SuperSaaSはポーランド語他東欧の複数の言語にも対応

日本からはあまり馴染みの薄い東欧やバルト3国ですが、電子国家エストニアを含め魅力的な国が多く存在します。

電子国家エストニア

Skypeを輩出し、現在最も電子化が進んだ革新的な国家としてバルト3国内のエストニアが挙げられます。
エストニアはフィンランドからフェリー、スウェーデンからも一時間ほどのフライトで到着可能です。 小国ながら政治家や官僚が非常に若く、法人設立からあらゆる法的事務などが電子化されており、世界中の起業家の注目を集めています。 今後どの国も電子化を進める事は確実な為、電子技術にアドバンテージを持つエストニアを他国が追随する形となるでしょう。
又公共交通機関24時間乗り放題などのパスも販売されており、市内を縦横無尽に走るトラムが観光客及び地元民の交通利便性に大きく寄与しています。
近隣のラトビアやリトアニアなどへもラグジュアリーかつ低価格が魅力のバスが運行されており、気軽に他国への訪問も可能となっています。

東欧の真珠と呼ばれるハンガリーの首都ブダペスト、その街の美しさは実際に訪問すると想像を遥かに超える素晴らしさである。

東欧ハンガリーのインバウンド環境

SuperSaaSはハンガリー語にも対応しています。

東欧のハンガリーはヨーロッパの中央に位置し、近年はWizzAirなどんLCCが多く就航している事から中東からのアクセスも良く存在感が増している要注目都市の一つです。
ハンガリーは温泉地としても有名であり、値段は忘れましたが早朝からオープンしている店舗もあり、市内中心部は多くの観光客で活気付いています。
又公共交通機関24時間乗り放題などのパスも販売されており、市内を縦横無尽に走るトラムが観光客及び地元民の交通利便性に大きく寄与しています。
空港で24時間券を購入し、そのままバスと地下鉄で市街地へ行き、中心部はトラムを利用、全てパスで乗り放題なのは観光客への利便性としても非常に優れていると言えます。
又観光に加えて、高い歯科医技術と安価な医療費のために、近隣ヨーロッパの他の国から多くの歯科治療患者を引きつける事に成功しているようです。
シェンゲン圏内なので、出入国手続き不要で行き来出来れば例え航空券代を払っても十分メリットが享受できるという事でしょう。
しかも、欧州のLCCはライアンエアーや WizzAirなど国外便でもほんの数千円の便も多数ある為、歯科治療で海外へ行くという選択肢も十分に合理的な選択となり得ます。
地理や経済規模が違う為単純比較は出来ませんが、海外のインバウンド事例を考察するのも国内事業者にとって有益なヒントになり得る場合もあるでしょう。