ドキュメンテーション
印刷ページ

他のカレンダーとの同期化

このページで説明する機能は、有料版の定期契約者が対象であることに注意してください。
SuperSaaS管理画面内の同期ページに試用開始ボタンがありますので定期契約前に実際の動作を試す事が出来ます。
同期に関してこのページで提供している説明以外にサポートする事は出来ませんのでご注意下さい。

SuperSaaSは他のカレンダープログラムに接続するために様々な方法を提供しています。
Googleカレンダーに予定の入っている時間帯をSuperSaaSスケジュールで予定ありとして表示させたり、SuperSaaSスケジュールの予約をOutlookの予定表に表示させることができます。

Googleカレンダーから予定を読み込んだSuperSaaSスケジュール画面
SuperSaaSスケジュールから予約を読み込んだGoogleカレンダー画面

他のカレンダーで予定のある時間帯をSuperSaaSスケジュールに予定ありとして表示する

SuperSaaSが予定の情報を取得できるのはGoogleカレンダーからのみです。
Outlookの予定表の情報をSuperSaaSに反映させたい場合は、まずOutlookとGoogleカレンダーを同期させる必要があります。

Googleカレンダーから予定の情報を読み込む

GoogleカレンダーをSuperSaaSのスケジュールにリンクすると、Googleカレンダーに予定が入っている時間帯が、SuperSaaSスケジュールに利用できない時間帯として表示されます。予定の内容までは表示されず予定の有無のみが表示されるため、意図せずに個人的な予定の内容が公開されることはありません。

この方法は複雑な営業時間を設定したい場合に便利です。
Googleカレンダーでは複雑な条件で予定の繰り返しを設定できるため、思い通りに営業時間を設定することができます。

Googleカレンダーと同期するには以下の手順を実行します。

  1. Googleカレンダーで、同期したいカレンダーのメニューからこのカレンダーを共有をクリックします。
    Click on share
  2. このカレンダーを一般公開するおよび、 予定の時間枠だけを一般に公開にチェックを入れ、保存をクリックします。
  3. カレンダーメニューからカレンダー設定を選択し、カレンダーの情報を表示します。カレンダーのアドレス項目にカレンダーIDが表示されているので、コピーします。カレンダーがひとつしかない場合は、メールアドレスがそのままカレンダーIDとなっています。
    Google Calendar ID
  4. SuperSaaSのダッシュボード上で、同期するスケジュールの管理 > 同期タブへ移動し、カレンダーIDを記入します。
    Googleカレンダーで予定有りとなっている時間帯であっても、管理者には予約を作成できるようにしたい場合は、 superusersと管理者は全ての時間に予約を作成できますオプションをチェックしてください。
    変更を保存ボタンを押すと接続可能かどうかがチェックされ、ページ上部に結果が表示されます。

Googleカレンダーとの同期が設定されると、Googleカレンダーの予定の情報は自動的にSuperSaaSスケジュールに反映されます。 同期が行われるタイミングは、誰かがSuperSaaSスケジュールを利用した際に、Googleカレンダーの情報が15分以上古くなっていた場合に、SuperSaaSはGoogleカレンダーをチェックしにいきます。

Googleカレンダーに予定を入れたいが、SuperSaaSのスケジュールでは予定が入っていると表示されたくない場合は、Googleカレンダーの予定の編集画面から、外部向け表示予定なしに設定してください。
予定なしを選択するとSuperSaaSスケジュールにはその予定が表示されません。

トラブルシューティング

手順通りに行っても同期されない場合は、GoogleカレンダーとSuperSaaS両方において、タイムゾーンが正しく設定されていることを確認して下さい。両方のカレンダーでタイムゾーンは必ずしも合っている必要はありませんが、タイムゾーンが異なる場合には適した時間に変換されるため、そのような変換が意図したものであることを確認する必要があります。

