SuperSaaS海外市場コラム

英語、中国語対応オンライン予約システムでシンガポールへ進出

資源も人口も少ない小国でありながら、高い経済成長に成功し、世界でも最も裕福な国の一つとして有名なシンガポール。
物価、給与の高さはアジアでは香港と並んでトップクラスであり、世界的に見ても北欧と共に高ランクに位置しています。
税制優遇策や徹底した開放経済によって世界中から富裕層の移住者及び企業誘致に成功しており、ビジネス環境の透明さと効率性が非常に高い評価を得ており、その地理性を活かし、物流拠点としても成長し、輸出産業も発展しています。また資源輸入国であるリスクを低減する為、水の再処理技術などが高度に発展しており、水再処理技術輸出も産業に大きく寄与しています。特に水が少ないシンガポールでは国土の多くを貯水池が占め、多くの水はマレーシアのジョホールバルからの輸入に頼っているため、水問題が国家のアキレス腱でもありましたが、水処理技術の向上やマレーシアとのジョホールバルへの共同投資など両国の関係性も改善し、今後更なる飛躍が見込まれます。シンガポールが持つ優位性は多く存在しますが、その中でも世界空港ランキングで首位の座を長年キープしているチャンギ国際空港が挙げられます。
実際何度もチャンギ国際空港を利用していますが、空港から市内間及びターミナル間のアクセスも良く、空港内も清潔でビジネスラウンジの様な豪華さを誇っている為、フライトの待ち時間が全く苦痛になりません。世界空港トップに関して何の異論もありません、恐らく今後も最高評価の空港としてその評価を更に高めるでしょう。
市内環境も東京同様完璧に整備されており、車所有に関する規制により交通渋滞が防がれている為、外国人旅行者にとっても移動がしやすい都市づくりになっています。日本との貿易も活発であり、日系の飲食産業がシンガポールに多く進出しており、高収入を誇るシンガポールは日本企業にとってその質の高い製品及び食品の価値に適正な対価を支払ってくれる有望市場だと言えるでしょう。
シンガポールから沖縄へもLCCの直行便が運行しており、シンガポール国民、及び富裕層の移住者を沖縄をゲートウェイとして日本観光市場に誘致する事が消費単価の向上に大きく寄与する事が予想されます。現在シンガポールは高度な医療技術、バイオ技術を駆使し世界中から富裕層の招くメディカルツーリズム市場が活況しており、地理的にもアジア各国のみならず、イスラム圏など多様な地域から高い医療の評価を得ています。
IRリゾートで有名なマリーナベイサンズをはじめ、観光産業にも力を入れているシンガポールでは、英語が公用語として利用可能な為、多言語予約システムのSuperSaaSの導入企業が一層増加する事が予想されます。
事実、シンガポール内でのSuperSaaS利用企業数がマレーシアと共に増加しています。多民族国家ですが中華系が多くの割合を占めており、英語と中国語が流暢に皆使用可能です。
SuperSaaSは英語は管理画面含め完全対応、中国語は予約画面で提供しておりますので、シンガポールでの進出企業及び日本国内の観光産業どちらの用途にも対応可能でしょう。