに‘タイトル’を付けスロットの概要等も入力出来ます。 スケジュール上部に画像等を加える事も可能です。

設定の変更

Simplified view

このウィザードでは非常に多くのスケジュールに関する設定を行う事が出来ます。 いくつものイベントを作成している場合、それらをすぐに切り替えることができます。 ‘設定’ボタンをクリックすると様々なオプションや要約が表示されます。 このページではスケジュールの一時的なブロックやスケジュールの削除が可能です。 このページではまた"スケジュールの上部に表示されるメッセージ"に HTMLでテキストを入力したり、イベントの詳細を詳しく伝える為のリンクを加える事も可能です。 保存して'使用'ボタンをクリックします。 ‘新規予約’をクリックして予約をしてみましょう。 デフォルトでは予約時に名前しか尋ねませんが変更可能です。詳細はこちらからご覧下さいワークフローのカスタマイズ.

ここでは、設定画面に戻って、"リソース"タブの詳細の説明をします。 他のタブについては他の章で詳しく解説します。

リソースタブ

'定員'スケジュールのリソースタブについて

リソースタブの表示内容は‘リソース’タイプのスケジュールと‘定員’タイプのスケジュールの選択により異なります。 最初のオプションでデフォルトの‘スロット’ と ‘予約’の名前を変更可能です。 変更した名前はエラーメッセージ、 確認用e-mail、help等でも同様に表示されます。 ‘ユーザー’から‘参加者’への変更等が即座に可能です。 もしスロット名を"トーナメント"に変更する場合、単数形で入力すると、それを適切な複数形に変換されます。(英語での表記の場合に限ります) なお"singular,plural"などのカスタム用語を入力すると、デフォルトに複数形を上書きすることができます。

更にリソースタブのページでは定員の数を設定出来ます。 最初のフィールドにはデフォルトの定員数“何人がイベントに参加可能か?” もしイベント毎に参加者の数を変更したい場合は作成時に入力して下さい。 0を入力すると無制限の意味になります。 次は1人の人間が1つの予約でいくつの予約が可能かについてです。 この値を1以外にセットするとユーザーインターフェースの予約数が変化します。 このイベントでは1にセットしてあります。 もしイベント参加にチケットを購入する必要がある設定にする時は複数の購入も可能にしておくほうが適切かもしれません。 最後に同一人物が一つのイベントに2度登録できるかです。 システムが‘同一人物’かを判断する唯一の材料はログイン名からです。 もし自身でログイン名を作成する事を許可している場合は2つ目からのログイン名によりシステムは見分ける事が出来ません。 (もしくは匿名での予約を許可している場合)

次はスロットが定員まで達した場合にどうするかを設定します。 選択としては予約を拒否するか、もしくはキャンセル待ちリストを作成するかを選べます。 キャンセル待ちリストの機能は非常に洗練されています。それぞれのイベントにキャンセル待ちリストを作成でき、キャンセル待ちリストへ誰が何番目に予約したか等を記憶します。 自動配置の設定にしている場合、誰かがキャンセルすると自動的にキャンセル待ちリストの先頭の人間が予約リストに加わります。 "プロセス "タブにより上記の事が起きた場合、e-mailで通知するか等の設定が可能です。 一人の人間に複数予約を可能にしている場合はもっと複雑になります。 "同一ユーザーが同時に一つのスロットへ何回予約が可能か?" "予約数" フィールドは予約数を入力します。("quantity"の表記は"プロセス"タブの"カスタマイズ"リンクから"座席数"等自由に変更できます。変更画面は"プロセス"タブの"Customize"のリンクから行けます。) また上記にあるキャンセル待ちリストを自動配置での設定にしている場合プロセスタブでの時間設定に従いますので注意してください。 管理者としてあなたは定員に達していても予約を設定する事が可能です。 また予約可能は何日前まで可能か等の時間制限を設けてる場合は自動配置の設定は作動しません。

‘リソース’タグの‘場所’の項目にチェックすると、新規ダイアログに場所の詳細を加える事ができます 複数のクラスがある場合に効果的です。 OutlookやGoogleカレンダーに同期してる際には同様に変更されます。

‘価格’フィールドでは予約をするユーザーに対しての課金をする事が出来ます。 "価格の設定"ボタンから価格に関する詳細なルールの設定が可能です。例としてはランチを取る場合、価格を上乗せするなどができます。 詳細はこちら 価格のチュートリアル. ‘時間’設定により各スロットのカレンダーの表示時間を変える事が可能です。 一日貸切タイプなどのスケジュールでは時間設定を1日単位にすると良いでしょう。 '利用可能日時'の変更は別の画面上で行われます。そこでの変更は単に、スケジュールのカラーリングが変更されるだけです。 例えばあなたは、日曜日を休みにすると予約カレンダーの日曜日の色が変更されます。日曜日にイベントを追加することを妨げられる訳ではありません


次のチャプター: スケジュールへのコントロールアクセス | チュートリアルインデックスへ戻る