ドキュメンテーション
印刷ページ

outolook、iCal、Googleカレンダーとの連携

このページで説明する機能は、有料版の利用を前提としています。
無料版をご利用の場合、スケジュールの管理 > 同期から期間限定ですが試用を行うことができますので、有料版への移行前でも実際の動作を試す事ができます。

SuperSaaSと連携できる他サービスは各種ありますが、SuperSaaSサービス外の動作の保証は致しかねます。
このドキュメントとして提供されている内容は掲載時点のものであり、実際と異なる場合がありますことをご留意願います。ここに掲載している内容以上のご案内はサポートしておりません。
また、他サービスの仕様や操作設定はSuperSaaSでサポートできかねますので、詳細はそれぞれのサービスサポートまでお問い合わせください。

Googleカレンダーのスケジュールを同期

GoogleカレンダーをSuperSaaSのスケジュールにリンクすることで、Googleカレンダーの予定をSuperSaaSのスケジュールに同期できます。
Googleカレンダーで登録されている予定がSuperSaaS上で既予約の時間帯として同期します。

この方法は複雑な営業時間を設定したい場合に有効です。
Googleカレンダーでは複雑な条件で予定の繰り返しを設定できるため、SuperSaaSの機能だけでは実現できない複雑な予約可能の時間帯設定が期待できます。

Googleカレンダーのスケジュール同期方法

連携にあたり、対象となるGoogleカレンダーIDと、対象となるカレンダーが共有(時間枠のみ一般公開)されている必要があります。
Googleカレンダーにログインし、GoogleカレンダーIDとカレンダーの共有の設定を確認ください。

SuperSaaSにログインし、スケジュールの管理 > 同期にある、同期の利用可能状況カレンダーのアドレスを入力して下さい。にGoogleカレンダーIDを入力して変更を保存ボタンで連携が実行されます。

インターネットでの公開設定

Googleカレンダーとの同期が設定されると、Googleカレンダーの予定情報が自動的にSuperSaaSスケジュールに反映されます。
同期はSuperSaaSがGoogleカレンダーに対して行います。
SuperSaaSのスケジュールが利用されるタイミングで、Googleカレンダーの情報がチェックされ、その情報が15分以上古くなっていた場合にGoogleカレンダーの予定情報が読み込まれて同期します。

Googleカレンダーに設定されている予定の外部向け表示予定なしに設定されている場合、SuperSaaSスケジュールにはその予定が表示されません。
こちらの設定を利用して、SuperSaaSへ反映しない予定をGoogleカレンダーに登録することができます。

注意点

同期にあたり、GoogleカレンダーとSuperSaaSのタイムゾーンが正しく設定されている必要があります。
両方のカレンダーでタイムゾーンが必ずしも同じである必要はありませんが、タイムゾーンが異なる場合には適した時間に変換されるため、意図しない連携となる場合があります。

Outlookから予定を同期する

Outlookの予定情報をSuperSaaSに読み込ませるには、OutlookとGoogleカレンダーを同期させる必要があります。
Googleカレンダーは橋渡しとして使用するだけですので、普段の予定の管理をGoogleカレンダーに移行する必要はありません。

OutlookとGoogleカレンダーの同期方法は各種あり、一例ですが、以下のプログラムなどを参考ください。

Outlookの予定表とGoogleカレンダーを同期が目的であり、コンタクト(住所録)やタスクを同期する必要はありません。

Outlookと同期したGoogleカレンダーに対して前述の方法で、GoogleカレンダーIDを用いてSuperSaaSから同期の設定を行なってください。
同期が完了すると、Outlookに予定が入っている時間帯が、Googleカレンダーを介してSuperSaaSのスケジュールに反映されます。

SuperSaaSスケジュールを他サービスに公開

SuperSaaSからではなく、他サービスがSuperSaaSを参照する手段として、SuperSaaSではスケジュールを標準的なiCalフォーマットで公開できます。
iCalフォーマットの情報を利用することで、Outlook、iCal、Googleカレンダーなどの他サービスからの参照や動機が期待できます。
他サービスによるiCalフォーマットデータの同期方法は、各サービスのサポートを参照ください。

iCalフォーマットの情報は、スケジュールの管理 > 同期にある、インターネットでの公開にURLリンクとして提供されています。

インターネットでの公開設定

iCalフォーマットの情報はリアルタイムですが、連携がSuperSaaSからではなく、他サービスからとなるため、参照や同期反映のタイミングは他サビースの仕様に準拠します。
また、iCalフォーマットを構成する内容のカスタマイズはできません。

手動となりますが、管理 > ダウンロードから予定情報のエクスポートが可能です。
こちらのエクスポートデータを用いて、他サービスへの連携も考えられます。
また、技術者であれば、SuperSaaSAPIの活用も検討できるかもしれません。
iCalフォーマット情報は提供されるURLから誰でもアクセス可能です。
設定 > アクセスにある、スケジュールはwebcalを通してアクセスすることができますか?でアクセスの可否を設定できます。
連携参照ができなくなりますが、iCalフォーマット情報へのアクセスをブロックすることができます。