リセーラー登録は即時認証
自社予約システムとしてSuperSaaSを今日から販売開始できます

パートナーイメージ
Become a reseller
リセーラー登録は無料
クライアントに対する料金設定は自由に決める事が可能です。

リセーラーはリセーラーアカウント内にて各クライアントのアカウントを一元管理可能です。
各クライアントに対しての請求はSuperSaaSからではなく御社から行って頂きます。その為価格は自由に設定して頂く事が可能です。
現在リセーラーは法人のみ受付しております。原則SuperSaaSとリセーラーの各顧客は直接コンタクトを取りません。
リセーラーの各顧客に対するサポートは各リセーラーが直接行う為、サポートを行うに必要なSuperSaaSの操作に関する知識及びWEB関連技術が必須です。
個人の方はアフィリエイトプログラムをご用意しております。

一時的な試用行為を除く、販売目的ではない自身で利用する為のリセーラー行為は、その一切を禁止致します

リセーラーのメリットは?

ビジネスモデルイメージ

パーソナルビジネスモデル

初期設定の代行や、スケジュール作成に関わる様々なサービスの提供が考えられます。

ディスカウントイメージ

20%割引

リセーラーは20%割引でSuperSaaSの定期契約を購入可能です。
登録に費用は一切必要ありませんし、即登録可能です。

価格モデルイメージ

柔軟な価格設定

クライアントによっては初期設定からスケジュールの管理までリセーラーに依頼したいなど、要件に合わせて自由に価格設定できます。

ホワイトラベルイメージ

独自サービスとしてホワイトラベルが可能

SuperSaaS予約システムはホワイトラベルが可能ですので、各クライアントにはSuperSaaSのシステムだと告知する必要はありません。

どの様に各顧客を管理しますか?

再販代理店アカウントは通常1つです。(無料アカウントで問題ありません)
各顧客のアカウント内において各顧客は管理者権限をもつので自分たちでパスワードの変更等が出来て安全です。
再販代理店は各顧客のアカウントへアクセス可能です。 顧客に管理者権限を与える必要がなかったり別のアカウントを作成する必要がない場合もあるかと思いますが、後からアカウントを分ける事が出来ませんのでご注意下さい。

再販代理店アカウントのセットアップ

  1. SuperSaaSのアカウントを用意します
    もしまだSuperSaaSアカウントを作成していない場合は無料版で構いませんので作成して下さい。
    販売代理店用のアカウントととするためで、顧客のアカウントをアップグレードする必要はありません。お望みであれば可能ですが、ホワイトレーベルとしての利点を失うことになりますので推奨はいたしません。
  2. アカウントをリセーラー登録します
    通常のSuperSaaSアカウントを再販業者アカウントへ以下のリンクから変更可能です。
    再販業者アカウントへ変更すると“パートナーダッシュボード” がメインメニューの右側に出現します。
    パートナーダッシュボードは新規アカウントを作成したり、既に存在する顧客のアカウントへアクセス出来ます。
    またパートナーダッシュボードで通常のアカウントへ変更も出来ます。 (その逆も出来ます) リセーラー登録
リセーラアカウントイメージ

顧客アカウントへの接続

各顧客のアカウントは新規に作成することもできますし、既存アカウントを取り込む事も可能です。
  1. 新規顧客アカウントの作成
    ユーザーマネジメントページより新規顧客を作成可能です。
  2. 既存アカウントの取り込み
    リセーラー管理画面から既存アカウント名とパスワードを入力して任意のアカウントを取り込み可能です。
顧客アカウントイメージ

顧客アカウントのセットアップ

  1. クライアントアカウントへのログイン
    各顧客のアカウントを作成後いつでもリセーラーとして彼らのアカウントへログイン可能です。
  2. 顧客アカウントの設定
    次のマニュアルセクションを参考にして顧客のアカウントを設定します。
パートナーダッシュボードイメージ
  1. SuperSaaSのホワイトラベル利用
    リセーラーアカウント内に作成された顧客に対してはSuperSaaS情報は表示されません。
    • ドメイン名は通常supersaas.comです。 各顧客毎に別々のドメイン名が必要でしょう (supersaasの表示が出ても気にしない方は別として)。次の様にサブドメインが使用できます。 client1.yourcompany.com と client2.yourcompany.com
    • ファビコンの変更も可能です。
    • 顧客に対するe-mailアドレス、 noreply@supersaas.comがデフォルトですが管理者のアドレスにも変更可能です。
    • カラースキームを使ってクライアントのロゴやカラーを変更出来ます。

