SuperSaaS海外市場コラム

ASEAN市場は今後急成長する市場として世界中から注目を集めています。
SuperSaaSの市場シェアは欧米圏が圧倒的大多数を占めており、非常に多くの欧州圏言語に完全対応しておりますが、ASEAN諸国の言語として中国語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、マレー語を予約画面に次々追加しており、実際に同諸国での利用者数が急増しています。

多言語予約システム活用で急成長するASEAN市場へ

急速に成長するASEAN市場

人口6億にも及ぶ巨大経済圏であり、更に若年層が占める割合が高く、今後生産年齢人口の拡大と共に旺盛な消費が内需を索引する事が予想されます。
当然多くの日本企業が日本の激烈な企業間競争で得た技術力と商品力を持って莫大な潜在的経済成長を誇るASEAN市場へ進出しており、政府も長年ODAで多額の援助を行なっており、日本とASEAN諸国の関係性はより高まるでしょう。インフラ整備が増大する経済成長及び人口成長に追いついておらず、深刻な渋滞が発生している地域が多数存在するため、鉄道建設に関するハード面、鉄道運営及びメンテナンスにおけるソフト面、石炭需要増における二酸化炭素排出削減に関する環境技術の提供など、日本企業が活躍できる潜在市場が多く存在します。
ASEAN市場の特徴として、EU圏内であれば各国の都市環境や気候などが相違している面が多く、国境を超えても異国感はEU圏内を移動している限りではほとんど感じません。
しかし、ASEAN諸国は国境が隣接している場合でも、各国の産業構造、都市構造、宗教、文化などまるっきり異なる為多様性に優れています。
LCC路線の拡大により、欧州ほどではないですが、ASEAN各国間のフライト費用が劇的に下がっている昨今、経済的連携は急速に高まっており、ASEAN経済圏の一体化が進んでいます。当然EU圏と比較すれば、経済力は圧倒的にEU圏が突出しており、ASEAN市場が追いつくにはまだまだ年月が必要なのは明らかですが、東欧の一部地域を除いてほとんどの地域が成熟市場に達しているEU圏と比較し、ASEAN諸国は絶対的な成長余地を持っているのが注目を集める理由でしょう。
日本からの製造業などでタイやインドネシアへの進出が多いですが、今後中間層が拡大するASEAN諸国は日本のインバウンド産業にとって無視できない非常に重要な市場となるでしょう。  

移住者及び企業誘致

長期滞在先、移住先として、マレーシアとタイは世界から多くの人々を惹き寄せており、実際に日本からも多くの退職者層、投資家層、経営者層などが移住しているでしょう。
以前は物価の安さも移住先として選ばれる要因の一つでしたが、現在は日本の物価が下落を続けており、近い将来生活コストが逆転する可能性もあり得ます。今後はデフレと円安、インバウンド市場の活況化を背景に、日本へもアジアの富裕層の移住や海外企業の進出が活発化する事が予想されます。
マレーシア、タイ共に長期滞在ビザを提供しており、一定条件を満たす人は長期滞在と可能となります。富裕層の移住者の拡大は地域経済に多くの恩恵をもたらしますが、資産要件を満たす長期滞在者を誘致するには医療制度の充実が不可欠です。
マレーシアとタイの医療制度は非常に高い評判を得ており、メディカルツーリズムとして海外からも多くの診療希望者を惹き寄せています。またヘルスケア市場ではオンライン診療は今後需要が大きく高まりそうです。
病状によっては多様な情報、選択肢、適切な治療を選択する為の知識が重要となる場合があるでしょう。
情報量は言語人口と比例するのでオンライン診療により自国言語外の医師の意見を収集出来れば、より選択肢の幅が広がります。また肉体的にも病院へ通院する事や診察までの待機時間は身体に大きな負荷となりますが、事前予約により、決まった時間に室内から遠隔診療相談が可能であれば利点は多いでしょう。
オンラインであれば、録画ツールを活用して後から医師のアドバイスを再検討も可能であり、翻訳ツールも急速に発展している為、既に言語間の障壁はかなり低くなっています。
有用なツールを活用し、より多くの情報へのアクセスが可能となります。豊かな自然、手頃な物価、充実した医療制度が富裕層誘致に必須である事はこうした例からも判断出来ますが、日本の医療制度、医療の質の高さ、沖縄から北海道まで多様な気候と自然条件、成熟市場によりハイクオリティで安価な製品、世界最高峰の治安など日本はあらゆる条件において世界中から富裕層の移住を引き寄せる事が可能なポテンシャルを持っていると言えるでしょう。

