多言語対応予約システムで多国籍企業の各国間のミーティングスケジュールの調整をより効率的に

多言語機能やタイムゾーン設定機能により、多国籍間の国際的企業の社内ミーティング管理などの調整に予約カレンダーを大いに活用可能

国内外に支店を持つ国際的企業の社内ミーティングを予約システムで管理

多言語、タイムゾーン設定などでグローバル企業の業務効率向上へ

経済のグローバル化により他国に市場調査や開発等の拠点を設置する多国籍企業が大企業のみならず中小規模の企業でも見られる光景となってきました。
オンライン技術がこれだけ普及した現在において、こうした動きは自然であり、今後社内人材含め多国籍化が加速するのはまず間違いないでしょう。
こうした多国籍に事業を展開する会社においてミーティングがオンラインで全く不自由なく可能になっている一方、本社と各支店間では当然時差があり、会議のスケジュール管理に手間がかかる場合が想定されます。
SuperSaaSは多言語予約システムであり、タイムゾーンの設定機能も有している為、時差のあるミーティングのスケジュール調整などに有用です。 またこの予約システムの利点の一つとして作成したスケジュールへのアクセス権を設定しプライベート用にすることも可能です。
一般的には予約スケジュールを公開して一般客や会員等からの予約を受ける為に予約スケジュールを利用する場合が多いですが、 社内会議室の予約などの非公開用途で予約システムを利用するケースも実は非常に多いです。そうしたニーズにも柔軟に設定可能となっています。

ユーザーグループ分け機能やアクセス設定でスケジュールへのアクセス権を多様に設定

一般的には企業がエンドユーザーに対して自社サービスの予約を提供する目的で予約システムを提供するケースが多いと思われるでしょうが、社内間の会議室や機器の管理など社内リソースの管理目的で大企業が予約システムを導入するケースは実に多いです。 ユーザーグループ分け機能により、部署毎のアクセス設定やスケジュールへのアクセスへのパスワード設定など社内リソース管理に適したクローズド用の予約スケジュールへの需要にも柔軟に対応可能です。 また、予約画面のみならず、管理画面においても英語、フランス語、スペイン語などの多様な言語へ変換可能な為、従業員が国際間に跨るグローバル企業においても予約スケジュールの導入が非常に簡易に行えます。

オンライン予約と電子決済の導入により、業務効率向上及びインバウンド予約数の増加を

高まるキャッシュレス需要とオンライン予約

オンライン予約システムと電子決済の提供

日本の現金主義は良く話題に挙がる事が多く、実際に海外の多くの都市へ行かれる方は各国と日本の支払い環境の差に驚く場合が少なからずあると思います。
東欧やバルト三国含め欧州等は公共交通機関のカード支払いは当然として、コーヒーの自販機でさえカード決済可能な場合もある程、カードが社会へ徹底的に普及しています。
その為、スーパー等で大型の札{例1万円や5千円札に相当}する紙幣の支払いは釣銭が無い為支払いを拒否される場合も珍しくありません。
現金の取り扱いを減少または完全に取り除くことで、現金管理から発生する釣銭の用意、レジ業務、売上金の銀行入金、会計業務等の膨大な労働から解放され、建設的な業務に注力が可能になります。
今後間違いなく電子決済は更に普及していくのは明白であり、日本の現金主義も遅かれ早かれこの潮流を追う事になります。
現段階では電子決済の導入が遅れている日本ですが、多くの決済代行業者が続々登場しており、日本は方向性が決まるとその後凄まじいスピードで普及する例があると思いますが、一気に電子決済社会へ移行するでしょう。
こうした海外と日本の決済環境の違いを把握し、外国人観光客の需要へ柔軟にかつ迅速に対応している店舗が他店舗に対して優位性を確保出来るのは至極当然の結果だと言えます。
今後は電子決済業者の競合により、更に決済手数料の低価格化が進むでしょうし、多様な電子決済の提供が優位ではなくほぼ必須になると感じます。
電子決済の導入は各クレジットカード会社と直接導入の契約をするのは審査や労力等多様な面からして現実的ではなくPayPalを含めた決済代行業者の利用が一般的でしょう。
こうした決済代行業者の利用により多様なカードの種類を一元的に扱い可能になり非常に便利です。