ドキュメンテーション
印刷ページ

frame内にSuperSaaSを統合

もし、あなたが、カスタマイズされたオプションから選ぶのではなく、ページのレイアウトを管理したい場合、あなたのウェブサイトのフレームの中にスケジュールを入れることもできます。
例えば、ボタンと共にスケジュールの横にメニューバーを、あなたのウェブサイトの他ののパーツに加えたりできます。
レイアウト設定はヘッダーとフッターを表示させないオプションもあり、希望のものをその場所に置き換えることもできます。
このコードで、あなたのウェブサイトのフレームの中にスケジュールを表示させるできます。

スケジュールの選択:
<iframe src="http://www.supersaas.com/schedule/demo/Therapist" width="600" height="800"> </iframe>
このチュートリアルのコードをスニペットとしてご利用ください。log in
iframe based integration
インラインフレームにあなたのスケジュールをロード時に日付、ビューの事前表示URLパラメータを使用することができます。 単に適切なパラメータであなたのスケジュールへのリンクを拡張します。

フレーム内にぴったり合うように、もっとコンパクトなサイズのスケジュールを表示したい場合は、携帯バージョンを代わりにお使いください。
あなたのスケジュールのウェブアドレス内のドメインネームをm.supersaas.comに置き換えることで、ウェブサイトの携帯バージョンにアクセスできます。

<iframe width="300" src="http://www.supersaas.com/schedule/demo/Therapist">
</iframe>
iframe based integration, using mobile version of schedule

もしiframeを使っていて、予約後あなたのサイトに戻るようにスケジュールの環境設定をしている場合、iframeから「出る」ことができるように、経路を追加する必要があります。
あなたのウェブサイトのランディングページは、戻ってきた際にあなたのウェブサイトのフレーム内に表示されます。
この場合、ランディングページがフレーム内に収まるようにデザインしていない限り、崩れて見えます。
貴方のユーザーが戻る際到着するページの<body>タグ内部のジャバスクリプトの一部を追加することがインラインフレームを逸脱する1つの方法です。

<script>
  if (window != top) top.location.href = location.href
</script>