ドキュメンテーション
印刷ページ

ユーザーAPI

もしあなたのサイトがログインシステムとデータベースを持っている場合
このAPIでSuperSaaSのデータベースと同期する事が可能です。
この事によりあなたのユーザーが登録とログインを一回で行う事が可能です。

APIを使用することでSuper SaaSデータベースを常に最新の状態にしていくために、
いくつかのオプションが以下にあります。
最も簡単な方法はシングルボタンにあります。:

  1. サイト上に現時点でサイトにログインしている人のすべての関連情報を含むBook Nowのボタンを作ります。
  2. そのボタンをクリックするとSuperSaaSの APIに情報が表示されるとともに、他者の書き込みを阻止する確認作業が行われます。
  3. 初めてご利用の場合は入力された情報をもとに新しいユーザーアカウントが作成され、SuperSaaSに送信されます。
    初めてのご利用でない場合は現存する情報が必要に応じて更新されます。
  4. 利用者は次回ご利用の際には自動でログインすることができます。

この作業方法は、初期のフルシンクのせずに、頻繁にSuperSaaSを利用しているあなたのユーザーのサブセットだけに
シンクすることができます。
理論的には、もしあなたがボタンを実装した場合のみ、データベースがシンク外に飛び出す、小さなリスクがあります。
これは、もしユーザーの情報を、あなたのサイト上で変更し、そのままボタンをクリックせずにSuperSaaSに戻った場合に起こります。
例えば、それは、そのページにブックマークをつけたからです。
もし、これが、あなたがサーバーサイドを実装する問題ならば、APIが下記の詳細を呼び出し、あなたのサーバーから更新された情報を、
ユーザー情報があなたのサイト上で変更される毎に、直接SuperSaaSに送ります。
APIコールは、既存しないユーザーに関して、不作動する可能性が多少あります。
ですから、SuperSaaSのアクティブユーザーのサブセットのみで維持していただけます。

上記の方法と違う方法としましては、あなたのユーザーデータベースの初期シンクをすることです(手入力、又は、自動的)、
あなた自身のデーターベースを更新する毎に、あなたのサーバーからAPIコールに送られ、SuperSaaSをシンク状態に維持します。
その後、自動的にそれらをログインできる、単純なリンクを作成して、あなたのスケジュールにリダイレクトできます。

SuperSaaSの変更に伴い、あなた自身のデーターベースを作成することが出来ます。
しかし、話し合いの後、あなたはSuperSaaSをリードし、従わせるデーターベースを作成したいと理解しています。
従って、あなたは、人々が、SuperSaaSデータベース内で、彼らの情報を変更することを避けたいのなら、以下の設定を作成してください。:

  • アクセスコントロールページ内"誰がログイン名を作成出来ますか?"で"あなたのサイト上でログインと登録を管理"を選択して下さい。
  • あなたのサイトでemailアドレスをログイン名として使用してない場合"e-mailアドレスをログイン名として使用する"のチェックを外して下さい。
  • "どんな情報をユーザーが入力すべきですか..."では適切なフィールドを選択して下さい。 "パスワード"をオフにする事が可能です。
  • こちらのオプションのチェックも必要でしょう。"ユーザー自身による情報の更新を防ぐ"これによりあなたのデータベースが主導のままです。
  • レイアウト設定ページ上で、”あなたのURL"が記入されていることを確認します。あなたのサイトに、最初、ログイン無しで訪れた人たちが、そこに送られます。

ログインの作成

シングルサインオンを実装する為の、最も簡単な方法は、あなたのサイトから、ユーザーを送るとき、
必要なすべての情報を提供する事です。
SuperSaaSが、既存するユーザーかどうかを確認し、必要に応じて、データベースのレコードを更新、作成します。

これを作動する為に、あなたのサイト上に設置する例示HTMLスニペットです。:
<form method="post" action="http://www.supersaas.com/api/users">
  <input type="hidden" name="account" value="Your_account_name"/>
  <input type="hidden" name="id" value="1234fk"/> <!-- A unique key to identify the user. See below -->
  <input type="hidden" name="user[name]" value="joe@client.com"/> <!-- Any string. Needs to be unique -->
  <input type="hidden" name="user[phone]" value="123-456-789"/>
  <!-- values for other fields, see the bottom of the page for a list -->
  <!-- you can add and remove fields in the "Access Control" screen -->
  ...
  <input type="hidden" name="checksum" value="A4E67...DFEF"/> <!-- 32 digit MD5 Hash, see below -->
  <input type="hidden" name="after" value="schedule_name"/> <!-- where you send your user after sign on -->
  <input type="submit" value="Book now"/>
</form>