多言語予約システムの導入でスポーツツーリズム市場を活性化

スポーツツーリズム市場

近年体験型ツーリズムが脚光を浴びている中、スポーツツーリズムとして有名な例で言えば各地域で開催されるマラソン大会などが考えられます。
日本では毎月各地でマラソン大会が開催され、市民ランナーの多さから考えてもマラソン大国と言えるでしょう。
スポーツシューズ以外のものはほぼ持参する必要がないので、荷物が多くなりがちな海外旅行の際にも不便はほぼありません。
そうした点も海外都市でのマラソンへの参加者が多い理由の一つだと言えます。
日本でのマラソンの人気も際立っていますが、台湾、中国、韓国、香港、タイなど他のアジア諸国でもマラソン大会の人気は高く、特に、中国の大都市で開催されているマラソン大会は、ほぼ抽選方法が採用されており、更に申し込み期間は1週間か2週間しかないため、参加だけでもハードルが高いほど人気があります。
大会期間中は少なくとも数百から数千、他県又は海外から参加者が訪問する為、地域にもたらされる経済波及効果は非常に大きいでしょう。
当然大会参加を機に、地域を気に入れば口コミでの拡大や再訪問も大いに見込める為、地域の宣伝効果としてもスポーツツーリズムは作用します。
日本は主要都市以外の地方都市でも空港や公共交通機関のインフラが完全に整備されており、都市間における利便性の差異が非常に少ない利点があり、更に地方都市の自然環境はスポーツツーリズムの大きな特性としてアドバンテージになり得る為、温泉などの観光資源と絡めて今後スポーツツーリズムが拡大するでしょう。

スポーツイベントの参加予約受付管理に多言語予約システムを活用

大会の参加方法は、各種スポーツポータルサイトで大会を検索してそのまま予約するのが多くのランナーが選択する手段となっています。
また各種大会運営事務局のホームページでも参加受付をしている事を良く見かけますが、大体通常の問い合わせフォームを編集した作りになっている為、数百、数千それ以上の参加者の申請を通常のフォームで処理するのは大変であるのは容易に想像がつきます。
またスポーツイベントにおいてキャンセル待ちの導入は極めて重要だと言えるでしょう。
参加人数が数千、数万人規模となるスポーツイベント等ではキャンセル者は必ず一定数出るのが通常です。
その際、一部大会ではキャンセル時期に応じた返金を認めている場合もありますが、やはり人数が多ければその作業も膨大になる為、そうした返金を認めているケースは少数です。
しかし、弊害としてキャンセルによる返金が無い場合はキャンセルの連絡や予約取り消しを自発的に行うユーザーは恐らく稀でありノーショーのケースが多いのではないでしょうか。
仮にいくらかの返金が認められればそのインセンティブによるキャンセル申し込み者が増え、その空いた枠で追加募集を行う事も可能です。
当日エントリーや追加募集時には通常よりも料金をUPするのが通常でしょうし、申込者は値上がりしてもエントリーしたかったイベントや大会に出られるのであれば意に介さない場合も多いでしょう。
その為事業者側は返金により落ちた売上分も新規エントリー者の費用から補填、更には多くの利益を上げられる場合も考えられます。
もちろんケースバイケースですが、システムを利用する事により出来なかった事が可能になる場合もありますので、多様なシーンを想定してシステムを試してみるのが良いかもしれません。
SuperSaaSはキャンセル待ち機能に加えてデポジット機能を搭載している為、任意の設定価格を事前にデポジットとして受け取る事が可能です。