Outlookから予定の情報を読み込む

Outlookの予定の情報をSuperSaaSに読み込ませるには、まず、OutlookとGoogleカレンダーを同期させる必要があります。Googleカレンダーは橋渡しとして使用するだけですので、普段の予定の管理をGoogleカレンダーに移行する必要はありません。

OutlookとGoogleカレンダーの同期には以下のプログラムが利用可能です。

Outlookの予定表とGoogleカレンダーを同期させるだけで充分です。コンタクト(住所録)やタスクを同期する必要はありません。

OutlookとGoogleカレンダーの同期の設定が終わったら、前述の手順でSuperSaaSスケジュールとGoogleカレンダーの間で同期をセットアップしてください。
同期が完了すると、Outlookで予定が入っている時間帯がSuperSaaSのスケジュール上で予定ありとして表示されます。

SuperSaaSスケジュールを他のプログラムに公開

SuperSaaSではスケジュールを業界標準のiCalフォーマットで公開することができます。これは、Microsoft Outlook、Apple社のiCal、Googleカレンダーなどで購読登録することができます。
登録するとSuperSaaSスケジュールの変更が、Outlook等の予定表に反映されます。
ただし予約を見ることができるだけで編集することはできません。
携帯端末でも同様に予約を表示することができますが、SuperSaaSのモバイル版(m.supersaas.com) を利用すれば予約を編集できるのでお勧めします。

他のカレンダープログラムでSuperSaaSスケジュールのiCal購読登録を行うには、SuperSaaSのダッシュボードから管理 > 同期タブを開き、記載されているWebCalリンクをカレンダープログラムに登録します。
登録手順はカレンダープログラムによって異なりますが、Googleカレンダーの場合は、Googleカレンダーの左側のパネルの他のカレンダーのメニューからURLで追加を選択し、WebCalリンクを記入すれば登録できます。

Choose Add by URL Insert address
Googleカレンダーでは情報更新に数時間かかる場合があります。
Outlookの場合は、初期設定なら15分程度で更新されます。
iCalインターフェースで提供される予約の詳細には限りがあり、同期される情報は予約の詳細やスケジュールタイプ等により異なり、残念ながら私共でコントロール出来る事ではありませんのでご注意下さい。

SuperSaaSのスケジュールのiCal購読登録が完了したカレンダープログラムでは、SuperSaaSの予定と他の予定は区別されて表示されます。
Googleカレンダーでは、他のカレンダーに表示されます。
SuperSaaSのスケジュールを表示させたくなくなった場合は、他の予定の影響を与えることなく簡単にSuperSaaSの予定だけを消去することもできます。

カレンダープログラムを使用してSuperSaaSカレンダーから予定をマージしたい場合は、それらを介してのSupervise > Downloadおよびカレンダープログラムにそれらをアップロードすることができます。
その場合には予定を自動的に更新することができません。
たとえば、SuperSaaSシステムが自動的に小さなiCalの添付ファイル付きの選任が行われるたびに、確認メールを送信させるなどです。
電子メールの確認にマジックワードの$icalを含めることiCalの添付ファイルを追加することができます。

データが更新される頻度は各カレンダープログラムに依存します。
iCalプロトコルはカレンダーの更新を伝えるには非効率で、毎回カレンダーの全データを送信しなければなりません。そのため各カレンダープログラムはそんなに高頻度で更新のチェックを行いません。 また送信可能なデータ種別も限られているため、SuperSaaS上で設定したカスタムフィールドも送信されません。

あなたがプログラマーでしたら、SuperSaaS APIを使用してこれらの制限を回避することができます。
インターフェースを構築する必要がありますが、効率は良いでしょう。

iCalプロトコルは認証手段を提供していないため、webcalリンクさえわかれば誰でもアクセスすることができてしまいます。
iCalによるアクセスを無効にしたい場合は、設定 > アクセスタブの下部付近の OutlookやGoogleカレンダーなどのカレンダープログラムでのアクセスをブロックします。にチェックします。
この設定をした場合、自分自身もiCalを利用した同期は利用できなくなることにご注意ください。