ゲストハウス、シェアハウス用の予約システム

Guesthouse

シェアハウス、ゲストハウスの利用例です。
近年、若者や海外からの旅行客から大変人気の高いゲストハウス・シェアハウスですが、予約はE-mailや電話からというところも少なくありません。
この予約システムを使えば、世界中どんなところからでも、スケジュールの確認や予約がワンタッチで行えます。
ゲストハウスのHPに予約システムのURLを直接貼り付けることによりHPにアクセスした旅行客はそのままスケジュールを確認でき、宿泊料金や部屋の内装写真を目にした後、 そのままの流れで予約、支払いを済ませることが可能です。

また、予約時に朝食や連泊などのオプションを選ぶことで自動的に料金計算をすることもでき、他のページにジャンプさせられるようなストレスもありません。
利用者側にとって重要なポイントの一つに料金が総額いくらかかるか?等も多いでしょう。その度にemailで運営側に問い合わせ、運営側も料金を計算して返信するという労力が必要となります。
自動で料金が計算され決済も完了してしまえば運営側、利用者側にとってどれほどの労力と時間が削減出来るでしょうか。
複数のゲストハウス、シェアハウスを運営している会社も一つのアカウント内に各施設毎に異なるカレンダーを作成出来ますので予約状況やデータを一元管理出来ます。
施設毎に別アカウントを取得して、毎回ログインする様な作業も必要ありません。部屋数の多い大型タイプの施設は階毎に異なるカレンダーを作成する等の柔軟なカスタマイズも可能です。

海外からの旅行者に対しても、この予約システムならば問題ありません。25の言語と、24の通貨に対応するこのシステムであれば 日本にはじめてくる旅行者に対しても快適な日本でのゲストハウスライフを提供することができるでしょう。
ユーザーが1日単位で予約が出来る様に設定されています。
下記はカレンダー表示ではなくくリスト形式での表示です。
予約可能な日が一目で確認出来ます。
マウスを合わせれば各部屋番号も表示されます。

デモを試す

Guesthouse

宿泊施設ですので月間でのカレンダー形式を通常表示として設定すると見やすいでしょう。
時間毎の設定はあまり必要ないと思いますのでカレンダーから除外する事も出来ます。

Guesthouse Monthly

SuperSaaSが搭載している素晴らしい機能の一つがこのワンクリックでカレンダーを多言語に変更出来る所です!英語だけでなく25言語に対応しています。更に現在も増えています。
海外のユーザーが多い宿泊施設にとってこの機能は必須ではないでしょうか?もちろん無料版でも使用可能ですし、言語の変更を出来なくする設定も可能です。
更に異なるタイムゾーンを設定する事も出来ます!

Language

空き室情報や稼働率の把握は運営側にとって非常に重要でしょう。
管理画面のりポーティングページにで各予約の詳細をグラフで確認出来ますので非常に便利です。
利用率や利用時間、未使用の時間を日、週、月又は任意の期間等にして表示出来ます。またエクセル、CSVファイルでダウンロードする事も出来ます。

Guesthouse Report Guesthouse Report Week Guesthouse Monthly 2

チュートリアルインデックスへ戻る