マレー語とインドネシア語の予約システムを提供して訪日観光客数が増加するマレーシア及びインドネシア市場へアクセス

オンライン予約システムSuperSaaSはマレー語とインドネシア語が予約画面で選択可能になりました。

マレー語の予約提供でマレーシアからのインバウンド市場を拡大

マレー語が予約画面で選択可能になった為、アジア圏の言語として中国語簡体字、繁体字、韓国語、タイ語、インドネシア語、マレー語が利用可能となりインバウンド需要の主要各国への予約サービスの提供が可能となり、商圏の拡大が見込めます。
世界的に膨大なユーザー数と知名度を誇るPayPal決済を予約スケジュールに簡単に統合可能なため、予約完了時に決済完了を要求することも可能です。決済以降画面含め予約完了までの重要項目は言語変換可能であり、決済前の離脱率減少に寄与するでしょう。
マレー語はマレーシアだけでなくお隣の資源大国であり世界有数のリッチな国ブルネイでも使用されています。
お隣と言ってもマレーシアのボルネオ、クチンやミリを擁するサラワク州と陸続きなので非常に近いです。
非常にリッチな国故に物価は高いと評判ですが治安の良さも定評があり、英語の通用度も非常に高く、日本としては是非観光や投資を呼び込みたい国のひとつです。

有望なマレーシア市場

バンコクと並んでその立地的優位性からクアラルンプール空港がハブ空港として非常に有名であり、日本人のリタイア層の移住先としても同じくタイ同様常に上位に位置しています。
マレーシアは多民族国家として有名であり、多言語、特に基本的に英語はどこでも通じ、尚且つ中国語も広く利用されている為コミュニケーションストレスがありません、また母国語はマレー語の為、マレー語の予約スケジュールの提供はインバウンド事業にとって利用者拡大の機会が望めるでしょう。
実際にマレー語の予約画面を提供して以降マレーシアでのSuperSaaS利用ユーザー数が急増しており、アジア圏では恐らくトップのユーザー増加数を誇っており、マレー語での予約の提供の重要性が垣間見えます。 現在訪日観光客の大部分を占める、韓国、中国、台湾、香港に加えて、訪日観光ビザ要件の緩和やLCC直行便の就航、経済成長率、膨大な人口等多くの好材料が追い風となりマレーシアとインドネシアの存在は非常に重要になるのは確実です。
巨大な人口を持つこうした需要を取り組むべく日本だけではなく、他のアジア諸国でも、多様な誘致合戦が行われるでしょう。
その中でハラル料理の提供は欠かせない条件の一つであり、こうした条件を備えた飲食店は他競合と比較し大きな優位性を持つことが出来そうです。
実際日本の国内企業の多くは膨大な人口と経済成長期待率を誇るマレーシア及びインドネシア市場の需要を獲得すべく、積極的にハラル料理などニーズに柔軟に沿う計画を打ち出しています。
ハラル料理を提供中の飲食店の検索可能ポータルサイトも登場しており、そうしたポータルへの掲載や店舗へ予約スケジュールを追加する等オンラインマーケティングと経営管理双方の向上に対する戦略が考えられます。
今後もfacebook広告を活用する人が増えていくのではないかと考えています。

莫大な人口を誇るインドネシア市場

マレーシア、インドネシア両国とも若い人たちの中には英語が流暢な人が非常に多いですが、母国語のインドネシア語とマレー語での予約提供はより大きな利便性を訪日観光客へ提供できるでしょう。
何と言っても両国合わせて日本の約2倍ほどの人口を誇る巨大市場であ理、更に今後の経済成長が見込め、日本にとっては是が非でも市場開拓へ向けて取り組みたい両国です。
中国語や韓国語などのアジア圏言語でのサービスを提供している宿泊施設など国内インバウンド業界ではよく見られる光景となっていますが、マレー語とインドネシア語での予約サービス提供事業者は極めて少なく、というよりほとんど無い状態の為、予約画面の選択言語が増えることによって、両国の訪日観光客にサービスを提供する事業者にとって優位性が発揮出来そうです。
そもそも海外において自国の言語でのサービスを提供している事業者に好印象を持つのは誰でも当然のことだと言えます。
他社との差別化を図る面においても、マレー語とインドネシア語は重要な要素となり得るかもしれません。