SuperSaaSビジネスコラム

リラクゼーションサロンの開業・起業について

私は以前妻と二人で小さいながらもリラクゼーションサロンを開業していました。そもそもリラクゼーションって何?という方もいると思いますので、簡単な説明をさせていただきます。

リラクゼーション=マッサージと思われている方も多いのですが、ここがそもそも違います。
マッサージとは按摩・指圧師(あんま・しあつし)という国家資格を持った人のみが使用していい言葉なのです。この資格を取るために専門学校で数年間学ばなければなりません。

整骨院などは骨接ぎという治療が生業の柔道整復師という国家資格です。
こちらは本来は脱臼したり骨折などの経過観察や固定などを行います。その脱臼やらを治療するときに周りの筋肉が凝り固まっていては、効率よく治療ができないので少し揉んだりしてから治療するのです。
なので保険が効きますが10分程しか揉まないのです。

ここで一つの隙間が生まれます。

「按摩・指圧師の人手不足、整骨院でのマッサージ目的での違法な保険使用」による、マッサージしてほしいけど保険の違法使用は嫌だという方達です。
この隙間に入り込んだものがリラクゼーションです。治療を目的としないために実費ですが、60分とか施術が可能です。
さらに国家資格でもなんでもないので人手不足が解消されます(ただし怪我させられるなどの危険率は上がりますが、施術者の腕次第です)。

これがリラクゼーションです。現状では施術者の数や店が増えすぎたり、怪我をさせられたという報告が増えています。
なのでこの業界も資格制度が取り入れられていく可能性が十分にあります。実際に民間資格は既に存在していますが、まだまだ発展途上といったところです。

ここからは私の経営していた店舗での話しをさせていただきます。

私も妻も元々は別の店舗で雇われで技術を磨いていました。その中で気に入ってもらったお客様には指名してもらっていましたので、店を構えて独立しますと伝えていきました。
既存顧客はそれで引っ張りましたが、最も重要なのは新規顧客です。
まずはじめに自分たちでアイデアを出して宣伝チラシを作りA5サイズの用紙に印刷していきました。そのチラシを店周辺の家々に手当たり次第にポスティングしていきました。
しかしすぐに枚数が足りなくなってしまいましたので、ネットでチラシを作ってもらえる業者を探してチラシ制作を依頼しました。おおよそ5000枚製作して配りました。
あとは反応待ちといったところでしたが、すぐに反応があり思ったよりも費用対効果が良かったです。

無料でホームページを作成していろいろな宣伝できる掲示板に書き込みもしていきました。
あとはクーポン情報誌に掲載を依頼しました。これはかなり費用は高くつきましたがそれ相応の反応もありました。
グーグルマップにも掲載依頼を出しました。これも無料でできたのでぜひするべきです。

私の店では上記のように宣伝を行い、ある程度のお客様が固定客としてついてもらえるようになったら新規開拓をやめました。なぜなら固定客への対応ができなくなっていくからです。
私たちが運営していくに関して最も重要視したことは、一度ついてくれた固定客を大事にし、失わないようにすることでした。この点に関してはすべての事業で言えることだと思います。

そして実際に経営してみてよかった点は、なんといってもお客様の笑顔を間近で見られたことです。雇われの時は自分を頼ってきてくれているというよりは、店を頼ってきているという感じがしていました。
自分たちを頼ってきてくれることがこんなにうれしいことだとは思いもしませんでした。その一方で責任感もぐっと増したな~という実感もありました。
なぜならこういう店は噂ひとつでつぶれたり繁盛したりするからです。私の店は幸いなことに良いお客様たちばかりでしたので、ホームページに良い口コミを書いていただいたり、紹介でお客様を連れてきてもらったりしていました。一生懸命に接客していれば伝わるんだな~と感じることができました。

こうした経営の中で今だから言える失敗談もあります。
一つはチラシ制作の時に自分たちで500枚ほど作ったのですが、インク代がとてもかかったことです。
紙代はたいしたことはなかったのですが、100枚作ったらインク切れ→買いに行く、のような感じでした。最初から制作会社に頼んだ方がかなりの費用節約になっただろうと思います。

他には値段設定です。
リラクゼーション業界の一般的な値段は10分1000円として60分で6000円です(最近は60分税抜きで2980円といった店も出てきていますが質は値段相応です)。
私の店では、金銭的に余裕のない人・リラクゼーションに興味があまりない人・自分たちの年齢の若さの三点を考慮して、50分で2500円という設定でした。業界ではかなり安い設定でしたので、お客様が増えてからも売り上げ面でガッツリ上がるということが難しかったのです。利用していただいたみなさんには50分で3500円はとってもいいんじゃないかと言っていただきましたが、後から値段を上げるということは難しかったので副業を始めました。
早朝の2時間ほどのバイトですが、副業するようになってから金銭面では貯金ができるまでになりましたが、体力的にきつくなってしまいました。

あとは事前に定休日を決めていなかったことです。
不定休として開業してしまったので休みをいつ取るかがなかなか決められずに、連勤になってしまう日々が続きました。自分達の息抜きもないと精神的にきついです。

元々この業界で働き始めたきっかけは妻にありました。
妻も元々は別業界だったのですが、プライベートでマッサージをしてもらっていました。
友人たちにもしていたようで、評判がよかったのでこの仕事がしたいと言っていたのです。そして実際に妻が先にこの業界で働き始め、私も将来を考えた仕事を探していたので妻に誘われました。
せっかくなら将来独立して自分たちで店を開こうと言って、まずは勉強しなければと雇われから始めたのがきっかけです。きっかけは何であれやるからには全力でやることが大事ですね。

最後にこれから開業を考えている方たちに、失礼ながらアドバイスさせていただきます。
開業届の提出や確定申告の方法などわからないことばかりだと思います。事実私もそうでしたが、説明がされている本を読みこんでもなかなか理解するのが難しかったです。なので、税務署の人や開業対策の無料相談税理士さんに、わからないことや少し先のことまでしつこいぐらいに聞きまくりました。多分かなり迷惑だったと思いますが、その分安心して経営に集中することができました。

さらに同じ業界で独立している先輩などがいればじっくりと話を聞くことが大事です。
そのうえで自分がどこに店を開くのか、その地域にライバル店は少ないか、その地域の平均収入的なものはいくらかなどを踏まえて色々な意見を聞いてください。
そして最も重要な健康に気をつけて下さい。私は怪我と妻の病気が重なって、完治まで2~3か月かかる見通しだったので仕方なく閉店することになってしまいました。なので健康第一で頑張ってください。