SuperSaaSビジネスコラム

海外客を集客するには?

今現在の日本における経済的状況は安定しているようですが、決してしっかりとした未来が約束されている訳ではありません。
日本を代表するメーカーは他アジア諸国に価格競争で負けてマーケットのシェアを奪われ続けています。
もっと世界シェアを伸ばして、国内マーケットに依存しないビジネス展開が必要とされています。
マーケットですと先詰まった日本経済の影響が、各経営者たちにも影響することになります。
各サービスにより集客の仕方が違いますが、まずは御社の会社、活動を世界にアピールし発信しなければなりません。
生産業関連では、世界的にMADE IN JAPAN は壊れない、使いやすい、など世界的に認知され続けています。

マーケティング

まずしっかりとした分析が第一で、アピール、マーケティングが重要となります。また世界には様々な国が有り言語やカルチャーも違いますし、物価も違います。
まずアジア各国での集客ですが、日本をGDPで越えた大国中国ですが日本製品や音楽カルチャーなどにかなり関心も深いですし、富裕層がオリンピック以降増えています。
また、日本への留学生の数も増えています。台湾などでは日本製品の認知度も高いです。南米ブラジルでも日本からの進出企業がビジネスを展開し海外での集客を始めています。
その土地により製品やサービスなどへの認知などが大きく変わりますので、しっかりとした分析から広告を出すなどして、アピールしたいところです。

インターネットによる集客

まずは、インターネットでのグローバルな宣伝広告などは世界へ向けての広告手段の一つですが、具体的に国際的な広告サービスとして海外向けリスニング広告(SEM)があります。
これは世界中のシェアをもつGOOGLEやし中国での最大シェアを誇るBAIDUや韓国のNAVERなどマーケットとして狙える土地での有効な検索サイトの広告を利用することで海外客の集客が見込めます。
世界的に大インターネット業界最大の広告会社GOOGLE ADWORDSは、GOOGLEが提携する他のサイトなどへの広告が載せられるようになっていて、サービスを世界に発信できる有効なサービスであります。
このサービスを利用すればSEOなどに手間を掛けなくてもしっかりサイト上で表示できる様になり、海外客の誘導が可能になります。
ここで重要なのが国際的な言語は英語ですので、英文で作成するキャッチコピーですが、このクオリティや選別により集客の質も大きく変わります。しっかり海外のクライアントへこちら側のサービスを伝える手段として有効です。
インターネットの検索サイトなどによる広告はそのサイトの運営などにより異なり、例えば中国などのリスティング広告のBAIDUなどは広告体裁するプロセスが難かしく、時間がかかります。
韓国の広告サービスはすべての検索結果の表示が広告ですので、載せても競争率が非常に高く、効果があまり期待出来ません。
このようにその国や土地で使われている検索サイトの広告状況を把握し、より好ましいターゲットや、アピールしたい場所へ集客できるようにキーワードや、SEO対策が反映されていないと意味がありません。
このSEOの対策もしっかり考えてサービスや商品にあったキャッチコピーから導き出して行かないとしっかりとした効果がありません。
これは日本語でも英語などでも同じ事で、的はずれなキーワードは集客出来ませんので、しっかりとしたマーケットの分析から競合他社の位置づけを理解した上で決めていかなくてはならないことを認識する必要があります。

多言語予約システムで集客を

多言語化したホームページはもちろん入口として必要ですが、ホテル、旅館、ゲストハウスその他予約を受け付ける必要がある業種は予約のプロセス、つまり予約システムも多言語対応しているシステムが非常に効力を発揮します。
仮にお客が多言語化されたホームページで興味をもっても最終的な予約へ移行しようとした場合に多言語対応されていない場合予約を躊躇するのは当然でしょう。
また海外客に予約時にクレジットカードで支払いを完了してもらえば、店側も客側もチェックイン時等に不要な労力を取られる必要がありません。
海外客としては現金を持って歩くのも面倒ですし、銀行送金等は手数料も高いし手続きも面倒です。オンラインで予約時にクレジットカードで支払いを完了出来れば断然優位性が増すでしょう。
SuperSaaSは英語はもちろん26カ国の言語にワンクリックで予約カレンダーを変更出来る機能を備えている無料予約システムです。クレジットカードやPayPalでの支払い機能も備えた高性能な予約システムが無料で利用出来ますので是非試してみて下さい。

市場分析

海外のお客の集客には、雑誌や本を利用した広告も集客が見込めますが、これも載せる母体の分析から始めるべきです。
雑誌や本による広告はインターネットよりも費用がかかるケースが多く、しっかり検討したいところですが、例えば観光業の方の場合、日本へ観光に来る外国のお客さんを集客したいとしている方、日本では外国を旅行する人のために地球の歩き方などのガイドブックがあります。
このガイドブックはかなりの情報が詰まっており、レストランから、ユースホステルや5つ星のホテルの情報や各観光名所が把握できるようになっていて、海外を旅行する日本人はかなりの確率でこの本を持ち歩いています。
実はこのようなガイドブックがヨーロッパでも存在しています。日本を旅行する外国人のために日本のインフォメーションが載っているガイドブックもあります。
このようなガイドブックに観光業の方が広告を載せることによって海外からの旅行者の集客を促進することが定期的に出来ます。
このようにしっかり分析をし、効果的な母体を探し出し、商品やサービスを的確に行なっていかなければ無駄な広告になってしまいますので常にマーケットと競合他社を意識していかなくてはなりません。
またしっかりとした価格の調査から商品やサービスの価格設定を行なっていかなくてはならず、他の競合他社との価格競争に負けないようこころがけていかなければなりません。

各国のマーケティングを参考に

大企業までなると海外における集客の仕方もかなり差が出ていて、例えば今経済成長を続けているブラジルなどは日本企業の他韓国の企業等も進出しています。
韓国企業等は海外におけるマーケティングに莫大な投資をしています。
そのため広告が国際空港の近くにあったりなどして非常に消費者に商品を知ってもらうために有効な手段で、そのため日本企業は南米ブラジルにおいて、韓国企業にお客を取られ続けてしまい今では韓国企業の方が日本企業よりも商品を売って結果を出しています。
また彼らは安値で商品を提供し宣伝をしています。例えば国際空港にLGがテレビ30台を卸値で販売しました。
そのかわり国際空港の中はLGのテレビで埋め尽くされ、空港利用者の目につくようになっています。日本企業はこのようなマーケットをしているところは少なく、韓国企業はブラジルのように今まで、海外メーカーの進出が少なかったような国では商品の認知からしっかり始めていて、そのためしっかりと結果が出ています。
常に商品をアピールして行かなくては海外客の集客は直ぐに火が消えてしまうように、一時だけの集客になってしまわないように長い目で見た集客としても考えていかなくてはなりません。
日本の大企業はその海外集客におけるアピールが韓国企業よりも弱く、値段設定の面でも負けてしまいました。また商品で負けない製品開発なども、もちろん重要な課題です。
世界マーケットを分析し、有効な母体を利用していけばしっかりとした海外での集客を促進できるはずです。