ドキュメンテーション
印刷ページ

Drupalサイトへのシングルサインオン

このページではDrupalとSuperSaaSスケジュールの統合について説明します。
もしまだSuperSaaSのアカウントが無いようでしたら作成して下さい。

自身のサイトでログイン機能を提供していない場合は通常のこちらスケジュールの統合をご参照下さい。
Drupalサイトにログインしている場合のみpluginは動作します。

SuperSaaSスケジュールにDrupalのログイン名を使う

SuperSaaS Drupalプラグインは、ユーザーを自動的にDrupalユーザー名でSuperSaaSスケジュールにログインさせる"今すぐ予約する"ボタンを表示します。
もしDrupalユーザー登録システムを使用していない場合は、代わりにあなたのサイトにスケジュールを統合するために通例の指示に従わなければなりません。スケジュールの統合

プラグインによって作成されたボタンはDrupalユーザーデータベース情報をSuperSaaSへ、SuperSaaSデータベース内にユーザーを作成または必要があればアップデートして案内します。
これはユーザーを予約システムに対して別個のログインをしなければならないことから解放し、二回ログインすることを避けるためにあります。

Drupalのmoduleをインストール

  1. (Drupal 7)をインストール. 管理画面内にてModulesをインストール. ボックス内Install from a URL, へ次のURLを入力 http://cdn.supersaas.net/plugins/supersaas_drupal72a.zipそしてInstallボタンをクリック。 次にModulesページ内にて設定を保存をクリック。 Configurationにて設定。

    module(Drupal 6)をインストール. まずDrupal 6 moduleをダウンロード。Drupalディレクトリsites/all/modulesにアップロード。 Drupal管理画面Administer>Site building>Modules設定を保存. Administer>Site Configuration>SuperSaaS Settingsにてmoduleを設定。 Enable Drupal module
  2. Set up the module. Go to fill out the SuperSaaS Settings screen:
    • SuperSaaSアカウント名. あなたのアカウント名emailアドレスではありません。
    • SuperSaaS password. 管理者がSuperSaaSにログインするパスワードです。
    • スケジュール名もしくはURL. スケジュール名もしくはURLを入力可能です。 複数スケジュールを使用している場合は以下をご参照下さい。
    • Button Label – サポートされている言語で「今すぐ予約」またはそれに相当するラベルがデフォルト設定されます。
    • Button image – もし空白にした場合は標準のボタンが表示されますが次の様にURLを入力する事も可能です。
      http://cdn.supersaas.net/en/but/booknow_red.png
      Book now!
      (See more examples)
    • カスタムドメイン. もしあなたのスケジュールを示すために カスタムドメイン名を作成している場合、ここであなたのユーザーに正確に示すために入力してください。
Drupal SuperSaaS Module

Drupalの拡張機能をインストール

Drupal 7+にSuperSaaS moduleを簡単に適用出来ます。
  • 管理画面"Modules"へ移動
  • "Install new module"をクリック
  • フィールド内"Install from a URL" に次のURLをペースト http://cdn.supersaas.net/plugins/supersaas_drupal72a.zip
  • moduleを有効化
  • moduleを変更するにはpoint 2を参照

DrupalでSuperSaaSアカウントを変更する

あなたのDrupalユーザーデータベースは、あなたのワードプレスサイト上のユーザー情報の変更をSuperSaaSに伝えるのには優れていますが、他の点ではあまりメリットがありません。
ですから、あなたのユーザーにはSuperSaaS上のユーザー情報を変更しないでもらうことをお勧めします、なぜなら混乱しやすいからです。
例えば、あるユーザーがSuperSaaS上でパスワードを変更できるようになれば、その人はワードプレスのパスワードがまだ同じままだということに気づかない可能性があります。
そのような矛盾を避けるため、あなたのSuperSaaSアカウントに以下の変更を行ってください。
次に、ワードプレスないのデータベースフィールドがあなたのSuperSaaSユーザーデータベースとあっていることを確認する必要があります。
「アクセスコントロール」ページで次の変更を行ってください。

  • アクセスコントロール ページにて, (ログインとあなたのサイトへ登録)"ボタンを選択してください。
  • アクセスコントロール ページにて, ユーザー自身による情報の更新を防ぐ"にチェックをして下さい。
  • レイアウト設定 ページにて, Your URL 欄をユーザーがログイン出来るあなたのサイトと一緒に埋めてください。

二番目に、Drupalのデータベース・フィールドがあなたのSuperSaaSユーザーのデータベースと一致することを確認する必要があります。
次の変更は「アクセス・コントロール」ページで行なってください。:

  • チェックボックス"ログイン時の名前としてEメールアドレスを使用してください"の選択を外します。
  • Optional (or Mandatory)フィールドに表示されるE-mail addressを選択
  • すべてのフィールドを"(尋ねない)" に変更してください。
    もし"ここでログインしない) Passwordを解除することができます)

あなたのサイトにてこのボタンを試すことができます。
サイト管理者として、常連ユーザーを装って試すためにはSuperSaaSのメインページを通してログインする必要があります。
SuperSaaSにて「スーパーユーザ」を定義したい時には、彼らが「ユーザー・マネージメント」ページにて役割を変更する前に少なくとも一度はボタンを使用したことがあることを確認してください。

SuperSaaS Access Control

SuperSaaSの設定

アクセスコントロールページにて設定が可能です。

ボタンをページに追加

メインメニューでは構造(Drupalの7)またはサイト建物(Drupalの6)に移動し、オプションのブロックを選択します。
次に、ページ上の適切な場所にSuperSaaSログインブロックをドラッグします。
タイトルとボタンが表示されているページをカスタマイズするには、configureをクリックすることができます。

Placing the SuperSaaS Login module to the chosen location The SuperSaaS Login button on a Drupal site

トラブルシューティングチップス

  • ボタンはあなたのワードプレスページにログインしたユーザーにのみ現れることにご注意下さい。
  • もしエラーメッセージ"Emailが有効ではありません。"が表示される場合は前項のセッティングが正しくされているか確認して下さい。
  • もしボタンがユーザーをリダイレクトしても実際にログインできないようでしたら、あるいは"スケジュール名もしくはURL"欄内のURLを用いた場合は、
    そのURLドメインがカスタムドメインネーム欄に入力されているかご確認ください。