スケジュール予約システムSuperSaaS簡単設定マニュアル:利用時間の設定

もしあなたが一日で異なる利用時間がある場合"休業"ボタンを利用可能日時に加えて下さい。
例としてランチ営業後の再開など。深夜を過ぎた営業時間も加える事が可能です。
スケジュールに表示されている青いバーは、フォーマット上の理由から使用出来る時間が30分単位で表示されますが正常に機能しています。

もしあなたが複数回日中に予約をされたくない時間がある場合はその時間帯に自分で予約を作成出来ます。
利用時間を変更するとき、以前に作成された予約は営業時間外になってしまったとしても影響を受けません。
営業時間内に移動する場合でしたら変更は可能です。

ユーザーが何かを一日以上借りる場合、開始時間と終了時間の間の"休憩時間"の設定はしない方が良い場合があります。
そうする事で利用可能な時間を設定する必要がなくなりますし、いつでも予約の開始時間または終了時間を指定することができます。

Time Setting

特別日の設定

通常日の例外として特別日を使用します。例えば、休日の営業時間やメンテナンスにより休み等に使用できます。
更なる機能として"休業期間"の設定も可能です。"利用時間"ページで休業期間の開始日と終了日を設定して、その休日の期間を定めます。

Special Day

マニュアルトップへ戻る