スマートフォン普及率とタクシー配車APPの存在感

アジア圏のスマートフォン普及率は非常に高く、賃金と比較すればかなりの高価格帯に位置するスマホを所持する若者が多い事に驚きます、また年配者でもスマホを当然の様に使いこなしている様子は日本ではほとんど見慣れない光景でしょう。
アジア圏では特に大画面スマホが好まれる傾向がある様で、男女問わず5インチ以上の大型スマホを持つ人が非常に多い印象があります。また交通手段が未発達なアジア圏の移動手段として配車APPはすでにスマホ同様無くてはならない存在になっています。
以前は交通手段がタクシーのみ、更にタクシーの使い勝手が問題であったアジア諸国は海外観光客にとっては最大の悩みの種でしたが、TaxiAppがこうした問題を完璧に解消し、更に地域住民にとってもドライバーとして副業を得る機会が与えられたため地域経済にも貢献する形となっています。

ハラール認証

マレーシア、インドネシアへのビザ緩和により、今後同国からの訪日観光客が大幅に増加することが見込まれます。両国併せて人口3億近く、更に豊富な資源産出国でもあるため、今後経済成長が見込まれる大きなポテンシャルを秘めた地域として世界中から注目されています。
マレーシアは成長戦略としてハラール認証制度を確立しており、ハラール製品の供給のハブとして、より存在感を増すことが見込まれます。インドネシアは人口の大部分をムスリムが占めており、更に小国ながら資源大国の超富裕国であるブルネイも同様です。シンガポールもムスリムが多く、更にマレーシア、インドネシア、ブルネイなどから近い地理的条件もあり、ムスリム向け市場が発達しています。
世界中で多大な人口を誇るムスリムに対するハラール市場は今後も需要が拡大することが見込まれ、日本のインバウンド産業、海外進出企業の多くがハラール制度の認証を得ており、マレーシア進出企業は同地区を供給拠点として中東他海外展開が行われています。
ハラール認証には製品の原材料においてもハラールへの適応が必要なため、企業にとっての負担は当然増えますが、ハラール向けの市場規模の大きさから、認証の取得を検討する企業が増加するでしょう。
日本の中小規模の飲食店でハラールに適応した飲食の提供は中々難しいかもしれませんが、その分他店との差別化が可能になり、また供給の少なさから高価格での提供も可能となるでしょう。
徐々にハラール対応店舗が日本国内で増加すれば、ハラール食品への対応がより効率化され、供給が増え、より多くの訪日ムスリム観光客への提供が可能となりそうです。またインバウンド市場のみならずハラール市場は世界で巨大な市場規模を有するため、アウトバウンドと両面で新たな市場開拓が可能かもしれません。

介護市場

少子高齢化が急速に進むアジアの先進国にとって、外国人介護士需要は激増する事が見込まれ、人口の多いASEAN諸国の介護市場はこうした需要に合わせて急拡大する事が予想されます。
良い人材を育て、確保する為にもASEAN地域へ、多くの海外資本の介護事業の進出が見込まれます。その中でも圧倒的人口規模を誇るインドネシアとフィリピンは先進国の介護市場の拡大に併せてより高い経済成長が到来するでしょう。
アジアの先進国でも高齢化が同時に進む予想ですが、日本は最も早く高齢化に直面している知識と技術力が累積されており、今後介護市場における多様な分野において日本の存在感は増す可能性があります。介護市場の最先端地域として多くの国から日本の介護技術の導入に対する需要が高まりそうです。

メコン経済圏

タイ、ラオス、カンボジア、ミャンマーなどのメコン経済圏は今後の経済成長が大きく期待されており、中国とも国境を接している地理的要因もあり、中国資本の進出は目覚ましく、メコン経済圏のインフラ整備などが急ピッチで進んでいます。
また多くの製造業が進出し工業国としても高い技術を要する国となったタイでは人件費の高騰もあり、今後タイプラスワンとしてタイと隣接するメコン川周辺諸国も注目を集めています。
ミャンマーにはミャンマー初の経済特区としてティラワ経済特区が設定され、日本との関係性がより緊密になっています。更に期間限定で日本人に対しては観光ビザの免除など日本とミャンマーの良好な関係が伺い知れます。
経済発展において、物流整備は不可欠であり、メコン経済圏の経済回廊が急速に整備されており、今後物流インフラの整備に伴い、より同地域間の経済連携および経済成長は高まるでしょう。
以前はシンガポールが海上輸送のハブとして交易の中心でしたが、陸上輸送手段が加わり、物流がより多様化しています。タイは、工業および陸上輸送のハブとして、シンガポールは海上輸送のハブとして今後もその地理的優位性が高まるでしょう。