    これらはレイアウトセッティング画面より変更可能です。

    販売代理店としてログインしたときにSuperSaaSの設定につなげることができます。
    顧客がこれらの設定を変更することができませんのでご注意ください。

    クライアントアカウントに関するサポート情報は、顧客のエンドユーザーに表示されます。顧客自身が管理者としてヘルプをクリックした場合、あなたの再販業者アカウントからサポート情報が表示されます。なので、あなたの再販業者アカウントの「レイアウト設定」ページで自分の連絡先情報を設定するとよいでしょう

    コンタクトイメージ
  2. 動作の確認
    実際の動作を確認してみましょう。

クライアントへアクセス権

設定に問題がなければ、「アカウント情報」ページの管理者メールアドレスをクライアントのメールアドレスに変更し、先方にアカウント名とパスワードを伝えてください。
そうすることであなたのクライアントはSuper Saasホームページにログインすることができますが、もしカスタムドメインを里湯しているのであれば、そちらに誘導した方がよろしいでしょう。
カスタムドメインを使用するようであれば、接続したときにすべてのスケジュールが表示される(1件しかスケジュールがなければそこへ直接飛びます)ので、個別スケジュールのURLを知らせる必要はありません。

具体的な個別スケジュール画面へ誘導したい場合は、そのスケジュールの環境設定ページの 「概要」タブでURLを確認することができます。

スケジュールを通してでなく管理者のインターフェースに直接誘導したい場合は、直接ダッシュボードのURL(www.example.com/dashboard)に誘導することができます。

アカウントにログインすると、ブラウザ上のすべてのウィンドウがあなたがログインしたステータスに応じた動きをします。
自分のステータス(再販売者、管理者、スーパーユーザー)は常に右手側上部にて確認できます。
顧客が閲覧している画面と再販売者モードの画面を素早く切り替えたいという場合は、ウィンドウを2つ開くことをお勧めいたします。

サービスへの支払い

デモンストレーションに必要な無料のクライアントのアカウントをお好きなだけお持ちください。
無料アカウントは「スタートフリートライアル」ボタンにより無制限の7日間試用プログラムへ変更出来ます。
広告を非表示にして顧客に機能のポテンシャルを体験してもらう事が可能です。
同期機能も使用可能ですし、予約者数も無制限です。
フリートライアル終了後に有料の月間契約をしない場合はアカウントが無料版へ戻ります。
ボタンが表示されるのは一つのアカウントで一つだけです。
最初にクライアントのアカウントが作成された際、これらは「無料」であり、最高50の予約を受けつけることができます。

あなたのクライアントがが有償サービスを利用する場合、リセラーがSuperSaaSに対して直接支払いを行う必要があります。
各クライアントがサービスに対して支払うのと同じ方法ですが、料金は(リセーラー向けに)20%値引きされています。
お客様に対する請求はリセラーの自由です。
もちろん自由な価格設定をして頂いて構いませんし、決まった金額でも月極料金でも結構ですし、パッケージの区分も我々に合わせる必要もありません。

顧客が月間契約の予約者数の制限を超えた場合、再販業者の管理者アドレスへ通知を送る事が可能です。
「cc 」で再販業者へ送る事により何が起こったか理解することが出来ます。 再販業者として登録した場合どのレギュラー月間契約にもサインアップ出来ます。
月間契約の変更には再販業者としてログインする必要があります。

アカウントの管理

デモンストレーション目的に必要な分いくつでも無償のクライアントアカウントをお持ち頂くことが可能です。
必要なくなったクライアントアカウントは、「サブスクリプションステータス」画面から削除することができます。
パートナー画面では、クライアントアカウントを切り離してレギュラーアカウントに戻すこともできます。
オーナー権を誰か他人に移転する際に必要です。(他のリセラーアカウントに紐付けられない限り、リセラー向けディスカウントの対象から外れます)

各顧客のアカウント情報をExcel や CSVファイルでダウンロード可能です。
又パートナーダッシュボードでは、2つのリセラーアカウントを統合したり、リセラーアカウントをレギュラーアカウントに戻すことができます。

クライアントアカウント操作イメージ